【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

若山牧水の全作品

青空文庫で公開されている若山牧水の全作品66篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜50件 / 全66件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
みなかみ紀行 若山牧水
1時間〜
  107,592 文字
序文幼い紀行文をまた一冊に纏めて出版することになった。
みなかみ紀行 若山牧水
1時間〜
序文幼い紀行文をまた一冊に纏めて出版することになった。
梅雨紀行 若山牧水
30分以内
  11,593 文字
發動機船は棧橋を離れやうとし、若い船員は纜(ともづな)を解いてゐた。
梅雨紀行 若山牧水
30分以内
發動機船は棧橋を離れやうとし、若い船員は纜(ともづな)を解いてゐた。
みなかみ紀行 若山牧水
1時間〜
  35,634 文字
十月十四日午前六時沼津發、東京通過、其處よりM―、K―、の兩青年を伴ひ、夜八時信州北佐久郡御代...
みなかみ紀行 若山牧水
1時間〜
十月十四日午前六時沼津發、東京通過、其處よりM―、K―、の兩青年を伴ひ、夜八時信州北佐久郡御代田驛に汽車を降りた。
小さな鶯
(1924年)
若山牧水
10分以内
  3,157 文字
ちひさな鶯雪のつもつた枝から枝へちひさな鶯あをい羽根してぴよんぴよん渡る小枝さらさら雪はちらち...
小さな鶯 若山牧水
10分以内
ちひさな鶯雪のつもつた枝から枝へちひさな鶯あをい羽根してぴよんぴよん渡る小枝さらさら雪はちらちらちらちら動いて羽根はあをあアをい鶯なぜ鳴かぬうぐひすようぐひすよちひさな鶯寒むいか寒くばどんどと火にあたれどんどと燃ゆる圍爐裏のそばで默つて聞けばなアいた啼いたほうほけべちよ...
村住居の秋 若山牧水
10分以内
  3,385 文字
小さな流この沼津の地に移住を企てゝ初めて私がこの家を見に来た時、その時は村の旧家でいま村医など...
村住居の秋 若山牧水
10分以内
小さな流この沼津の地に移住を企てゝ初めて私がこの家を見に来た時、その時は村の旧家でいま村医などを勤めてゐる或る老人と、その息子さんと、この家の差配をしてゐる年寄の百姓との四人連で、その老医の息子さんが私たちの結んでゐる歌の社中の一人であるところから斯んな借家の世話などを頼むことになつたのであつたが、先づ私の眼のついたのは門の前を流れてゐる小さな流であつた。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  283 文字
冷たさよわが身をつゝめわが書齋の窓より見ゆる遠き岡、岡のうへの木立一帶に黝(くろ)み靜もり岡を...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
冷たさよわが身をつゝめわが書齋の窓より見ゆる遠き岡、岡のうへの木立一帶に黝(くろ)み靜もり岡を掩ひ木立を照しわが窓さきにそゝぐ夏の日の光に冷たさあれわが凭る椅子腕を投げし卓子脚重くとどける疊部屋をこめて動かぬ空氣すべてみな氷のごとくなれわがまなこ冷かに澄みあるとなきおもひを湛へ勞れはてしこゝろは森の奧に古びたる池の如くにあれあゝねが...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  297 文字
生の歡びを感ずる時は、つまり自己を感ずる時だとおもふ。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
生の歡びを感ずる時は、つまり自己を感ずる時だとおもふ。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  334 文字
著者書くとなく書きてたまりし文章を一册にする時し到りぬおほくこれたのまれて書きし文章にほのかに...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
著者書くとなく書きてたまりし文章を一册にする時し到りぬおほくこれたのまれて書きし文章にほのかに己が心動きをる眞心のこもらぬにあらず金に代ふる見えぬにあらずわが文章に幼く且つ拙しとおもふわが文を讀み選みつつ捨てられぬかも自がこころ寂び古びなばこのごときをさなき文はまた書かざらむ書きながら肱(ひぢ)をちぢめしわがすがたわが文章になしといはなくにちひさきは小さきままに伸びて張れる木の葉のすがたわが文にあれよおのづから湧き出づる水...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  342 文字
大正十年の春から同十三年の秋までに書いた隨筆を輯めてこの一册を編んだ。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
大正十年の春から同十三年の秋までに書いた隨筆を輯めてこの一册を編んだ。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  343 文字
底深い群青色の、表ほのかに燻(いぶ)りて弓形に張り渡したる眞晝の空、其處には力の滿ち極まつた靜...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
底深い群青色の、表ほのかに燻(いぶ)りて弓形に張り渡したる眞晝の空、其處には力の滿ち極まつた靜寂の光輝があり、悲哀がある。
酒と歌 若山牧水
5分以内
  745 文字
今まで自分のして來たことで多少とも眼だつものは矢張り歌を作つて來た事だけの樣である。
酒と歌 若山牧水
5分以内
今まで自分のして來たことで多少とも眼だつものは矢張り歌を作つて來た事だけの樣である。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  766 文字
ソレ、君と通つて此處なら屹度釣れると云つたあの淀み富士からと天城からとの二つの川の出合つた大き...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
ソレ、君と通つて此處なら屹度釣れると云つたあの淀み富士からと天城からとの二つの川の出合つた大きな淀みにたうとう出かけて行つて釣つて見ましたかなり重い錘でしたが沈むのによほどかゝる四尋からの深さがありましたとろりとした水面にすれ/\に釣竿が影を落すそれだけで私の心は大滿足でした山の根はいゝが惜しいことに釣つてゐる上に道があるなるたけ身體を小松の蔭にかくしてゐ...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  784 文字
○乾きたる落葉のなかに栗の實を濕りたる朽葉がしたに橡(とち)の實をとりどりに拾ふともなく拾ひも...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
○乾きたる落葉のなかに栗の實を濕りたる朽葉がしたに橡(とち)の實をとりどりに拾ふともなく拾ひもちて今日の山路を越えて來ぬ長かりしけふの山路樂しかりしけふの山路殘りたる紅葉は照りて餌に餓うる鷹もぞ啼きし上野の草津の湯より澤渡の湯に越ゆる路名も寂し暮坂峠○朝ごとにつまみとりていただきつひとつづつ食ふく...
藤の花 若山牧水
5分以内
  924 文字
藤の花若山牧水私は五六歳のころから齒を病んだ。
藤の花 若山牧水
5分以内
藤の花若山牧水私は五六歳のころから齒を病んだ。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  976 文字
きさらぎは梅咲くころは年ごとにわれのこころのさびしかる月梅の花が白くつめたく一輪二輪と枯れた樣...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
きさらぎは梅咲くころは年ごとにわれのこころのさびしかる月梅の花が白くつめたく一輪二輪と枯れた樣な枝のさきに見えそむる。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  1,142 文字
旅と云つても、ほんの一夜泊の話なのですが――。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
旅と云つても、ほんの一夜泊の話なのですが――。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  1,153 文字
私は宗教といふものを持たない。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
私は宗教といふものを持たない。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  1,355 文字
わが家の、北に面した庭に、南天、柘榴(ざくろ)、檜葉、松、楓(かへで)の木が小さな木立をなしてゐる。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
わが家の、北に面した庭に、南天、柘榴(ざくろ)、檜葉、松、楓(かへで)の木が小さな木立をなしてゐる。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  1,414 文字
噴火口のあとともいふべき、山のいただきの、さまで大きからぬ湖。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
噴火口のあとともいふべき、山のいただきの、さまで大きからぬ湖。
湯槽の朝 若山牧水
5分以内
  1,514 文字
湯槽の朝若山牧水三月廿八日、午前五時ころ、伊豆湯ケ島温泉湯本館の湯槽(ゆぶね)にわたしはひとり...
湯槽の朝 若山牧水
5分以内
湯槽の朝若山牧水三月廿八日、午前五時ころ、伊豆湯ケ島温泉湯本館の湯槽(ゆぶね)にわたしはひとりして浸つてゐた。
花二三 若山牧水
5分以内
  1,686 文字
花二三若山牧水梅のかをりを言ふ人が多いが、私は寧ろ沈丁花(ぢんちやうげ)を擧げる。
花二三 若山牧水
5分以内
花二三若山牧水梅のかをりを言ふ人が多いが、私は寧ろ沈丁花(ぢんちやうげ)を擧げる。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  1,792 文字
いちはやく秋風の音をやどすぞと長き葉めでて蜀黍(もろこし)は植う私は蜀黍の葉が好きである。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
いちはやく秋風の音をやどすぞと長き葉めでて蜀黍(もろこし)は植う私は蜀黍の葉が好きである。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  1,875 文字
私は日向國耳川(川口は神武天皇御東征の砌(みぎり)其處から初めて船を出されたといふ美々津港にな...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
私は日向國耳川(川口は神武天皇御東征の砌(みぎり)其處から初めて船を出されたといふ美々津港になつてゐます)の上流にあたる長細い峽谷の村に生れました。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  1,919 文字
それほどにうまきかとひとの問ひたらば何と答へむこの酒の味眞實、菓子好の人が菓子を、渇いた人が水...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
それほどにうまきかとひとの問ひたらば何と答へむこの酒の味眞實、菓子好の人が菓子を、渇いた人が水を、口にした時ほどのうまさをば酒は持つてゐないかも知れない。
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
  1,999 文字
光を含んだ綿雲が、軒端に見える空いつぱいに輝いて、庭木といふ庭木は葉先ひとつ動かさず、それぞれ...
樹木とその葉 若山牧水
5分以内
光を含んだ綿雲が、軒端に見える空いつぱいに輝いて、庭木といふ庭木は葉先ひとつ動かさず、それぞれに雲の光を宿して濡れた樣に靜まつてゐる。
家のめぐり 若山牧水
10分以内
  2,010 文字
先づ野蒜を取つてたべた。
家のめぐり 若山牧水
10分以内
先づ野蒜を取つてたべた。
鮎釣に過した夏休み 若山牧水
10分以内
  2,135 文字
鮎釣に過した夏休み若山牧水わたしは、日向(ひうが)うまれである。
鮎釣に過した夏休み 若山牧水
10分以内
鮎釣に過した夏休み若山牧水わたしは、日向(ひうが)うまれである。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
  2,225 文字
降るか照るか、私は曇日を最も嫌ふ。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
降るか照るか、私は曇日を最も嫌ふ。
なまけ者と雨 若山牧水
10分以内
  2,244 文字
降るか照るか、私は曇日を最も嫌ふ。
なまけ者と雨 若山牧水
10分以内
降るか照るか、私は曇日を最も嫌ふ。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
  2,362 文字
今月號の或雜誌に佛法僧鳥のことが書いてあつた。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
今月號の或雜誌に佛法僧鳥のことが書いてあつた。
庭さきの森の春 若山牧水
10分以内
  2,453 文字
庭さきの森の春若山牧水濱へ出る漁師たちの徑に沿うたわたしの庭の垣根は、もと此處が桃畑であつた當...
庭さきの森の春 若山牧水
10分以内
庭さきの森の春若山牧水濱へ出る漁師たちの徑に沿うたわたしの庭の垣根は、もと此處が桃畑であつた當時に用ゐられてゐた儘(まま)のを使つてゐる。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
  2,733 文字
日向の山奧から出て來て先づ私の下宿したのは麹町の三番町であつた。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
日向の山奧から出て來て先づ私の下宿したのは麹町の三番町であつた。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
  2,925 文字
武藏から上野へかけて平原を横切つて汽車が碓氷にかゝらうとする、その左手の車窓に沿うて仰がるゝ妙...
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
武藏から上野へかけて平原を横切つて汽車が碓氷にかゝらうとする、その左手の車窓に沿うて仰がるゝ妙義山の大岩壁は確かに信越線中での一異景である。
水郷めぐり 若山牧水
10分以内
  3,076 文字
約束した樣なせぬ樣な六月廿五日に、細野君が誘ひにやつて來た。
水郷めぐり 若山牧水
10分以内
約束した樣なせぬ樣な六月廿五日に、細野君が誘ひにやつて來た。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
  3,255 文字
或る日の午前十一時頃、書き惱んでゐる急ぎの原稿とその催促の電報と小さな時計とを机の上に並べなが...
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
或る日の午前十一時頃、書き惱んでゐる急ぎの原稿とその催促の電報と小さな時計とを机の上に並べながら、私は甚だ重苦しい心持になつてゐた。
秋草と虫の音 若山牧水
10分以内
  3,334 文字
秋草の花のうち、最も早く咲くは何であらう。
秋草と虫の音 若山牧水
10分以内
秋草の花のうち、最も早く咲くは何であらう。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
  3,408 文字
信州白骨温泉は乘鞍嶽北側の中腹、海拔五千尺ほどの處に在る。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
信州白骨温泉は乘鞍嶽北側の中腹、海拔五千尺ほどの處に在る。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
  3,520 文字
夏と旅とがよく結び付けられて稱(とな)へらるゝ樣になつたが、私は夏の旅は嫌ひである。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
夏と旅とがよく結び付けられて稱(とな)へらるゝ樣になつたが、私は夏の旅は嫌ひである。
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
  3,683 文字
貧しとし時にはなげく時としてその貧しさを忘れてもをるゆく水のとまらぬこころ持つといへどをりをり...
樹木とその葉 若山牧水
10分以内
貧しとし時にはなげく時としてその貧しさを忘れてもをるゆく水のとまらぬこころ持つといへどをりをり濁る貧しさゆゑに小生の貧困時代は首尾を持つてゐない。
渓をおもふ 若山牧水
10分以内
  3,697 文字
疲れはてしこころのそこに時ありてさやかにうかぶ渓のおもかげいづくとはさやかにわかねわがこころさ...
渓をおもふ 若山牧水
10分以内
疲れはてしこころのそこに時ありてさやかにうかぶ渓のおもかげいづくとはさやかにわかねわがこころさびしきときし渓川の見ゆ独りゐてみまほしきものは山かげの巌が根ゆける細渓の水巌が根につくばひをりて聴かまほしおのづからなるその渓の音二三年前の、矢張り夏の真中であつたかとおもふ。
鴉と正覚坊 若山牧水
30分以内
  4,360 文字
正覺坊いつもより少し時間は遲かつたが、晩酌前の散歩をして來ようと庭つゞきの濱の松原へ出かけて行つた。
鴉と正覚坊 若山牧水
30分以内
正覺坊いつもより少し時間は遲かつたが、晩酌前の散歩をして來ようと庭つゞきの濱の松原へ出かけて行つた。
樹木とその葉 若山牧水
30分以内
  4,643 文字
東京にてM――兄。
樹木とその葉 若山牧水
30分以内
東京にてM――兄。
樹木とその葉 若山牧水
30分以内
  4,761 文字
昨年の八月いつぱいを伊豆西海岸、古宇といふ小さな漁村で過しました。
樹木とその葉 若山牧水
30分以内
昨年の八月いつぱいを伊豆西海岸、古宇といふ小さな漁村で過しました。
たべものの木 若山牧水
30分以内
  4,979 文字
たべものの木若山牧水私は寢上戸(ねじやうご)とかいふ方で、酒に醉ふと直ぐ眠つてしまふ。
たべものの木 若山牧水
30分以内
たべものの木若山牧水私は寢上戸(ねじやうご)とかいふ方で、酒に醉ふと直ぐ眠つてしまふ。
金比羅参り 若山牧水
30分以内
  5,384 文字
金比羅參り若山牧水少年世界愛讀者諸君。
金比羅参り 若山牧水
30分以内
金比羅參り若山牧水少年世界愛讀者諸君。
岬の端 若山牧水
30分以内
  5,398 文字
細かな地図を見ればよく解るであらう。
岬の端 若山牧水
30分以内
細かな地図を見ればよく解るであらう。
樹木とその葉 若山牧水
30分以内
  5,425 文字
櫻の花がかすかなひかりを含んで散りそめる。
樹木とその葉 若山牧水
30分以内
櫻の花がかすかなひかりを含んで散りそめる。
山寺 若山牧水
30分以内
  5,838 文字
夕闇の部屋の中へ流れ込むのさへはつきりと見えてゐた霧はいつとなく消えて行つて、たうとう雨は本降...
山寺 若山牧水
30分以内
夕闇の部屋の中へ流れ込むのさへはつきりと見えてゐた霧はいつとなく消えて行つて、たうとう雨は本降りとなつた。
樹木とその葉 若山牧水
30分以内
  6,111 文字
くもり日は頭重かるわが癖のけふも出で來て歩む松原三月××日千本松原を詠んだなかの一首に斯んな歌...
樹木とその葉 若山牧水
30分以内
くもり日は頭重かるわが癖のけふも出で來て歩む松原三月××日千本松原を詠んだなかの一首に斯んな歌があつたが、けふもまたその頭の重い曇り日であつた。
樹木とその葉 若山牧水
30分以内
  6,141 文字
駿河灣一帶の風光といふとどうしても富士山がその焦點になる。
樹木とその葉 若山牧水
30分以内
駿河灣一帶の風光といふとどうしても富士山がその焦點になる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。