🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める石川啄木の短編作品

青空文庫で公開されている石川啄木の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編23作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜23件 / 全23件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
女郎買の歌
(1910年)
石川啄木
5分以内
  1,675 文字
『惡少年を誇稱す糜爛せる文明の子』諸君試みに次に抄録する一節を讀んで見たまへ。
女郎買の歌 石川啄木
『惡少年を誇稱す糜爛せる文明の子』諸君試みに次に抄録する一節を讀んで見たまへ。
心の姿の研究 石川啄木
5分以内
  1,503 文字
夏の街の恐怖焼けつくやうな夏の日の下におびえてぎらつく軌条の心。
心の姿の研究 石川啄木
夏の街の恐怖焼けつくやうな夏の日の下におびえてぎらつく軌条の心。
「一握の砂」広告 石川啄木
5分以内
  116 文字
其身動く能はずして其心早く一切の束縛より放たれたる著者の痛苦の聲は是也。
「一握の砂」広告 石川啄木
其身動く能はずして其心早く一切の束縛より放たれたる著者の痛苦の聲は是也。
予の地方雑誌に対する意見
(1909年)
石川啄木
5分以内
  212 文字
隨分長らく御無沙汰致し候ものかな、御許し下され度候、貴兄には相變らず御清適『白虹』のため御盡力...
予の地方雑誌に対する意見 石川啄木
隨分長らく御無沙汰致し候ものかな、御許し下され度候、貴兄には相變らず御清適『白虹』のため御盡力の由奉賀候、さて御申越の課題については小生別に意見と云ふ程のものも無し、有つたところで小生如きの意見は何にもなるまじくと存じ候、但し文藝の事は本來中央も地方も無之てよい筈、そんな事は眼中におかずに、東京の雜誌と拮抗する樣な立派な雜誌が、今の世にせめて一つ位は地方にあつても然るべきと存じ候(明42・7「シキシマ」三ノ五)。
人間の悲哀 石川啄木
5分以内
  249 文字
人間の悲哀とは、自己の範圍を知ることである。
人間の悲哀 石川啄木
人間の悲哀とは、自己の範圍を知ることである。
無名会の一夕 石川啄木
5分以内
  315 文字
この頃の短い小説には、よく、若い人達の自由な集會――文學者とか、新聞雜誌の記者とか、會社員とか...
無名会の一夕 石川啄木
この頃の短い小説には、よく、若い人達の自由な集會――文學者とか、新聞雜誌の記者とか、會社員とか、畫家とか、乃至は貧乏華族の息子とか、芝居好の金持の若旦那とか――各自新しい時代の空氣を人先に吸つてゐると思ふ種々の人が、時々日を期して寄つて、勝手な話をする會の事を書いたのがある。
公孫樹 石川啄木
5分以内
  478 文字
秋風死ぬる夕べの入日の映のひと時、ものみな息をひそめて、さびしさ深く流るる。
公孫樹 石川啄木
秋風死ぬる夕べの入日の映のひと時、ものみな息をひそめて、さびしさ深く流るる。
無題
(1911年)
石川啄木
5分以内
  566 文字
『樹木と果實』は赤色の表紙に黒き文字を以て題號を印刷する雜誌にして主に土岐哀果、石川啄木の二人...
無題 石川啄木
『樹木と果實』は赤色の表紙に黒き文字を以て題號を印刷する雜誌にして主に土岐哀果、石川啄木の二人之を編輯す。
一日中の楽しき時刻
(1909年)
石川啄木
5分以内
  581 文字
復啓、以前は夕方に燈火のつく頃と、夜が段々更けて十二時が過ぎ、一時となり一時半となる頃が此上な...
一日中の楽しき時刻 石川啄木
復啓、以前は夕方に燈火のつく頃と、夜が段々更けて十二時が過ぎ、一時となり一時半となる頃が此上なき樂しきものに候ひしが、近頃はさる事も無御座候。
氷屋の旗
(1909年)
石川啄木
5分以内
  699 文字
親しい人の顔が、時として、凝乎と見てゐる間に見る見る肖ても肖つかぬ顔――顔を組立ててゐる線と線...
氷屋の旗 石川啄木
親しい人の顔が、時として、凝乎と見てゐる間に見る見る肖ても肖つかぬ顔――顔を組立ててゐる線と線とが離れ/\になつた様な、唯不釣合な醜い形に見えて来る事がある。
吉井君の歌
(1910年)
石川啄木
5分以内
  704 文字
自分も作家の一人である場合、他人の作を讀んで滿足の出來ないことが、却つて一種の滿足である事がある。
吉井君の歌 石川啄木
自分も作家の一人である場合、他人の作を讀んで滿足の出來ないことが、却つて一種の滿足である事がある。
文芸中毒 石川啄木
5分以内
  714 文字
我が田に水を引くといふことがある。
文芸中毒 石川啄木
我が田に水を引くといふことがある。
いろ/\の言葉と人 石川啄木
5分以内
  716 文字
少年の頃、「孝」といふ言葉よりも、「忠」といふ言葉の方が強く私の胸に響いた。
いろ/\の言葉と人 石川啄木
少年の頃、「孝」といふ言葉よりも、「忠」といふ言葉の方が強く私の胸に響いた。
歌集「嘲笑」序文 石川啄木
5分以内
  753 文字
私はこの集の著者に一度も會つたことが無い。
歌集「嘲笑」序文 石川啄木
私はこの集の著者に一度も會つたことが無い。
唱歌 石川啄木
5分以内
  756 文字
校友歌澁民尋常小學校生徒のために。
唱歌 石川啄木
校友歌澁民尋常小學校生徒のために。
NAKIWARAI を読む
(1910年)
石川啄木
5分以内
  790 文字
この集を一讀して先づ私の感じたのは、著者土岐哀果氏が蓋し今日無數の歌人中で最も歌人らしくない歌...
NAKIWARAI を読む 石川啄木
この集を一讀して先づ私の感じたのは、著者土岐哀果氏が蓋し今日無數の歌人中で最も歌人らしくない歌人であらうといふ事であつた。
無題 石川啄木
5分以内
  1,019 文字
幸徳等所謂無政府共産主義者の公判開始は近く四五日の後に迫り來れり。
無題 石川啄木
幸徳等所謂無政府共産主義者の公判開始は近く四五日の後に迫り來れり。
不穏 石川啄木
5分以内
  1,059 文字
其日も、私は朝から例の氣持に襲はれた。
不穏 石川啄木
其日も、私は朝から例の氣持に襲はれた。
農村の中等階級 石川啄木
5分以内
  1,125 文字
近頃農村の經營といふ事に關する著書が月に一册か二册は缺かさず出版されてゐる。
農村の中等階級 石川啄木
近頃農村の經營といふ事に關する著書が月に一册か二册は缺かさず出版されてゐる。
消息
(1909年)
石川啄木
5分以内
  1,175 文字
本誌の編輯は各月當番一人宛にてやる事に相成り、此號は小生編輯致し候。
消息 石川啄木
本誌の編輯は各月當番一人宛にてやる事に相成り、此號は小生編輯致し候。
新しい歌の味ひ 石川啄木
5分以内
  1,219 文字
人聲の耳にし入らば、このゆふべ、涙あふれむ、――もの言ふなかれ。
新しい歌の味ひ 石川啄木
人聲の耳にし入らば、このゆふべ、涙あふれむ、――もの言ふなかれ。
火星の芝居
(1908年)
石川啄木
5分以内
  1,442 文字
『何か面白い事はないか?』『俺は昨夜火星に行って来た』『そうかえ』『真個に行って来たよ』『面白...
火星の芝居 石川啄木
『何か面白い事はないか?』『俺は昨夜火星に行って来た』『そうかえ』『真個に行って来たよ』『面白いものでもあったか?』『芝居を見たんだ』『そうか。
大硯君足下 石川啄木
5分以内
  1,615 文字
大硯君足下。
大硯君足下 石川啄木
大硯君足下。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。