🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める海野十三の中編作品

青空文庫で公開されている海野十三の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編59作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全59件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
諜報中継局
(1944年)
海野十三
60分以内
  21,336 文字
問題の「諜報中継局Z85号」が、いかなる国家に属しているのか、それは今のところ詳かでない。
諜報中継局 海野十三
問題の「諜報中継局Z85号」が、いかなる国家に属しているのか、それは今のところ詳かでない。
三十年後の東京
(1947年)
海野十三
60分以内
  15,248 文字
万年雪とける昭和五十二年の夏は、たいへん暑かった。
三十年後の東京 海野十三
万年雪とける昭和五十二年の夏は、たいへん暑かった。
生きている腸 海野十三
60分以内
  12,215 文字
妙な医学生医学生吹矢隆二は、その日も朝から、腸のことばかり考えていた。
生きている腸 海野十三
妙な医学生医学生吹矢隆二は、その日も朝から、腸のことばかり考えていた。
俘囚
(1934年)
海野十三
60分以内
  16,825 文字
「ねエ、すこし外へ出てみない!」「うん。
俘囚 海野十三
「ねエ、すこし外へ出てみない!」「うん。
不沈軍艦の見本
(1942年)
海野十三
60分以内
  13,118 文字
さても日本対米英開戦以来、わが金博士は従来にもまして、浮世をうるさがっている様子であった。
不沈軍艦の見本 海野十三
さても日本対米英開戦以来、わが金博士は従来にもまして、浮世をうるさがっている様子であった。
キド効果
(1933年)
海野十三
60分以内
  13,620 文字
「うふふん。
キド効果 海野十三
「うふふん。
戦時旅行鞄
(1941年)
海野十三
60分以内
  12,004 文字
大上海の地下を二百メートル下った地底に、宇宙線をさけて生活している例の変り者の大科学者金博士の...
戦時旅行鞄 海野十三
大上海の地下を二百メートル下った地底に、宇宙線をさけて生活している例の変り者の大科学者金博士のことは、かねて読者もお聞き及びであろう。
壊れたバリコン
(1928年)
海野十三
60分以内
  12,116 文字
なにか読者諸君が吃驚するような新しいラジオの話をしろと仰有るのですか?そいつは弱ったな、此の頃...
壊れたバリコン 海野十三
なにか読者諸君が吃驚するような新しいラジオの話をしろと仰有るのですか?そいつは弱ったな、此の頃はトント素晴らしい受信機の発明もないのでネ。
地獄街道
(1933年)
海野十三
60分以内
  12,120 文字
銀座の舗道から、足を踏みはずしてタッタ百メートルばかり行くと、そこに吃驚するほどの見窄らしい門...
地獄街道 海野十三
銀座の舗道から、足を踏みはずしてタッタ百メートルばかり行くと、そこに吃驚するほどの見窄らしい門があった。
恐竜艇の冒険
(1948年)
海野十三
60分以内
  12,218 文字
二少年みなさん、ジミー君とサム君とを、ご紹介いたします。
恐竜艇の冒険 海野十三
二少年みなさん、ジミー君とサム君とを、ご紹介いたします。
暗号音盤事件
(1942年)
海野十三
60分以内
  12,780 文字
国際都市私たちは、暫くの間リスボンに滞在することになった。
暗号音盤事件 海野十三
国際都市私たちは、暫くの間リスボンに滞在することになった。
三角形の恐怖
(1927年)
海野十三
60分以内
  12,926 文字
それじゃ今日は例の話をいよいよすることにしますかな。
三角形の恐怖 海野十三
それじゃ今日は例の話をいよいよすることにしますかな。
白蛇の死
(1929年)
海野十三
60分以内
  12,957 文字
浅草寺の十二時の鐘の音を聞いたのはもう半時前の事、春の夜は闌(た)けて甘く悩しく睡っていた。
白蛇の死 海野十三
浅草寺の十二時の鐘の音を聞いたのはもう半時前の事、春の夜は闌(た)けて甘く悩しく睡っていた。
暗号の役割
(1948年)
海野十三
60分以内
  13,147 文字
暗闇の中の声奇賊烏啼天駆と探偵袋猫々の睨(にら)み合いも久しいものである。
暗号の役割 海野十三
暗闇の中の声奇賊烏啼天駆と探偵袋猫々の睨(にら)み合いも久しいものである。
太平洋雷撃戦隊
(1933年)
海野十三
60分以内
  13,714 文字
軍港を出た五潜水艦謎の航路はどこまで「波のうねりが、だいぶ高くなって来ましたですな」先任将校は...
太平洋雷撃戦隊 海野十三
軍港を出た五潜水艦謎の航路はどこまで「波のうねりが、だいぶ高くなって来ましたですな」先任将校は欄干につかまったまま、暗夜の海上をすかしてみました。
特許多腕人間方式 海野十三
60分以内
  13,947 文字
×月×日雨。
特許多腕人間方式 海野十三
×月×日雨。
すり替え怪画
(1949年)
海野十三
60分以内
  14,131 文字
ルパン式盗難その朝、志々戸伯爵は、自分の書斎に足を踏み入れるや、たちまち大驚愕に襲われた。
すり替え怪画 海野十三
ルパン式盗難その朝、志々戸伯爵は、自分の書斎に足を踏み入れるや、たちまち大驚愕に襲われた。
ネオン横丁殺人事件
(1931年)
海野十三
60分以内
  14,453 文字
近頃での一番さむい夜だった。
ネオン横丁殺人事件 海野十三
近頃での一番さむい夜だった。
雪魔
(1946年)
海野十三
60分以内
  14,976 文字
東京の学校が休みになったので、彦太少年は三月ぶりに木谷村へ帰って来た。
雪魔 海野十三
東京の学校が休みになったので、彦太少年は三月ぶりに木谷村へ帰って来た。
南太平洋科学風土記
(1943年)
海野十三
60分以内
  14,998 文字
第一回はしがき題して南太平洋科學風土記といふが、實は私が報道班員として南太平洋に勤務してゐた時...
南太平洋科学風土記 海野十三
第一回はしがき題して南太平洋科學風土記といふが、實は私が報道班員として南太平洋に勤務してゐた時に見聞したあちらの事情を、科學の目を通じて思ひ出すままにくり擴げようといふのである。
脳の中の麗人
(1939年)
海野十三
60分以内
  15,330 文字
奇異の患者「ねえ、博士。
脳の中の麗人 海野十三
奇異の患者「ねえ、博士。
電気看板の神経
(1930年)
海野十三
60分以内
  15,447 文字
冒頭に一応断っておくがね、この話では、登場人物が次から次へとジャンジャン死ぬることになっている...
電気看板の神経 海野十三
冒頭に一応断っておくがね、この話では、登場人物が次から次へとジャンジャン死ぬることになっている――というよりも「殺戮される」ことになっているといった方がいいかも知れない。
空中墳墓
(1928年)
海野十三
60分以内
  15,515 文字
ぽっかり、眼が醒めた。
空中墳墓 海野十三
ぽっかり、眼が醒めた。
第五氷河期 海野十三
60分以内
  15,620 文字
氷河狂の老博士「氷河狂」といえば、誰も知らない者はない北見徹太郎博士は、ついに警視庁へ出頭を命...
第五氷河期 海野十三
氷河狂の老博士「氷河狂」といえば、誰も知らない者はない北見徹太郎博士は、ついに警視庁へ出頭を命ぜられた。
ヒルミ夫人の冷蔵鞄
(1937年)
海野十三
60分以内
  15,915 文字
或る靄(もや)のふかい朝――僕はカメラを頸にかけて、幅のひろい高橋のたもとに立っていた。
ヒルミ夫人の冷蔵鞄 海野十三
或る靄(もや)のふかい朝――僕はカメラを頸にかけて、幅のひろい高橋のたもとに立っていた。
柿色の紙風船
(1934年)
海野十三
60分以内
  15,991 文字
「おや、ここに寝ていた患者さんは?」と林檎のように血色のいい看護婦が叫んだ。
柿色の紙風船 海野十三
「おや、ここに寝ていた患者さんは?」と林檎のように血色のいい看護婦が叫んだ。
地球を狙う者 海野十三
60分以内
  16,003 文字
「火星に近づく」と報ぜられるとき、南洋の一孤島で惨殺された火星研究の老博士、その手になるメモに...
地球を狙う者 海野十三
「火星に近づく」と報ぜられるとき、南洋の一孤島で惨殺された火星研究の老博士、その手になるメモには果して何が秘められていたか?これは世界最大の恐るべき戦慄だ!父島を南に「おいボーイ君。
宇宙の迷子
(1947年)
海野十三
60分以内
  16,021 文字
ゆかいな時代このゆかいな探険は、千九百七十何年だかにはじめられた。
宇宙の迷子 海野十三
ゆかいな時代このゆかいな探険は、千九百七十何年だかにはじめられた。
月世界探険記 海野十三
60分以内
  16,036 文字
新宇宙艇月世界探険の新宇宙艇は、いまやすべての出発準備がととのった。
月世界探険記 海野十三
新宇宙艇月世界探険の新宇宙艇は、いまやすべての出発準備がととのった。
空襲下の日本
(1933年)
海野十三
60分以内
  16,075 文字
戦慄の日は近づく――昭和×年三月、帝都郊外の若きサラリーマンの家庭――「まあ、今日はお帰りが遅...
空襲下の日本 海野十三
戦慄の日は近づく――昭和×年三月、帝都郊外の若きサラリーマンの家庭――「まあ、今日はお帰りが遅かったのネ」「うんフラフラになる程疲労れちまったよ」「やはり会社の御用でしたの」「そうなんだ。
不思議なる空間断層
(1935年)
海野十三
60分以内
  16,106 文字
友人の友枝八郎は、ちょっと風変りな人物である。
不思議なる空間断層 海野十三
友人の友枝八郎は、ちょっと風変りな人物である。
鬼仏洞事件 海野十三
60分以内
  16,221 文字
見取図鬼仏洞の秘密を探れ!特務機関から命ぜられた大陸に於(お)けるこの最後の仕事、一つに女流探...
鬼仏洞事件 海野十三
見取図鬼仏洞の秘密を探れ!特務機関から命ぜられた大陸に於(お)けるこの最後の仕事、一つに女流探偵の風間三千子の名誉がかけられていた。
恐しき通夜
(1931年)
海野十三
60分以内
  16,308 文字
「一体どうしたというんだろう。
恐しき通夜 海野十三
「一体どうしたというんだろう。
人造人間事件
(1936年)
海野十三
60分以内
  16,466 文字
理学士帆村荘六は、築地の夜を散歩するのがことに好きだった。
人造人間事件 海野十三
理学士帆村荘六は、築地の夜を散歩するのがことに好きだった。
大脳手術
(1945年)
海野十三
60分以内
  16,761 文字
美しき脛(すね)いちばん明るい窓の下で、毛脛を撫でているところへ、例によって案内も乞わず、友人...
大脳手術 海野十三
美しき脛(すね)いちばん明るい窓の下で、毛脛を撫でているところへ、例によって案内も乞わず、友人の鳴海三郎がぬっと入ってきた。
什器破壊業事件
(1939年)
海野十三
60分以内
  16,900 文字
女探偵の悒鬱「離魂の妻」事件で、検事六条子爵がさしのばしたあやしき情念燃ゆる手を、ともかくもき...
什器破壊業事件 海野十三
女探偵の悒鬱「離魂の妻」事件で、検事六条子爵がさしのばしたあやしき情念燃ゆる手を、ともかくもきっぱりとふりきって帰京した風間光枝だったけれど、さて元の孤独に立ちかえってみると、なんとはなく急に自分の身体が汗くさく感ぜられて、侘(わび)しかった。
階段
(1930年)
海野十三
60分以内
  16,964 文字
出来ることなら、綺麗に抹殺してしまいたい僕の人生だ。
階段 海野十三
出来ることなら、綺麗に抹殺してしまいたい僕の人生だ。
国際殺人団の崩壊
(1931年)
海野十三
60分以内
  17,102 文字
作者は、此(こ)の一篇を公にするのに、幾分の躊躇(ちゅうちょ)を感じないわけには行かないのだ。
国際殺人団の崩壊 海野十三
作者は、此(こ)の一篇を公にするのに、幾分の躊躇(ちゅうちょ)を感じないわけには行かないのだ。
夜泣き鉄骨
(1932年)
海野十三
60分以内
  17,300 文字
真夜中に、第九工場の大鉄骨が、キーッと声を立てて泣く――という噂が、チラリと、わしの耳に、入った。
夜泣き鉄骨 海野十三
真夜中に、第九工場の大鉄骨が、キーッと声を立てて泣く――という噂が、チラリと、わしの耳に、入った。
断層顔
(1947年)
海野十三
60分以内
  17,753 文字
事件依頼人昭和五十二年の冬十二月十二日は、雪と共に夜が明けた。
断層顔 海野十三
事件依頼人昭和五十二年の冬十二月十二日は、雪と共に夜が明けた。
疑問の金塊
(1934年)
海野十三
60分以内
  17,779 文字
尾行者タバコ屋の前まで来ると、私は色硝子の輝く小窓から、チェリーを買った。
疑問の金塊 海野十三
尾行者タバコ屋の前まで来ると、私は色硝子の輝く小窓から、チェリーを買った。
麻雀殺人事件
(1931年)
海野十三
60分以内
  17,950 文字
それは、目下売出しの青年探偵、帆村荘六にとって、諦めようとしても、どうにも諦められない彼一生の...
麻雀殺人事件 海野十三
それは、目下売出しの青年探偵、帆村荘六にとって、諦めようとしても、どうにも諦められない彼一生の大醜態だった。
人間灰
(1934年)
海野十三
60分以内
  18,138 文字
赤沢博士の経営する空気工場は海抜一千三百メートルの高原にある右足湖畔に建っていた。
人間灰 海野十三
赤沢博士の経営する空気工場は海抜一千三百メートルの高原にある右足湖畔に建っていた。
獏鸚
(1935年)
海野十三
60分以内
  18,231 文字
一度トーキーの撮影を見たいものだと、例の私立探偵帆村荘六が口癖のように云っていたものだから、そ...
獏鸚 海野十三
一度トーキーの撮影を見たいものだと、例の私立探偵帆村荘六が口癖のように云っていたものだから、その日――というと五月一日だったが――私は早く彼を誘いだしに小石川のアパートへ行った。
電気風呂の怪死事件
(1928年)
海野十三
60分以内
  18,673 文字
井神陽吉は風呂が好きだった。
電気風呂の怪死事件 海野十三
井神陽吉は風呂が好きだった。
振動魔
(1931年)
海野十三
60分以内
  18,782 文字
僕はこれから先ず、友人柿丘秋郎が企てた世にも奇怪きわまる実験について述べようと思う。
振動魔 海野十三
僕はこれから先ず、友人柿丘秋郎が企てた世にも奇怪きわまる実験について述べようと思う。
空中漂流一週間
(1939年)
海野十三
60分以内
  19,510 文字
「火の玉」少尉「うーん、またやって来たか」と、田毎大尉は、啣(くわ)えていた紙巻煙草をぽんと灰...
空中漂流一週間 海野十三
「火の玉」少尉「うーん、またやって来たか」と、田毎大尉は、啣(くわ)えていた紙巻煙草をぽんと灰皿の中になげこむと、当惑顔で名刺の表をみつめた。
東京要塞
(1938年)
海野十三
60分以内
  20,438 文字
非常警戒凍りつくような空っ風が、鋪道の上をひゅーんというような唸(うな)り声をあげて滑ってゆく。
東京要塞 海野十三
非常警戒凍りつくような空っ風が、鋪道の上をひゅーんというような唸(うな)り声をあげて滑ってゆく。
軍用鼠
(1937年)
海野十三
60分以内
  20,490 文字
探偵小説家の梅野十伍は、机の上に原稿用紙を展べて、意気甚だ銷沈していた。
軍用鼠 海野十三
探偵小説家の梅野十伍は、机の上に原稿用紙を展べて、意気甚だ銷沈していた。
火葬国風景
(1935年)
海野十三
60分以内
  20,661 文字
甲野八十助「はアて、――」と探偵小説家の甲野八十助は、夜店の人混みの中で、不審のかぶりを振った。
火葬国風景 海野十三
甲野八十助「はアて、――」と探偵小説家の甲野八十助は、夜店の人混みの中で、不審のかぶりを振った。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。