🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める吉川英治の中編作品

青空文庫で公開されている吉川英治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編26作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜26件 / 全26件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
大谷刑部
(1936年)
吉川英治
60分以内
  20,034 文字
馬と兵と女七月の上旬である。
大谷刑部 吉川英治
馬と兵と女七月の上旬である。
三国志 吉川英治
60分以内
  23,954 文字
諸葛菜三国鼎立の大勢は、ときの治乱が起した大陸分権の自然な風雲作用でもあったが、その創意はもと...
三国志 吉川英治
諸葛菜三国鼎立の大勢は、ときの治乱が起した大陸分権の自然な風雲作用でもあったが、その創意はもともと諸葛孔明という一人物の胸底から生れ出たものであることは何としても否みがたい。
美しい日本の歴史
(1959年)
吉川英治
60分以内
  20,440 文字
鼻の白粉一夜、ある映画館で私はつい飛んでもない自分の阿呆をあたりのつつましい観客たちに暴露していた。
美しい日本の歴史 吉川英治
鼻の白粉一夜、ある映画館で私はつい飛んでもない自分の阿呆をあたりのつつましい観客たちに暴露していた。
親鸞聖人について
(1962年)
吉川英治
60分以内
  16,070 文字
先ごろは、親鸞聖人の大遠忌があり、今夜も親鸞聖人についてご関心の深い、またご信仰の深い皆さまの...
親鸞聖人について 吉川英治
先ごろは、親鸞聖人の大遠忌があり、今夜も親鸞聖人についてご関心の深い、またご信仰の深い皆さまのお集まりと思うのでありますが、私はそうした皆さまにお話し申し上げるほどの何も持っていないんです。
吉川英治
60分以内
  16,090 文字
飢餓山河「彦太承知だの」「む、行く」「二十日の寄合いにゃ、きっと、顔を出してくれや。
吉川英治
飢餓山河「彦太承知だの」「む、行く」「二十日の寄合いにゃ、きっと、顔を出してくれや。

(1937年)
吉川英治
60分以内
  18,176 文字
「――お待ちかねでいらっしゃる。
吉川英治
「――お待ちかねでいらっしゃる。
濞かみ浪人
(1938年)
吉川英治
60分以内
  22,875 文字
親の垢(あか)几帳面な藩邸の中に、たった一人、ひどく目障りな男が、この頃、御用部屋にまごまごし...
濞かみ浪人 吉川英治
親の垢(あか)几帳面な藩邸の中に、たった一人、ひどく目障りな男が、この頃、御用部屋にまごまごしている。
剣の四君子
(1940年)
吉川英治
60分以内
  12,475 文字
母のすがたを見ると、甚助の眼はひとりでに熱くなった。
剣の四君子 吉川英治
母のすがたを見ると、甚助の眼はひとりでに熱くなった。
鍋島甲斐守
(1936年)
吉川英治
60分以内
  13,155 文字
問う者が、(世の中に何がいちばん多いか)と訊いたところ、答える者が、(それは人間でしょう)と、...
鍋島甲斐守 吉川英治
問う者が、(世の中に何がいちばん多いか)と訊いたところ、答える者が、(それは人間でしょう)と、云った。
夕顔の門
(1938年)
吉川英治
60分以内
  16,760 文字
十九の海騒『はてな。
夕顔の門 吉川英治
十九の海騒『はてな。
魚紋
(1936年)
吉川英治
60分以内
  17,253 文字
お部屋様くずれ今夜も又、この顔合せでは、例によって、夜明かしとなること間違い無しである。
魚紋 吉川英治
お部屋様くずれ今夜も又、この顔合せでは、例によって、夜明かしとなること間違い無しである。
日本名婦伝 吉川英治
60分以内
  13,142 文字
義経はもろ肌を脱いで、小冠者に、背なかの灸(きゅう)をすえさせていた。
日本名婦伝 吉川英治
義経はもろ肌を脱いで、小冠者に、背なかの灸(きゅう)をすえさせていた。
増長天王
(1927年)
吉川英治
60分以内
  13,224 文字
山目付こんな奥深い峡谷は、町から思うと寒い筈だが、案外冷たい風もなく、南勾配を選って山歩きをし...
増長天王 吉川英治
山目付こんな奥深い峡谷は、町から思うと寒い筈だが、案外冷たい風もなく、南勾配を選って山歩きをしていると草萌頃のむしむしとする地息に、毛の根が痒(かゆ)くなる程な汗を覚える。
醤油仏
(1928年)
吉川英治
60分以内
  16,840 文字
五月雨は人を殺す?……人入れ渡世の銅鑼屋の亀さんの部屋にいる、日傭取の人足達も、七人が七人とも...
醤油仏 吉川英治
五月雨は人を殺す?……人入れ渡世の銅鑼屋の亀さんの部屋にいる、日傭取の人足達も、七人が七人とも雨で、十日も仕事にあぶれて、みんな婆羅門の行者みたいに目を凹ましていた。
梅颸の杖
(1930年)
吉川英治
60分以内
  17,711 文字
辰蔵の成人ぶりもお目にかけたい。
梅颸の杖 吉川英治
辰蔵の成人ぶりもお目にかけたい。
小説のタネ
(1957年)
吉川英治
60分以内
  12,174 文字
鳴門秘帖のころいま帰って来たばかりなんですよ。
小説のタネ 吉川英治
鳴門秘帖のころいま帰って来たばかりなんですよ。
死んだ千鳥
(1937年)
吉川英治
60分以内
  18,114 文字
藪椿(やぶつばき)裏藪の中に分け入って佇(たたず)むと、まだ、チチッとしか啼けない鶯(うぐいす...
死んだ千鳥 吉川英治
藪椿(やぶつばき)裏藪の中に分け入って佇(たたず)むと、まだ、チチッとしか啼けない鶯(うぐいす)の子が、自分の袂(たもと)の中からでも飛んだように、すぐ側から逃げて行く。
治郎吉格子
(1931年)
吉川英治
60分以内
  23,432 文字
立つ秋湯槽のなかに眼を閉じていても、世間のうごきはおよそわかる――。
治郎吉格子 吉川英治
立つ秋湯槽のなかに眼を閉じていても、世間のうごきはおよそわかる――。
年譜 吉川英治
60分以内
  15,419 文字
明治二十五年(1892)八月十一日。
年譜 吉川英治
明治二十五年(1892)八月十一日。
夏虫行燈
(1938年)
吉川英治
60分以内
  21,950 文字
風入れ異変迅い雲脚である。
夏虫行燈 吉川英治
風入れ異変迅い雲脚である。
田崎草雲とその子
(1932年)
吉川英治
60分以内
  22,667 文字
梅渓餓鬼草紙の中に住む一九先生に会うの機縁山谷堀の船宿、角中の亭主は、狂歌や戯作などやって、ち...
田崎草雲とその子 吉川英治
梅渓餓鬼草紙の中に住む一九先生に会うの機縁山谷堀の船宿、角中の亭主は、狂歌や戯作などやって、ちっとばかり筆が立つ。
春の雁
(1937年)
吉川英治
60分以内
  12,272 文字
春の雁(かり)からっとよく晴れた昼間ほど、手持ち不沙汰にひっそりしている色街であった。
春の雁 吉川英治
春の雁(かり)からっとよく晴れた昼間ほど、手持ち不沙汰にひっそりしている色街であった。
日本名婦伝 吉川英治
60分以内
  14,666 文字
暁からの本能寺の煙が、まだ太陽の面に墨を流しているうちに、凶乱の張本人、光秀の名と、信長の死は...
日本名婦伝 吉川英治
暁からの本能寺の煙が、まだ太陽の面に墨を流しているうちに、凶乱の張本人、光秀の名と、信長の死は、極度な人心の愕きに作用されて、かなり遠方まで、国々の耳をつらぬいて行った。
八寒道中
(1929年)
吉川英治
60分以内
  17,631 文字
笛は孤独でたのしめる。
八寒道中 吉川英治
笛は孤独でたのしめる。
べんがら炬燵
(1934年)
吉川英治
60分以内
  22,218 文字
雪の後北がわの屋根には、まだ雪が残っているのであろう、廂(ひさし)の下から室内は、広いので、灯...
べんがら炬燵 吉川英治
雪の後北がわの屋根には、まだ雪が残っているのであろう、廂(ひさし)の下から室内は、広いので、灯がほしいほど薄暗いが、南の雀口にわずかばかりつよい陽の光が刎(は)ね返っていた。
日本名婦伝 吉川英治
60分以内
  12,300 文字
木も草も枯れ果てて、河内の野は、霜の白さばかりが目に沁(し)みる。
日本名婦伝 吉川英治
木も草も枯れ果てて、河内の野は、霜の白さばかりが目に沁(し)みる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。