🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める北村透谷の中編作品

青空文庫で公開されている北村透谷の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編2作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜2件 / 全2件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
徳川氏時代の平民的理想 北村透谷
60分以内
  12,627 文字
(第一)焉馬、三馬、源内、一九等の著書を読む時に、われは必らず彼等の中に潜める一種の平民的虚無...
徳川氏時代の平民的理想 北村透谷
(第一)焉馬、三馬、源内、一九等の著書を読む時に、われは必らず彼等の中に潜める一種の平民的虚無思想の絃(いと)に触るゝ思あり。
明治文学管見
(1893年)
北村透谷
60分以内
  19,917 文字
一、快楽と実用明治文学も既に二十六年の壮年となれり、此歳月の間に如何なる進歩ありしか、如何なる...
明治文学管見 北村透谷
一、快楽と実用明治文学も既に二十六年の壮年となれり、此歳月の間に如何なる進歩ありしか、如何なる退歩ありしか、如何なる原素と如何なる精神が此文学の中に蟠(わだかま)りて、而して如何なる現象を外面に呈出したるか、是等の事を研究するは緊要なるものなり、而して今日まで未だ此範囲に於て史家の技倆を試みたるものはあらず、唯だ「国民新聞」の愛山生ありて、其の鋭利なる観察を此範囲に向けたるあるのみ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。