🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める薄田泣菫の長編作品

青空文庫で公開されている薄田泣菫の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編10作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜10件 / 全10件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
茶話
(1916年)
薄田泣菫
1時間〜
  165,746 文字
風ぐすり4・12(夕)蚯蚓(みゝず)が風邪の妙薬だといひ出してから、彼方此方の垣根や塀外を穿(...
茶話 薄田泣菫
風ぐすり4・12(夕)蚯蚓(みゝず)が風邪の妙薬だといひ出してから、彼方此方の垣根や塀外を穿(ほじ)くり荒すのを職業にする人達が出来て来た。
茶話
(1917年)
薄田泣菫
1時間〜
  185,214 文字
木堂と剣1・7(夕)犬養木堂の刀剣談は本紙に載つてゐる通り、なかなか通なものだが、その犬養氏を...
茶話 薄田泣菫
木堂と剣1・7(夕)犬養木堂の刀剣談は本紙に載つてゐる通り、なかなか通なものだが、その犬養氏を頭に戴いてゐる国民党が鈍刀揃ひの、加之に人少なであるのに比べて、犬養氏が秘蔵の刀剣は、いづれも名剣づくめで、数もなかなか少くなかつた。
泣菫詩抄 薄田泣菫
1時間〜
  49,685 文字
自書肆岩波氏の需めにより、岩波文庫の一篇として、ここに私の作詩撰集を出すことになつた。
泣菫詩抄 薄田泣菫
自書肆岩波氏の需めにより、岩波文庫の一篇として、ここに私の作詩撰集を出すことになつた。
茶話 薄田泣菫
1時間〜
  37,881 文字
主人の頭を打つ女むかしは男は月代といふものを剃つたものだが、それは髭を剃る以上に面倒くさいもの...
茶話 薄田泣菫
主人の頭を打つ女むかしは男は月代といふものを剃つたものだが、それは髭を剃る以上に面倒くさいものであつた。
独楽園 薄田泣菫
1時間〜
  77,150 文字
[#ページの左右中央]この書をわが老母と妻に[#改丁]早春の一日読書にも倦きたので、庭におりて...
独楽園 薄田泣菫
[#ページの左右中央]この書をわが老母と妻に[#改丁]早春の一日読書にも倦きたので、庭におりて日向ぼつこをする。
白羊宮 薄田泣菫
1時間〜
  30,639 文字
[#ページの左右中央]この書を後藤寅之助氏にささぐ[#改ページ][#改ページ]わがゆく海わがゆ...
白羊宮 薄田泣菫
[#ページの左右中央]この書を後藤寅之助氏にささぐ[#改ページ][#改ページ]わがゆく海わがゆくかたは、月明りさし入るなべに、さはら木は腕だるげに伏し沈み、赤目柏はしのび音に葉ぞ泣きそぼち、石楠花は息づく深山、――『寂靜』と、『沈默』のあぐむ森ならじ。
茶話
(1925年)
薄田泣菫
1時間〜
  41,539 文字
鶏小舎4・15東京日日(夕)大阪のある大きな会社で、重役の一人が労働問題の参考資料にと思つて、...
茶話 薄田泣菫
鶏小舎4・15東京日日(夕)大阪のある大きな会社で、重役の一人が労働問題の参考資料にと思つて、その会社の使用人に言ひつけて、めい/\の家の生活向きを正直に書き出させたことがあつた。
茶話
(1919年)
薄田泣菫
1時間〜
  98,754 文字
医者の友達1・5(夕)寺内内閣が壊れて、その跡へ政友会内閣が出来かゝるやうな運びになつて、総裁...
茶話 薄田泣菫
医者の友達1・5(夕)寺内内閣が壊れて、その跡へ政友会内閣が出来かゝるやうな運びになつて、総裁原敬氏の白髪頭のなかでは、内閣員の顔触が幾度か見え隠れしてゐた頃、今の文相中橋徳五郎氏の許へ、神戸にゐるお医者さんの桂田富士郎氏から一本の電報が飛込んで来た。
艸木虫魚 薄田泣菫
1時間〜
  126,165 文字
柚子柚の木の梢高く柚子の実のかかっているのを見るときほど、秋のわびしさをしみじみと身に感ずるも...
艸木虫魚 薄田泣菫
柚子柚の木の梢高く柚子の実のかかっているのを見るときほど、秋のわびしさをしみじみと身に感ずるものはない。
茶話
(1918年)
薄田泣菫
1時間〜
  174,988 文字
栃木の横綱2・16(夕)栃木山の横綱初土俵入が、常陸山会の主催で、十四日午後二時から出羽海部屋...
茶話 薄田泣菫
栃木の横綱2・16(夕)栃木山の横綱初土俵入が、常陸山会の主催で、十四日午後二時から出羽海部屋で行はれた事は昨日の新聞に詳しく載つてゐた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。