🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める上里春生の短編作品

青空文庫で公開されている上里春生の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(less than 1,500 wordsの作品を対象としています。読了時間は「300字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜3件 / 全3件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
或る月夜に
(1917年)
上里春生
5分以内
  137 文字
おほぞらは、紫暗の海と澄み渡りて、真珠の群は、きらきらと、円けき海月光り流るゝ。
或る月夜に 上里春生
おほぞらは、紫暗の海と澄み渡りて、真珠の群は、きらきらと、円けき海月光り流るゝ。
サガニー耕地より
(1917年)
上里春生
5分以内
  562 文字
二月半ばのそら、酒室の呼吸を罩めて、風、あまし、温かし円ろかなるこの穹き懐ろに、音もなく彩雲ぞ...
サガニー耕地より 上里春生
二月半ばのそら、酒室の呼吸を罩めて、風、あまし、温かし円ろかなるこの穹き懐ろに、音もなく彩雲ぞ、さすらふなる。
傾ける殿堂
(1917年)
上里春生
5分以内
  1,628 文字
――一切の世界進行を、「自己運動」に於て、自発的発展に於て、生ける実在に於てあるものとして把握...
傾ける殿堂 上里春生
――一切の世界進行を、「自己運動」に於て、自発的発展に於て、生ける実在に於てあるものとして把握する認識の条件は、それらの対立の認識これである。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。