蟹工船
小林 多喜二

『蟹工船』は小林多喜二の長編作品。68,303文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  68,303 文字
人気   390,563 PV
書き出し 「おい地獄さ行ぐんだで!」二人はデッキの手すりに寄りかかって、蝸牛が背のびをしたように延びて、海を抱え込んでいる函館の街を見ていた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む