🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める海野十三の短編作品

青空文庫で公開されている海野十三の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編16作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜16件 / 全16件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
探偵会話 下駄を探せ
(1946年)
海野十三
10分以内
  2,396 文字
「――観音さまの?」「――ええ、芝公園増上寺の境内に若い女の絞殺体が二つ、放り捨てられていたと...
探偵会話 下駄を探せ 海野十三
「――観音さまの?」「――ええ、芝公園増上寺の境内に若い女の絞殺体が二つ、放り捨てられていたというんです。
江戸推理川柳抄
(1948年)
海野十三
10分以内
  2,175 文字
推理川柳とは、私が仮りにつけた名称であって、推理を含んだ川柳という意味である。
江戸推理川柳抄 海野十三
推理川柳とは、私が仮りにつけた名称であって、推理を含んだ川柳という意味である。
探偵小説と犯罪事件
(1947年)
海野十三
10分以内
  2,028 文字
探偵小説と犯罪事件との関連性についてはいつの世にも論じられるものであるが、最近の世相はまた事新...
探偵小説と犯罪事件 海野十三
探偵小説と犯罪事件との関連性についてはいつの世にも論じられるものであるが、最近の世相はまた事新しくこのトピックを取上げる機会を孕(はら)んでいるようだ。
寺田先生と僕
(1937年)
海野十三
10分以内
  2,945 文字
題名ほどの深い關係もないのであるが、科學ペンからの求めで、已むを得ず[#「已むを得ず」は底本で...
寺田先生と僕 海野十三
題名ほどの深い關係もないのであるが、科學ペンからの求めで、已むを得ず[#「已むを得ず」は底本では「己むを得ず」]ペンを執る。
十年後のラジオ界
(1929年)
海野十三
10分以内
  2,001 文字
「ときにAさん。
十年後のラジオ界 海野十三
「ときにAさん。
最小人間の怪
(1949年)
海野十三
10分以内
  2,210 文字
この秘話をしてくれたN博士も、先々月この世を去った。
最小人間の怪 海野十三
この秘話をしてくれたN博士も、先々月この世を去った。
三重宙返りの記
(1941年)
海野十三
10分以内
  2,227 文字
僕は、このところ二三ヶ月、からだの工合がよくない。
三重宙返りの記 海野十三
僕は、このところ二三ヶ月、からだの工合がよくない。
密林荘事件
(1946年)
海野十三
10分以内
  2,313 文字
密林荘で、熊井青年が自殺したという事件が、例の有名な旗田警部のところへ廻されて来た。
密林荘事件 海野十三
密林荘で、熊井青年が自殺したという事件が、例の有名な旗田警部のところへ廻されて来た。
成層圏飛行と私のメモ
(1941年)
海野十三
10分以内
  2,566 文字
成層圏飛行について、なにか書けという注文である。
成層圏飛行と私のメモ 海野十三
成層圏飛行について、なにか書けという注文である。
一九五〇年の殺人
(1934年)
海野十三
10分以内
  2,719 文字
「旦那人殺しでがすよ」「ナニ人殺しだって?何処だッ、誰が殺されたのだッ、原稿の頁(ページ)が無...
一九五〇年の殺人 海野十三
「旦那人殺しでがすよ」「ナニ人殺しだって?何処だッ、誰が殺されたのだッ、原稿の頁(ページ)が無いのだ、早く云え」「そッそんなに急いでも駄目です。
科学時潮
(1928年)
海野十三
10分以内
  2,790 文字
地下鉄道の開通上野、浅草間の地下鉄道が出来た。
科学時潮 海野十三
地下鉄道の開通上野、浅草間の地下鉄道が出来た。
殺人の涯
(1933年)
海野十三
10分以内
  3,019 文字
「とうとう女房を殺してしまった」私は尚も液体を掻(か)き廻しながら、独り言を云った。
殺人の涯 海野十三
「とうとう女房を殺してしまった」私は尚も液体を掻(か)き廻しながら、独り言を云った。
恐怖について
(1934年)
海野十三
10分以内
  3,262 文字
恐怖なんて、無くもがなである。
恐怖について 海野十三
恐怖なんて、無くもがなである。
幸運の黒子 海野十三
10分以内
  3,302 文字
「どうして、おれはこう不運なんだろう」病院の門を出ると、怺(こら)えこらえた鬱憤をアスファルト...
幸運の黒子 海野十三
「どうして、おれはこう不運なんだろう」病院の門を出ると、怺(こら)えこらえた鬱憤をアスファルトの路面に叩(たた)きつけた月田半平だった。
『十八時の音楽浴』の作者の言葉
(1939年)
海野十三
10分以内
  3,378 文字
この書は、僕の科学小説集の第三冊目にあたる。
『十八時の音楽浴』の作者の言葉 海野十三
この書は、僕の科学小説集の第三冊目にあたる。
予報省告示
(1947年)
海野十三
10分以内
  3,830 文字
人暦一万九百四十六年十三月九日本日を以て地球は原子爆弾を惹起し、大爆発は二十三時間に亘って継続...
予報省告示 海野十三
人暦一万九百四十六年十三月九日本日を以て地球は原子爆弾を惹起し、大爆発は二十三時間に亘って継続した後、地球は完全にガス状と化す。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。