🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める室生犀星の短編作品

青空文庫で公開されている室生犀星の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜9件 / 全9件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
天狗
(1922年)
室生犀星
10分以内
  3,790 文字
城下の町なみは、古い樹木に囲まれていたため、よく、小間使いや女中、火の見仲間などが、夕方近い、...
天狗 室生犀星
城下の町なみは、古い樹木に囲まれていたため、よく、小間使いや女中、火の見仲間などが、夕方近い、うす暗がりのなかで、膝がしらを斬られた。
ゆめの話
(1924年)
室生犀星
10分以内
  3,331 文字
むかし加賀百万石の城下に、長町という武士町がありました。
ゆめの話 室生犀星
むかし加賀百万石の城下に、長町という武士町がありました。
芥川の原稿
(1954年)
室生犀星
10分以内
  2,233 文字
まだそんなに親しい方ではなく、多分三度目くらいに訪ねた或日、芥川の書斎には先客があった。
芥川の原稿 室生犀星
まだそんなに親しい方ではなく、多分三度目くらいに訪ねた或日、芥川の書斎には先客があった。
螽蟖の記 室生犀星
10分以内
  3,927 文字
きりぎりすは夜明けの四時になると鳴き止む。
螽蟖の記 室生犀星
きりぎりすは夜明けの四時になると鳴き止む。
日本の庭
(1943年)
室生犀星
10分以内
  2,536 文字
純日本的な美しさの最も高いものは庭である。
日本の庭 室生犀星
純日本的な美しさの最も高いものは庭である。
冬の庭 室生犀星
10分以内
  2,912 文字
冬になると庭を眺める時がすくない。
冬の庭 室生犀星
冬になると庭を眺める時がすくない。
洋灯はくらいか明るいか 室生犀星
10分以内
  3,205 文字
新橋駅に降りた私はちいさな風呂敷包と、一本のさくらの洋杖を持つたきりであつた。
洋灯はくらいか明るいか 室生犀星
新橋駅に降りた私はちいさな風呂敷包と、一本のさくらの洋杖を持つたきりであつた。
とかげ 室生犀星
10分以内
  3,241 文字
わたしの今住んでいるところは、川原につづいた貸家で庭には樹も草もない。
とかげ 室生犀星
わたしの今住んでいるところは、川原につづいた貸家で庭には樹も草もない。
名園の落水 室生犀星
10分以内
  3,981 文字
曇つた十月の或る日。
名園の落水 室生犀星
曇つた十月の或る日。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。