1時間〜で読める小林多喜二の長編作品

青空文庫で公開されている小林多喜二の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編作品6篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,000文字〜の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全6件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
蟹工船小林多喜二
1時間〜
  66,408文字
  「おい地獄さ行(え)ぐんだで!
蟹工船小林多喜二
1時間〜
党生活者小林多喜二
1時間〜
  68,881文字
  洗面所で手を洗っていると、丁度窓の下を第二工場の連中が帰りか…
党生活者小林多喜二
1時間〜
一九二八年三月十五日小林多喜二
1時間〜
  47,760文字
 お惠には、それはさう仲々慣れきることの出來ない事だつた。
一九二八年三月十五日小林多喜二
1時間〜
不在地主小林多喜二
1時間〜
  72,936文字
この一篇を、「新農民読本」として全国津々浦々の「小作人」と「…
不在地主小林多喜二
1時間〜
工場細胞小林多喜二
1時間〜
  66,493文字
金網の張ってある窓枠(まどわく)に両手がかゝって――その指先…
工場細胞小林多喜二
1時間〜
防雪林小林多喜二
1時間〜
  66,718文字
十月の末だつた。
防雪林小林多喜二
1時間〜