🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める泉芳朗の短編作品

青空文庫で公開されている泉芳朗の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編3作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜3件 / 全3件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
生地売り 泉芳朗
5分以内
  393 文字
ロシヤ人の生地売りは山間の一軒家に宿ってゐた「生地日本ウレナイヨカヨカ」無論誰にも面と向かって...
生地売り 泉芳朗
ロシヤ人の生地売りは山間の一軒家に宿ってゐた「生地日本ウレナイヨカヨカ」無論誰にも面と向かって語ったのではないけれど私は只一語聞いた胸に幾回となく生地売りの言葉をくりかへしたあの一晩中山間のあばら家に耳をそばだてて××の鋭い眼光もて探照してゐた憲兵でも否恐らくこの狭隘な山間に住む人皆に生地売りの哀愁はわからなかった人々は異国人の珍奇を只むさぼり嗤った「...
アコウの木 泉芳朗
5分以内
  240 文字
冬の光は冲天に流れて池面は数日来じめじめ淀んでゐるアカホの木は一つ古木ゆゑに杖のやうに気根をた...
アコウの木 泉芳朗
冬の光は冲天に流れて池面は数日来じめじめ淀んでゐるアカホの木は一つ古木ゆゑに杖のやうに気根をたよりその南の枝に烏は一羽未だ地上に達しない光を貪ってゐる烏はただ黙々と村人たちの悲しい迷信の上に不可思議な運命をまじなひ樹下にたじろぐ二人三人の村人は木梢にうそぶく彼の運命の声に胸をおさへてゐる※このアカホの木に烏がなけば、それは村中に起るべき死人かお産かの前兆であると村人は信じてゐます。
十二月の島だより 泉芳朗
5分以内
  288 文字
十二月ですねもうすっかり冬になったやうな而もまだ秋らしいやうなどちらかと言へば煮切らないお天気...
十二月の島だより 泉芳朗
十二月ですねもうすっかり冬になったやうな而もまだ秋らしいやうなどちらかと言へば煮切らないお天気ですけれども矢張り島の生活はいいですよ昨日も鶯の声がピヨロピヨロやりましてねはにかみやでなきむしの僕にはぴったりふさわしい時季です机にだまりこくって「迷想」をかみしめるにとてもいい時です今日は小雨が哀しく飛んでゐますかぼちゃ畑が黄色にうるんですみっこのやぶかげからは何やら小鳥のおし...
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。