【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

1時間〜で読める石川啄木の長編作品

青空文庫で公開されている石川啄木の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編13作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜13件 / 全13件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
鳥影
(1908年)
石川啄木
1時間〜
  101,675 文字
其小川靜子は、兄の信吾が歸省するというふので、二人の妹と下男の松藏を伴れて、好摩の停車場まで迎...
鳥影 石川啄木
1時間〜
其小川靜子は、兄の信吾が歸省するというふので、二人の妹と下男の松藏を伴れて、好摩の停車場まで迎ひに出た。
雲は天才である 石川啄木
1時間〜
  34,632 文字
六月三十日、S――村尋常高等小學校の職員室では、今しも壁の掛時計が平常の如く極めて活氣のない懶...
雲は天才である 石川啄木
1時間〜
六月三十日、S――村尋常高等小學校の職員室では、今しも壁の掛時計が平常の如く極めて活氣のない懶(もの)うげな悲鳴をあげて、――恐らく此時計までが學校教師の單調なる生活に感化されたのであらう、――午後の第三時を報じた。
A LETTER FROM PRISON 石川啄木
1時間〜
  37,896 文字
この一篇の文書は、幸徳秋水等二十六名の無政府主義者に關する特別裁判の公判進行中、事件の性質及び...
A LETTER FROM PRISON 石川啄木
1時間〜
この一篇の文書は、幸徳秋水等二十六名の無政府主義者に關する特別裁判の公判進行中、事件の性質及びそれに對する自己の見解を辨明せむがために、明治四十三年十二月十八日、幸徳がその擔當辯護人たる磯部四郎、花井卓藏、今村力三郎の三氏に獄中から寄せたものである。
菊池君 石川啄木
1時間〜
  25,677 文字
私が釧路の新聞へ行つたのは、恰度一月下旬の事、寒さの一番酷しい時で、華氏寒暖計が毎朝零下二十度...
菊池君 石川啄木
1時間〜
私が釧路の新聞へ行つたのは、恰度一月下旬の事、寒さの一番酷しい時で、華氏寒暖計が毎朝零下二十度から三十度までの間を昇降して居た。
菊池君 石川啄木
1時間〜
  25,721 文字
私が釧路の新聞へ行つたのは、恰度一月下旬の事、寒さの一番酷しい時で、華氏寒暖計が毎朝零下二十度...
菊池君 石川啄木
1時間〜
私が釧路の新聞へ行つたのは、恰度一月下旬の事、寒さの一番酷しい時で、華氏寒暖計が毎朝零下二十度から三十度までの間を昇降して居た。

(1910年)
石川啄木
1時間〜
  25,789 文字
○○郡教育会東部会の第四回実地授業批評会は、十月八日の土曜日にT――村の第二尋常小学校で開かれ...
石川啄木
1時間〜
○○郡教育会東部会の第四回実地授業批評会は、十月八日の土曜日にT――村の第二尋常小学校で開かれる事になつた。
閑天地
(1905年)
石川啄木
1時間〜
  27,308 文字
(「閑天地」は実に閑天地なり。
閑天地 石川啄木
1時間〜
(「閑天地」は実に閑天地なり。
病院の窓 石川啄木
1時間〜
  37,142 文字
野村良吉は平日より少し早目に外交から帰つた。
病院の窓 石川啄木
1時間〜
野村良吉は平日より少し早目に外交から帰つた。
病院の窓 石川啄木
1時間〜
  37,148 文字
野村良吉は平日より少し早目に外交から歸つた。
病院の窓 石川啄木
1時間〜
野村良吉は平日より少し早目に外交から歸つた。
天鵞絨 石川啄木
1時間〜
  37,682 文字
理髪師の源助さんが四年振で来たといふ噂が、何か重大な事件でも起つた様に、口から口に伝へられて、...
天鵞絨 石川啄木
1時間〜
理髪師の源助さんが四年振で来たといふ噂が、何か重大な事件でも起つた様に、口から口に伝へられて、其午後のうちに村中に響き渡つた。
天鵞絨 石川啄木
1時間〜
  37,994 文字
理髮師の源助さんが四年振で來たといふ噂が、何か重大な事件でも起つた樣に、口から口に傳へられて、...
天鵞絨 石川啄木
1時間〜
理髮師の源助さんが四年振で來たといふ噂が、何か重大な事件でも起つた樣に、口から口に傳へられて、其午後のうちに村中に響き渡つた。
我等の一団と彼 石川啄木
1時間〜
  40,516 文字
人が大勢集つてゐると、おのづから其の間に色分けが出來て來る――所謂黨派といふものが生れる。
我等の一団と彼 石川啄木
1時間〜
人が大勢集つてゐると、おのづから其の間に色分けが出來て來る――所謂黨派といふものが生れる。
鳥影
(1908年)
石川啄木
1時間〜
  101,850 文字
(一)の小川静子は、兄の信吾が帰省するといふので、二人の小妹と下男の松蔵を伴れて、好摩の停車場...
鳥影 石川啄木
1時間〜
(一)の小川静子は、兄の信吾が帰省するといふので、二人の小妹と下男の松蔵を伴れて、好摩の停車場まで迎ひに出た。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。