余と万年筆
夏目 漱石

『余と万年筆』は夏目漱石の短編作品。2,902文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  2,902 文字
人気   3,988 PV
書き出し 此間魯庵君に会った時、丸善の店で一日に万年筆が何本位売れるだろうと尋ねたら、魯庵君は多い時は百本位出るそうだと答えた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

夏目 漱石 の人気作品



短編(10分以内)の人気作品