🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める北村透谷の短編作品

青空文庫で公開されている北村透谷の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編13作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜13件 / 全13件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
漫言一則
(1892年)
北村透谷
5分以内
  485 文字
われかつて徒然草を読みける時、撰みて持つべき友の中に病ひある人を数へたり。
漫言一則 北村透谷
われかつて徒然草を読みける時、撰みて持つべき友の中に病ひある人を数へたり。
兆民居士安くにかある
(1893年)
北村透谷
5分以内
  644 文字
多くの仏学者中に於てルーソー、ボルテールの深刻なる思想を咀嚼(そしやく)し、之を我が邦人に伝へ...
兆民居士安くにかある 北村透谷
多くの仏学者中に於てルーソー、ボルテールの深刻なる思想を咀嚼(そしやく)し、之を我が邦人に伝へたるもの兆民居士を以て最とす。
文学史の第一着は出たり
(1890年)
北村透谷
5分以内
  834 文字
關根正直氏の手に成りたる「小説史稿」は兔に角日本文學史の第一着手なり。
文学史の第一着は出たり 北村透谷
關根正直氏の手に成りたる「小説史稿」は兔に角日本文學史の第一着手なり。
想断々(1)
(1892年)
北村透谷
5分以内
  959 文字
労苦界と戦争ヱデンの園にアダム、神の禁を破りし時、ヱホバは彼に告げて言ひけるは「汝は一生の間、...
想断々(1) 北村透谷
労苦界と戦争ヱデンの園にアダム、神の禁を破りし時、ヱホバは彼に告げて言ひけるは「汝は一生の間、労苦して其食を得ん」と。
想断々(2)
(1892年)
北村透谷
5分以内
  1,043 文字
兵甲と国家兵甲を以て国威を張るは変なり。
想断々(2) 北村透谷
兵甲と国家兵甲を以て国威を張るは変なり。
実行的道徳 北村透谷
5分以内
  1,237 文字
人は地に生れたるものにして、天を家とするものならず、人生は社会周辺の事実に囲まれてあるものなれ...
実行的道徳 北村透谷
人は地に生れたるものにして、天を家とするものならず、人生は社会周辺の事実に囲まれてあるものなれば、性行を経綸すべき倫理なるもの一日も無かるべからざるなり。
「平和」発行之辞
(1892年)
北村透谷
5分以内
  1,338 文字
過ぬる明治二十二年の秋、少数の有志相会して平和会なる者を組織せり。
「平和」発行之辞 北村透谷
過ぬる明治二十二年の秋、少数の有志相会して平和会なる者を組織せり。
思想の聖殿
(1893年)
北村透谷
5分以内
  1,368 文字
思想の領地は栄光ある天門より暗濛たる深谷に広がれり。
思想の聖殿 北村透谷
思想の領地は栄光ある天門より暗濛たる深谷に広がれり。
一夕観
(1893年)
北村透谷
5分以内
  1,420 文字
其ある宵われ※(まど)にあたりて横はる。
一夕観 北村透谷
其ある宵われ※(まど)にあたりて横はる。
賤事業弁
(1893年)
北村透谷
5分以内
  1,758 文字
事業を賤(いや)しむといふ事は「文学界」が受けたる攻撃の一なり。
賤事業弁 北村透谷
事業を賤(いや)しむといふ事は「文学界」が受けたる攻撃の一なり。
山庵雑記
(1893年)
北村透谷
5分以内
  1,803 文字
其夢見まほしやと思ふ時、あやにくに夢の無き事あり、夢なかれと思ふ時、うとましき夢のもつれ入るこ...
山庵雑記 北村透谷
其夢見まほしやと思ふ時、あやにくに夢の無き事あり、夢なかれと思ふ時、うとましき夢のもつれ入ることあり。
漫罵
(1893年)
北村透谷
5分以内
  1,827 文字
一夕友と与に歩して銀街を過ぎ、木挽町に入らんとす、第二橋辺に至れば都城の繁熱漸く薄らぎ、家々の...
漫罵 北村透谷
一夕友と与に歩して銀街を過ぎ、木挽町に入らんとす、第二橋辺に至れば都城の繁熱漸く薄らぎ、家々の燭影水に落ちて、はじめて詩興生ず。
主のつとめ
(1893年)
北村透谷
5分以内
  1,861 文字
「汝ら只ヱホバをかしこみ心をつくして誠にこれにつかへよ」(撒母耳前書第十二章二十四節)(七月分...
主のつとめ 北村透谷
「汝ら只ヱホバをかしこみ心をつくして誠にこれにつかへよ」(撒母耳前書第十二章二十四節)(七月分日課)この月の日課なる馬太伝の中には神の王国に就きて重要なる教へ多くあり。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。