🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める津田左右吉の短編作品

青空文庫で公開されている津田左右吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜3件 / 全3件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
仏教史家に一言す
(1896年)
小竹主
10分以内
  2,098 文字
歴史家に要する資格のさまざまあるが中に、公平といふことがその重要なるものの一なるは争ふべからず。
仏教史家に一言す 小竹主
歴史家に要する資格のさまざまあるが中に、公平といふことがその重要なるものの一なるは争ふべからず。
芸術と国民性
(1915年)
津田左右吉
10分以内
  2,350 文字
芸術史家、または芸術の批評家が或る個人の作品を観てそこにその作家の属している国民全体の趣味なり...
芸術と国民性 津田左右吉
芸術史家、または芸術の批評家が或る個人の作品を観てそこにその作家の属している国民全体の趣味なりまたは物の見かたなり現わし方なりの或る傾向が見えるというのは尤(もっとも)な話である。
芸術と社会
(1913年)
津田左右吉
10分以内
  2,688 文字
芸術のための芸術と一口にいってしまえば、社会との関係などは初から論にならないかも知れぬ。
芸術と社会 津田左右吉
芸術のための芸術と一口にいってしまえば、社会との関係などは初から論にならないかも知れぬ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。