🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める内田魯庵の中編作品

青空文庫で公開されている内田魯庵の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編7作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜7件 / 全7件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
最後の大杉
(1923年)
内田魯庵
60分以内
  12,557 文字
大杉とは親友という関係じゃない。
最後の大杉 内田魯庵
大杉とは親友という関係じゃない。
美妙斎美妙
(1916年)
内田魯庵
60分以内
  12,901 文字
欧化熱の早産児丁度この欧化主義の最絶頂に達して、一も西洋、二も西洋と、上下有頂天となって西欧文...
美妙斎美妙 内田魯庵
欧化熱の早産児丁度この欧化主義の最絶頂に達して、一も西洋、二も西洋と、上下有頂天となって西欧文化を高調した時、この潮流に棹(さお)さして極端に西洋臭い言文一致の文体を創めたのが忽(たちま)ち人気を沸騰して、一躍文壇の大立者となったのは山田美妙斎であった。
八犬伝談余
(1928年)
内田魯庵
60分以内
  23,621 文字
『八犬伝』と私昔は今ほど忙しくなくて、誰でも多少の閑があったものと見える。
八犬伝談余 内田魯庵
『八犬伝』と私昔は今ほど忙しくなくて、誰でも多少の閑があったものと見える。
灰燼十万巻
(1910年)
内田魯庵
60分以内
  12,192 文字
十二月十日、珍らしいポカ/\した散歩日和で、暢気に郊外でも※※(ぶらつ)きたくなる天気だったが...
灰燼十万巻 内田魯庵
十二月十日、珍らしいポカ/\した散歩日和で、暢気に郊外でも※※(ぶらつ)きたくなる天気だったが、忌でも応でも約束した原稿期日が迫ってるので、朝飯も匆々に机に対った処へ、電報!丸善から来た。
三十年前の島田沼南
(1923年)
内田魯庵
60分以内
  14,043 文字
島田沼南は大政治家として葬られた。
三十年前の島田沼南 内田魯庵
島田沼南は大政治家として葬られた。
犬物語 内田魯庵
60分以内
  17,540 文字
俺かい。
犬物語 内田魯庵
俺かい。
二葉亭余談
(1916年)
内田魯庵
60分以内
  23,776 文字
二葉亭との初対面私が初めて二葉亭と面会したのは明治二十二年の秋の末であった。
二葉亭余談 内田魯庵
二葉亭との初対面私が初めて二葉亭と面会したのは明治二十二年の秋の末であった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。