【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

30分以内で読める北村透谷の短編作品

青空文庫で公開されている北村透谷の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編17作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜17件 / 全17件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
処女の純潔を論ず
(1892年)
北村透谷
30分以内
  5,776 文字
天地愛好すべき者多し、而(しか)して尤も愛好すべきは処女の純潔なるかな。
処女の純潔を論ず 北村透谷
30分以内
天地愛好すべき者多し、而(しか)して尤も愛好すべきは処女の純潔なるかな。
厭世詩家と女性
(1892年)
北村透谷
30分以内
  6,790 文字
恋愛は人世の秘鑰なり、恋愛ありて後人世あり、恋愛を抽き去りたらむには人生何の色味かあらむ、然る...
厭世詩家と女性 北村透谷
30分以内
恋愛は人世の秘鑰なり、恋愛ありて後人世あり、恋愛を抽き去りたらむには人生何の色味かあらむ、然るに尤も多く人世を観じ、尤も多く人世の秘奥を究むるといふ詩人なる怪物の尤も多く恋愛に罪業を作るは、抑も如何なる理ぞ。
万物の声と詩人
(1893年)
北村透谷
30分以内
  4,026 文字
万物自から声あり。
万物の声と詩人 北村透谷
30分以内
万物自から声あり。
「歌念仏」を読みて
(1892年)
北村透谷
30分以内
  4,550 文字
巣林子の世話戯曲十中の八九は主人公を遊廓内に取れり、其清潔なる境地より取り来りたる者は甚だ少数...
「歌念仏」を読みて 北村透谷
30分以内
巣林子の世話戯曲十中の八九は主人公を遊廓内に取れり、其清潔なる境地より取り来りたる者は甚だ少数なる中に「お夏清十郎歌念仏」は傑作として知られたり。
「油地獄」を読む
(1892年)
北村透谷
30分以内
  4,551 文字
刑鞭を揮ふ獄吏として、自著自評の抗難者として、義捐小説の冷罵者として、正直正太夫の名を聞くこと久し。
「油地獄」を読む 北村透谷
30分以内
刑鞭を揮ふ獄吏として、自著自評の抗難者として、義捐小説の冷罵者として、正直正太夫の名を聞くこと久し。
我牢獄
(1892年)
北村透谷
30分以内
  4,834 文字
もし我にいかなる罪あるかを問はゞ、我は答ふる事を得ざるなり、然れども我は牢獄の中にあり。
我牢獄 北村透谷
30分以内
もし我にいかなる罪あるかを問はゞ、我は答ふる事を得ざるなり、然れども我は牢獄の中にあり。
「伽羅枕」及び「新葉末集」
(1892年)
北村透谷
30分以内
  4,916 文字
一は実を主とし、一は想を旨とする紅葉と露伴。
「伽羅枕」及び「新葉末集」 北村透谷
30分以内
一は実を主とし、一は想を旨とする紅葉と露伴。
劇詩の前途如何
(1893年)
北村透谷
30分以内
  5,059 文字
文界の筮卜者は幾度となく劇詩熱の流行を預言せり、然るに今年までは当れるにもあらず、当らぬにもあ...
劇詩の前途如何 北村透谷
30分以内
文界の筮卜者は幾度となく劇詩熱の流行を預言せり、然るに今年までは当れるにもあらず、当らぬにもあらず、これといふ傑作も出ざれば、劇詩の流行とも言ふべき程の事もあらず。
心機妙変を論ず
(1892年)
北村透谷
30分以内
  5,730 文字
哲学必ずしも人生の秘奥を貫徹せず、何ぞ況んや善悪正邪の俗論をや。
心機妙変を論ず 北村透谷
30分以内
哲学必ずしも人生の秘奥を貫徹せず、何ぞ況んや善悪正邪の俗論をや。
他界に対する観念
(1892年)
北村透谷
30分以内
  6,045 文字
悲劇必らずしも悲を以て旨とせず、厭世必らずしも厭を以て趣とせず、別に一種の抜く可からざる他界に...
他界に対する観念 北村透谷
30分以内
悲劇必らずしも悲を以て旨とせず、厭世必らずしも厭を以て趣とせず、別に一種の抜く可からざる他界に対する自然の観念の存するものあり、この観念は以て悲劇を人心の情世界に愬(うつた)へしめ、厭世を高遠なる思想家に迎へしむ、人間ありてよりこの観念なきはあらず、或は遠く或は近く、大なるものあり、小なるものあり、宗教この観念の上に立ち、詩想この観念の糧に活く。
各人心宮内の秘宮
(1892年)
北村透谷
30分以内
  7,117 文字
各人は自ら己れの生涯を説明せんとて、行為言動を示すものなり、而(しか)して今日に至るまで真に自...
各人心宮内の秘宮 北村透谷
30分以内
各人は自ら己れの生涯を説明せんとて、行為言動を示すものなり、而(しか)して今日に至るまで真に自己を説明し得たるもの、果して幾個かある。
内部生命論
(1893年)
北村透谷
30分以内
  7,278 文字
人間は到底枯燥したるものにあらず。
内部生命論 北村透谷
30分以内
人間は到底枯燥したるものにあらず。
国民と思想 北村透谷
30分以内
  7,689 文字
(1)[#「(1)」は縦中横]思想上の三勢力一国民の心性上の活動を支配する者三あり、曰く過去の...
国民と思想 北村透谷
30分以内
(1)[#「(1)」は縦中横]思想上の三勢力一国民の心性上の活動を支配する者三あり、曰く過去の勢力、曰く創造的勢力、曰く交通の勢力。
三日幻境
(1892年)
北村透谷
30分以内
  7,691 文字
(上)人生何すれぞ常に忙促たる、半生の過夢算ふるに遑(いとま)なし。
三日幻境 北村透谷
30分以内
(上)人生何すれぞ常に忙促たる、半生の過夢算ふるに遑(いとま)なし。
人生に相渉るとは何の謂ぞ
(1893年)
北村透谷
30分以内
  8,054 文字
繊巧細弱なる文学は端なく江湖の嫌厭を招きて、異しきまでに反動の勢力を現はし来りぬ。
人生に相渉るとは何の謂ぞ 北村透谷
30分以内
繊巧細弱なる文学は端なく江湖の嫌厭を招きて、異しきまでに反動の勢力を現はし来りぬ。
楚囚之詩 北村透谷
30分以内
  9,702 文字
北村透谷楚囚之詩自余は遂に一詩を作り上げました。
楚囚之詩 北村透谷
30分以内
北村透谷楚囚之詩自余は遂に一詩を作り上げました。
北村透谷詩集 北村透谷
30分以内
  10,998 文字
夢中の夢嗚呼かく弱き人ごゝろ、嗚呼かく強き戀の情、[#改ページ]朝靄の歌もらすなよあだうつくし...
北村透谷詩集 北村透谷
30分以内
夢中の夢嗚呼かく弱き人ごゝろ、嗚呼かく強き戀の情、[#改ページ]朝靄の歌もらすなよあだうつくしの花、消ゆる汝共に散るものを、うつくしとても幾日經ぬべき、盛りと見しははやすたり[#改ページ]春駒第門出北風に窓閉されて朝夕の伴となるもの書と爐火、軒下の垂氷と共に心凍り眺めて學ぶ雪達摩、けふまでこそは梅櫻、...
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。