🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める内田魯庵の短編作品

青空文庫で公開されている内田魯庵の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編10作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜10件 / 全10件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
貧書生 内田魯庵
30分以内
  4,279 文字
「やい亀井、何しおる?何ぢや、懸賞小説ぢや――ふッふッ、」と宛も馬鹿にしたやうに冷笑つたはズン...
貧書生 内田魯庵
「やい亀井、何しおる?何ぢや、懸賞小説ぢや――ふッふッ、」と宛も馬鹿にしたやうに冷笑つたはズングリと肥つた二十四五の鬚(ひげ)※(みは)々の書生で、垢染みて膩光りのする綿の喰出した褞袍(どてら)に纏(くる)まつてゴロリと肱枕をしつゝ、板のやうな掛蒲団を袷(あはせ)の上に被つて禿筆を噛みつゝ原稿紙に対ふ日に焼けて銅色をしたる頬の痩れて顴骨の高く現れた神経質らしい仝(おな)じ年輩の男を冷やかに見て、「汝(きさま)も懸賞小説なんぞと吝(けち)な所為をするない。
明治の文学の開拓者
(1912年)
内田魯庵
30分以内
  4,715 文字
坪内君の功労は誰でも知ってる。
明治の文学の開拓者 内田魯庵
坪内君の功労は誰でも知ってる。
家庭の読書室 内田魯庵
30分以内
  5,113 文字
近ごろは一般に大分本を読むやうになつた。
家庭の読書室 内田魯庵
近ごろは一般に大分本を読むやうになつた。
駆逐されんとする文人
(1913年)
内田魯庵
30分以内
  5,708 文字
▲余の住ってる町は以前は組屋敷らしい狭い通りで、多くは小さい月給取の所謂勤人ばかりの軒並であった。
駆逐されんとする文人 内田魯庵
▲余の住ってる町は以前は組屋敷らしい狭い通りで、多くは小さい月給取の所謂勤人ばかりの軒並であった。
為文学者経 内田魯庵
30分以内
  6,075 文字
棚から落ちる牡丹餅を待つ者よ、唐様に巧みなる三代目よ、浮木をさがす盲目の亀よ、人参呑(の)んで...
為文学者経 内田魯庵
棚から落ちる牡丹餅を待つ者よ、唐様に巧みなる三代目よ、浮木をさがす盲目の亀よ、人参呑(の)んで首縊(く)らんとする白痴漢よ、鰯(いわし)の頭を信心するお怜悧(りこう)連よ、雲に登るを願ふ蚯蚓(みず)の輩よ、水に影る月を奪はんとする山猿よ、無芸無能食もたれ総身に智恵の廻(まは)りかぬる男よ、木に縁て魚を求め草を打て蛇に驚く狼狽(うろたへ)者よ、白粉に咽せて成仏せん事を願ふ艶治郎よ、鏡と睨(にら)め競をして頤(あご)をなでる唐琴屋よ、惣て世間一切の善男子、若し遊んで暮すが御執心ならば、直ちにお...
四十年前
(1916年)
内田魯庵
30分以内
  9,041 文字
亜米利加の排日案通過が反動団体のヤッキ運動となって、その傍杖が帝国ホテルのダンス場の剣舞隊闖入...
四十年前 内田魯庵
亜米利加の排日案通過が反動団体のヤッキ運動となって、その傍杖が帝国ホテルのダンス場の剣舞隊闖入となった。
二葉亭追録
(1925年)
内田魯庵
30分以内
  9,233 文字
二葉亭が存命だったら二葉亭が存命だったら今頃ドウしているだろう?という問題が或る時二葉亭を知る...
二葉亭追録 内田魯庵
二葉亭が存命だったら二葉亭が存命だったら今頃ドウしているだろう?という問題が或る時二葉亭を知る同士が寄合った席上の話題となった。
鴎外博士の追憶
(1922年)
内田魯庵
30分以内
  9,653 文字
若い蘇峰の『国民之友』が思想壇の檜舞台として今の『中央公論』や『改造』よりも重視された頃、春秋...
鴎外博士の追憶 内田魯庵
若い蘇峰の『国民之友』が思想壇の檜舞台として今の『中央公論』や『改造』よりも重視された頃、春秋二李の特別附録は当時の大家の顔見世狂言として盛んに評判されたもんだ。
二十五年間の文人の社会的地位の進歩
(1912年)
内田魯庵
30分以内
  10,586 文字
二十五年という歳月は一世紀の四分の一である。
二十五年間の文人の社会的地位の進歩 内田魯庵
二十五年という歳月は一世紀の四分の一である。
斎藤緑雨
(1913年)
内田魯庵
30分以内
  11,521 文字
「僕は、本月本日を以て目出たく死去仕候」という死亡の自家広告を出したのは斎藤緑雨が一生のお別れ...
斎藤緑雨 内田魯庵
「僕は、本月本日を以て目出たく死去仕候」という死亡の自家広告を出したのは斎藤緑雨が一生のお別れの皮肉というよりも江戸ッ子作者の最後のシャレの吐きじまいをしたので、化政度戯作文学のラスト・スパークである。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。