🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める正宗白鳥の短編作品

青空文庫で公開されている正宗白鳥の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編11作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜11件 / 全11件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
奇怪な客
(1928年)
正宗白鳥
30分以内
  4,843 文字
こんな珍しい話がありますよ。
奇怪な客 正宗白鳥
こんな珍しい話がありますよ。
避病院
(1916年)
正宗白鳥
30分以内
  6,305 文字
町村の自治制が敷かれてから間もないころであつた。
避病院 正宗白鳥
町村の自治制が敷かれてから間もないころであつた。
母と子
(1916年)
正宗白鳥
30分以内
  4,886 文字
封筒の中には長いお札が疊み込まれてあつた。
母と子 正宗白鳥
封筒の中には長いお札が疊み込まれてあつた。
新婚旅行
(1926年)
正宗白鳥
30分以内
  7,068 文字
新婚旅行例年の如く、晩秋のこの頃は、黄ろい葉や紅い葉で色取られて、箱根の山は美しい。
新婚旅行 正宗白鳥
新婚旅行例年の如く、晩秋のこの頃は、黄ろい葉や紅い葉で色取られて、箱根の山は美しい。
軽井沢にて
(1942年)
正宗白鳥
30分以内
  6,850 文字
長谷川伝次郎氏の『ヒマラヤの旅』には、二万尺以上の霊峰を跋渉した時の壮快な印象が記されている。
軽井沢にて 正宗白鳥
長谷川伝次郎氏の『ヒマラヤの旅』には、二万尺以上の霊峰を跋渉した時の壮快な印象が記されている。
水不足
(1925年)
正宗白鳥
30分以内
  6,285 文字
この土地には水が缺乏してゐる。
水不足 正宗白鳥
この土地には水が缺乏してゐる。
幼少の思ひ出 正宗白鳥
30分以内
  5,748 文字
今から二十年あまりも前の事である。
幼少の思ひ出 正宗白鳥
今から二十年あまりも前の事である。
昔の西片町の人
(1925年)
正宗白鳥
30分以内
  5,775 文字
「日本の文壇は今全く不良少年の手に落ちました。
昔の西片町の人 正宗白鳥
「日本の文壇は今全く不良少年の手に落ちました。
編集者今昔
(1954年)
正宗白鳥
30分以内
  7,137 文字
この頃は回顧談が流行してゐる。
編集者今昔 正宗白鳥
この頃は回顧談が流行してゐる。
孫だち
(1916年)
正宗白鳥
30分以内
  7,997 文字
大至急話したいことがあるから、都合のつき次第早く來て下さいといふ母方の祖母さんの手紙を見ると、...
孫だち 正宗白鳥
大至急話したいことがあるから、都合のつき次第早く來て下さいといふ母方の祖母さんの手紙を見ると、お梅はどんな大事件かと、夕餐の仕度を下女に任せて、大急ぎで俥(くるま)に乘つて、牛込から芝の西久保まで驅け付けた。
仮面
(1916年)
正宗白鳥
30分以内
  11,611 文字
五月も末になつてゐるのに、火鉢の欲しいほどの時候外れの寒さで、雨さへ終日降りつゞいた。
仮面 正宗白鳥
五月も末になつてゐるのに、火鉢の欲しいほどの時候外れの寒さで、雨さへ終日降りつゞいた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。