🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める中谷宇吉郎の中編作品

青空文庫で公開されている中谷宇吉郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編17作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜17件 / 全17件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
湯川秀樹さんのこと
(1950年)
中谷宇吉郎
60分以内
  12,003 文字
十一月四日は、たまたま函館にある北大の水産学部で、文化講義をする日になっていた。
湯川秀樹さんのこと 中谷宇吉郎
十一月四日は、たまたま函館にある北大の水産学部で、文化講義をする日になっていた。
雪今昔物語
(1947年)
中谷宇吉郎
60分以内
  16,907 文字
もう十年前のことであるが、昭和十一年の秋に、北海道に大演習があり、天皇陛下が北海道に行幸された...
雪今昔物語 中谷宇吉郎
もう十年前のことであるが、昭和十一年の秋に、北海道に大演習があり、天皇陛下が北海道に行幸されたことがあった。
千里眼その他
(1943年)
中谷宇吉郎
60分以内
  13,286 文字
もう三十五年くらい前の話であるが、千里眼の問題が、数年にわたって我が国の朝野を大いに騒がしたこ...
千里眼その他 中谷宇吉郎
もう三十五年くらい前の話であるが、千里眼の問題が、数年にわたって我が国の朝野を大いに騒がしたことがあった。
映画を作る話
(1939年)
中谷宇吉郎
60分以内
  12,677 文字
去年の暮のことである。
映画を作る話 中谷宇吉郎
去年の暮のことである。
『団栗』のことなど
(1948年)
中谷宇吉郎
60分以内
  12,869 文字
今度岩波文庫に『寺田寅彦随筆集』の第一巻が出た。
『団栗』のことなど 中谷宇吉郎
今度岩波文庫に『寺田寅彦随筆集』の第一巻が出た。
南画を描く話
(1941年)
中谷宇吉郎
60分以内
  12,880 文字
昨年の春から、自分では南画と称しているところの墨絵を描くことを始めた。
南画を描く話 中谷宇吉郎
昨年の春から、自分では南画と称しているところの墨絵を描くことを始めた。
救われた稀本
(1947年)
中谷宇吉郎
60分以内
  13,848 文字
この書は未完であり、かついわば草稿であって、まだ十分な推敲を経たものではない。
救われた稀本 中谷宇吉郎
この書は未完であり、かついわば草稿であって、まだ十分な推敲を経たものではない。
寺田先生の追憶
(1941年)
中谷宇吉郎
60分以内
  14,030 文字
わが師、わが友として、最も影響を受けた人たちと言えば、物心がついてから今日まで、私が個人的に接...
寺田先生の追憶 中谷宇吉郎
わが師、わが友として、最も影響を受けた人たちと言えば、物心がついてから今日まで、私が個人的に接触したすべての人が、師であり友であった。
科学と国境
(1954年)
中谷宇吉郎
60分以内
  15,740 文字
はしがき科学と国境という問題は、以前から論議されてきた課題であるが、原子力の解放にまで到達した...
科学と国境 中谷宇吉郎
はしがき科学と国境という問題は、以前から論議されてきた課題であるが、原子力の解放にまで到達した今日の新しい時代になってみると、急激にその切実さを増してきた感がある。
アラスカ通信
(1950年)
中谷宇吉郎
60分以内
  17,427 文字
アリューシャンを越えて七月六日の午後、ノース・ウェスト機で羽田を立った時は、雨の中であった。
アラスカ通信 中谷宇吉郎
アリューシャンを越えて七月六日の午後、ノース・ウェスト機で羽田を立った時は、雨の中であった。
農業物理学夜話
(1946年)
中谷宇吉郎
60分以内
  17,833 文字
終戦と同時に、ニセコの観測所は、当然閉鎖の運命にあった。
農業物理学夜話 中谷宇吉郎
終戦と同時に、ニセコの観測所は、当然閉鎖の運命にあった。
白い月の世界
(1957年)
中谷宇吉郎
60分以内
  18,046 文字
黒い月と白い月ハワイ島の高峰マウナ・ロアは、一万三千七百フィートの山頂を中心にして、神奈川県よ...
白い月の世界 中谷宇吉郎
黒い月と白い月ハワイ島の高峰マウナ・ロアは、一万三千七百フィートの山頂を中心にして、神奈川県よりも一周り広い全地域が、黒い熔岩で蔽われている。
宇宙旅行の科学
(1953年)
中谷宇吉郎
60分以内
  18,413 文字
宇宙旅行の夢宇宙旅行の夢くらい、素晴らしくて、又罪のない夢はない。
宇宙旅行の科学 中谷宇吉郎
宇宙旅行の夢宇宙旅行の夢くらい、素晴らしくて、又罪のない夢はない。
北海道開発に消えた八百億円
(1957年)
中谷宇吉郎
60分以内
  18,850 文字
札幌の発展北海道の首都札幌は、この二、三年来異常な建築ブームでたいへんな賑わいである。
北海道開発に消えた八百億円 中谷宇吉郎
札幌の発展北海道の首都札幌は、この二、三年来異常な建築ブームでたいへんな賑わいである。
六三制を活かす道
(1955年)
中谷宇吉郎
60分以内
  19,043 文字
六三制の十年そろそろ新学期を迎える頃になると、毎年思い出したように、教育問題が、日々の新聞紙面...
六三制を活かす道 中谷宇吉郎
六三制の十年そろそろ新学期を迎える頃になると、毎年思い出したように、教育問題が、日々の新聞紙面に、華々しく登場してくる。
寺田寅彦の追想
(1947年)
中谷宇吉郎
60分以内
  20,732 文字
寺田寅彦という名前を、初めて知ったのは、たしか高等学校二年の頃であったように思う。
寺田寅彦の追想 中谷宇吉郎
寺田寅彦という名前を、初めて知ったのは、たしか高等学校二年の頃であったように思う。
古代東洋への郷愁
(1951年)
中谷宇吉郎
60分以内
  20,869 文字
露伴と神仙道『東と西』の問題は、人類にとって、最大の課題といわれる。
古代東洋への郷愁 中谷宇吉郎
露伴と神仙道『東と西』の問題は、人類にとって、最大の課題といわれる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。