吉川英治の全作品

青空文庫で公開されている吉川英治の作品130篇を、おすすめ人気順に表示しています。


全130件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
三国志吉川英治
5分以内
  1,723文字
  三国志は、いうまでもなく、今から約千八百年前の古典であるが、…
三国志吉川英治
5分以内
三国志吉川英治
1時間〜
  173,595文字
  後漢(ごかん)の建寧(けんねい)元年のころ。
三国志吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  135,785文字
  まだ除夜の鐘には、すこし間がある。
私本太平記吉川英治
1時間〜
宮本武蔵吉川英治
10分以内
  3,330文字
  初版が出たのさえ十数年前だった。
宮本武蔵吉川英治
10分以内
三国志吉川英治
1時間〜
  170,925文字
  曹操(そうそう)を搦(から)めよ。
三国志吉川英治
1時間〜
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
  104,409文字
  ――どうなるものか、この天地の大きな動きが。
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
三国志吉川英治
1時間〜
  168,999文字
  「なに、無条件で和睦(わぼく)せよと。
三国志吉川英治
1時間〜
三国志吉川英治
1時間〜
  182,264文字
  十年語り合っても理解し得ない人と人もあるし、一夕(せき)の間…
三国志吉川英治
1時間〜
三国志吉川英治
1時間〜
  181,569文字
  時刻ごとに見廻りにくる巡邏(じゅんら)の一隊であろう。
三国志吉川英治
1時間〜
三国志吉川英治
1時間〜
  176,057文字
  「われを呼ぶは何者か」と、わざと云った。
三国志吉川英治
1時間〜
三国志吉川英治
1時間〜
  177,146文字
  「まず、甘寧(かんねい)を呼べ」と令し、営中の参謀部は、俄然…
三国志吉川英治
1時間〜
三国志吉川英治
1時間〜
  191,786文字
  呉侯の妹、玄徳の夫人は、やがて呉の都へ帰った。
三国志吉川英治
1時間〜
三国志吉川英治
1時間〜
  215,540文字
  まだ敵味方とも気づかないらしいが、樊城(はんじょう)の完全占…
三国志吉川英治
1時間〜
三国志吉川英治
1時間〜
  197,439文字
  蜀(しょく)の大軍は、陽(べんよう)(陝西省(せんせいしょう…
三国志吉川英治
1時間〜
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
  153,714文字
  そういう観念は、ものを考える階級にも、ものを考えない階級にも…
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
三国志吉川英治
1時間〜
  24,531文字
  三国鼎立(ていりつ)の大勢は、ときの治乱が起した大陸分権の自…
三国志吉川英治
1時間〜
黒田如水吉川英治
1時間〜
  185,914文字
  太鼓櫓(たいこやぐら)の棟木(むなぎ)の陰へ、すいすいと吸い…
黒田如水吉川英治
1時間〜
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
  208,014文字
  伏見桃山の城地を繞(めぐ)っている淀川の水は、そのまま長流数…
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
  314,057文字
  丹波街道の長坂口(ながさかぐち)は、指さして彼方(かなた)に…
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
  219,988文字
  ここは、鶯(うぐいす)の名所。
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
  257,964文字
  木曾路へはいると、随所にまだ雪が見られる。
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
  177,182文字
  学問は朝飯前に。
宮本武蔵吉川英治
1時間〜
鳴門秘帖吉川英治
1時間〜
  146,297文字
  安治川尻(あじがわじり)に浪が立つのか、寝しずまった町の上を…
鳴門秘帖吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  137,283文字
  都は紅葉しかけている。
私本太平記吉川英治
1時間〜
上杉謙信吉川英治
1時間〜
  143,931文字
  この正月を迎えて、謙信(けんしん)は、ことし三十三とはなった…
上杉謙信吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  142,067文字
  古市(ふるち)の朝は、舟の櫓音(ろおと)やら車の音で明けはじ…
私本太平記吉川英治
1時間〜
大谷刑部吉川英治
60分以内
  19,412文字
  七月の上旬である。
大谷刑部吉川英治
60分以内
私本太平記吉川英治
1時間〜
  128,934文字
  ここで日と月は、少し以前へもどるが。
私本太平記吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  122,612文字
  先帝(せんてい)後醍醐(ごだいご)の隠岐(おき)遠流(おんる…
私本太平記吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  120,947文字
  十月。
私本太平記吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  137,544文字
  不破から西は、一瀉千里(いっしゃせんり)の行軍だった。
私本太平記吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  131,819文字
  正成は弓杖をつき、すこし跛(びっこ)をひいていた。
私本太平記吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  145,955文字
  いわば五月は革命月だった。
私本太平記吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  132,991文字
  直義(ただよし)は残って、なお重臣たちと、今後の方針をかため…
私本太平記吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  139,201文字
  敗者の当然ながら、直義(ただよし)の三河落ちはみじめであった…
私本太平記吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  136,938文字
  まだ葉ざくらは初々(ういうい)しい。
私本太平記吉川英治
1時間〜
大岡越前吉川英治
1時間〜
  237,429文字
  「犬がうらやましい。
大岡越前吉川英治
1時間〜
私本太平記吉川英治
1時間〜
  99,625文字
  妙な噂が立った。
私本太平記吉川英治
1時間〜
新書太閤記吉川英治
1時間〜
  205,918文字
  民衆の上にある英雄と、民衆のなかに伍(ご)してゆく英雄と、い…
新書太閤記吉川英治
1時間〜
随筆 宮本武蔵吉川英治
1時間〜
  155,172文字
  古人を観(み)るのは、山を観るようなものである。
随筆 宮本武蔵吉川英治
1時間〜
平の将門吉川英治
1時間〜
  250,336文字
  原始のすがたから、徐々に、人間のすむ大地へ。
平の将門吉川英治
1時間〜
美しい日本の歴史吉川英治
60分以内
  19,628文字
  一夜、ある映画館で私はつい飛んでもない自分の阿呆をあたりのつ…
美しい日本の歴史吉川英治
60分以内
柳生月影抄吉川英治
1時間〜
  32,298文字
  紺屋の干(ほ)し場(ば)には、もう朝の薄陽が映(さ)している…
柳生月影抄吉川英治
1時間〜
新書太閤記吉川英治
1時間〜
  214,302文字
  「とにかく寝たい!
新書太閤記吉川英治
1時間〜
新書太閤記吉川英治
1時間〜
  219,108文字
  「こひ!
新書太閤記吉川英治
1時間〜
新書太閤記吉川英治
1時間〜
  213,469文字
  永禄(えいろく)五年の正月、信長は二十九歳の元旦を迎えた。
新書太閤記吉川英治
1時間〜
鳴門秘帖吉川英治
1時間〜
  158,637文字
  みぞれ模様の冬空になった。
鳴門秘帖吉川英治
1時間〜
鳴門秘帖吉川英治
1時間〜
  155,537文字
  鬱然(うつぜん)とした大樹はあるが、渭山(いやま)はあまり高…
鳴門秘帖吉川英治
1時間〜
新書太閤記吉川英治
1時間〜
  227,621文字
  湖畔の城は、日にまし重きをなした。
新書太閤記吉川英治
1時間〜
鳴門秘帖吉川英治
1時間〜
  65,429文字
  未明のうちに、本郷森川宿(じゅく)を出たお綱と万吉とが、中仙…
鳴門秘帖吉川英治
1時間〜