🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める薄田泣菫の短編作品

青空文庫で公開されている薄田泣菫の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編12作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜12件 / 全12件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
雨の日に香を燻く 薄田泣菫
10分以内
  2,863 文字
梅雨まへには、今年はきつと乾梅雨だらうといふことでしたが、梅雨に入つてからは、今日まで二度の雨...
雨の日に香を燻く 薄田泣菫
梅雨まへには、今年はきつと乾梅雨だらうといふことでしたが、梅雨に入つてからは、今日まで二度の雨で、二度ともよく降りました。
質屋の通帳 薄田泣菫
10分以内
  2,172 文字
京都に住んでゐた頃、たしか花時の事だつたと思ひます。
質屋の通帳 薄田泣菫
京都に住んでゐた頃、たしか花時の事だつたと思ひます。
草の親しみ 薄田泣菫
10分以内
  2,228 文字
一雨夕立が来さうな空模様でした。
草の親しみ 薄田泣菫
一雨夕立が来さうな空模様でした。
春の賦 薄田泣菫
10分以内
  2,237 文字
また春が帰つて来た。
春の賦 薄田泣菫
また春が帰つて来た。
石を愛するもの 薄田泣菫
10分以内
  2,273 文字
いろんなものを愛撫し尽した果が、石に来るといふことをよく聞いた。
石を愛するもの 薄田泣菫
いろんなものを愛撫し尽した果が、石に来るといふことをよく聞いた。
器用な言葉の洒落 薄田泣菫
10分以内
  2,349 文字
前号に細川護立侯のことを書いたから、今日はその御先祖細川幽斎のことを少しく書いてみよう。
器用な言葉の洒落 薄田泣菫
前号に細川護立侯のことを書いたから、今日はその御先祖細川幽斎のことを少しく書いてみよう。
侘助椿 薄田泣菫
10分以内
  2,371 文字
私は今夕暮近い一室のなかにひとり坐ってゐる。
侘助椿 薄田泣菫
私は今夕暮近い一室のなかにひとり坐ってゐる。
山雀 薄田泣菫
10分以内
  2,408 文字
私の近くにアメリカ帰りの老紳士が住んでをります。
山雀 薄田泣菫
私の近くにアメリカ帰りの老紳士が住んでをります。
黒猫 薄田泣菫
10分以内
  2,457 文字
「奥さん、謝れなら謝りまんが、それぢやお宅の飼猫だすかいな、これ」荷車曳(ひ)きの爺さんは、薄...
黒猫 薄田泣菫
「奥さん、謝れなら謝りまんが、それぢやお宅の飼猫だすかいな、これ」荷車曳(ひ)きの爺さんは、薄ぎたない手拭で、額の汗を拭き拭き、かう言つて、前に立つた婦人の顔を敵意のある眼で見返しました。
久米の仙人
(1911年)
薄田泣菫
10分以内
  2,491 文字
私がじめじめした雜木の下路を通りながら、久米寺の境内へ入つて來たのは、午後の四時頃であつた。
久米の仙人 薄田泣菫
私がじめじめした雜木の下路を通りながら、久米寺の境内へ入つて來たのは、午後の四時頃であつた。
中宮寺の春 薄田泣菫
10分以内
  2,867 文字
ある歳の一月五日午後二時過ぎのことでした。
中宮寺の春 薄田泣菫
ある歳の一月五日午後二時過ぎのことでした。
初蛙 薄田泣菫
10分以内
  3,764 文字
古沼の水もぬるみ、蛙もそろそろ鳴き出す頃となりました。
初蛙 薄田泣菫
古沼の水もぬるみ、蛙もそろそろ鳴き出す頃となりました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。