🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める津田左右吉の短編作品

青空文庫で公開されている津田左右吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜9件 / 全9件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
歴史とは何か 津田左右吉
30分以内
  9,681 文字
世界の文化民族の多くは、その文化が或る程度に発達して文字が用ゐられて来ると、今日常識的に歴史的...
歴史とは何か 津田左右吉
世界の文化民族の多くは、その文化が或る程度に発達して文字が用ゐられて来ると、今日常識的に歴史的記録といはれるやうなものを何等かの形に於いて作り、さうしてそれを後世に伝へた。
史論の流行
(1892年)
津田左右吉
30分以内
  4,520 文字
奇なるかな世潮の変遷、試に最近数年間の文学界を回顧せば年ごとに流行の一新するあるを見る。
史論の流行 津田左右吉
奇なるかな世潮の変遷、試に最近数年間の文学界を回顧せば年ごとに流行の一新するあるを見る。
流れ行く歴史の動力
(1920年)
津田左右吉
30分以内
  5,238 文字
諸君、私は二ツの道と題して置きましたが、二ツの道とは何であるか、それはこの社会、世の中の進歩に...
流れ行く歴史の動力 津田左右吉
諸君、私は二ツの道と題して置きましたが、二ツの道とは何であるか、それはこの社会、世の中の進歩に就て確かに二ツの道があるというのであります。
偶言
(1914年)
津田左右吉
30分以内
  5,925 文字
日本人の趣味は淡泊である、清楚である、または軽快である、濃艶な、重くるしい、はでやかな、または...
偶言 津田左右吉
日本人の趣味は淡泊である、清楚である、または軽快である、濃艶な、重くるしい、はでやかな、または宏大なものは好まない、だから、――というような話が今でもまだ或る程度まで真実らしく、いわれもし聞かれもしている。
陳言套語
(1920年)
津田左右吉
30分以内
  6,961 文字
僕のような融通のきかない学究がこういう雑誌に書くということは、甚だ不似合な仕わざであろうと思う。
陳言套語 津田左右吉
僕のような融通のきかない学究がこういう雑誌に書くということは、甚だ不似合な仕わざであろうと思う。
〔『支那思想と日本』初版〕まえがき
(1938年)
津田左右吉
30分以内
  7,322 文字
この書の第一部は「日本に於ける支那思想移植史」と題して、岩波講座の『哲学』の昭和八年一月発行の...
〔『支那思想と日本』初版〕まえがき 津田左右吉
この書の第一部は「日本に於ける支那思想移植史」と題して、岩波講座の『哲学』の昭和八年一月発行の部分に載せたもの、第二部は「文化史上に於ける東洋の特殊性」という題名の下に、同じ講座の『東洋思潮』のために、昭和十一年のはじめに書いたものである。
神代史の研究法
(1919年)
津田左右吉
30分以内
  7,369 文字
今日に伝わっている我が国の最古の史籍たる『古事記』と『日本書紀』との巻頭にはいわゆる神代の巻と...
神代史の研究法 津田左右吉
今日に伝わっている我が国の最古の史籍たる『古事記』と『日本書紀』との巻頭にはいわゆる神代の巻という部分がある。
東洋文化、東洋思想、東洋史
(1931年)
津田左右吉
30分以内
  9,909 文字
東洋文化とか東洋思想とかいう語が西洋文化または西洋思想と対立する意味において一部の人士に用いら...
東洋文化、東洋思想、東洋史 津田左右吉
東洋文化とか東洋思想とかいう語が西洋文化または西洋思想と対立する意味において一部の人士に用いられるのは、かなり久しい前からのことであって、日本人の文化、日本人の思想がやはりその東洋のであり、従ってそれが西洋のに対立するものの如く説かれるのである。
歴史の矛盾性
(1929年)
津田左右吉
30分以内
  11,886 文字
歴史の領域は過去にある。
歴史の矛盾性 津田左右吉
歴史の領域は過去にある。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。