【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

5分以内で読める野村胡堂の短編作品

青空文庫で公開されている野村胡堂の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編8作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜8件 / 全8件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
随筆銭形平次
(1948年)
野村胡堂
5分以内
  968 文字
捕物小説は、ただもう卑俗な、全く無価値な文学であるかの様に読まぬうちから、或いは一寸めくって見...
随筆銭形平次 野村胡堂
5分以内
捕物小説は、ただもう卑俗な、全く無価値な文学であるかの様に読まぬうちから、或いは一寸めくって見て、軽侮する傾向が強いが、これは如何?捕物小説はも一度見なおされるべきではないか。
乱歩氏と私と
(1954年)
野村胡堂
5分以内
  794 文字
江戸川乱歩氏と初めて逢ったのは、今から三十年ほど前の、報知新聞社の応接間であった。
乱歩氏と私と 野村胡堂
5分以内
江戸川乱歩氏と初めて逢ったのは、今から三十年ほど前の、報知新聞社の応接間であった。
最近の犯罪の傾向に就て
(1948年)
野村胡堂
5分以内
  1,095 文字
支那の詐偽、及び犯罪に関するいろいろな徴候を見ると、非常に緻密な組織になっている。
最近の犯罪の傾向に就て 野村胡堂
5分以内
支那の詐偽、及び犯罪に関するいろいろな徴候を見ると、非常に緻密な組織になっている。
芸術としての探偵小説
(1950年)
野村胡堂
5分以内
  903 文字
捕物作家である私は探偵小説のファンとしての立場から、探偵小説に対する私見を述べてみたいと思う。
芸術としての探偵小説 野村胡堂
5分以内
捕物作家である私は探偵小説のファンとしての立場から、探偵小説に対する私見を述べてみたいと思う。
捕物小説のむずかしさ
(1949年)
野村胡堂
5分以内
  1,922 文字
捕物小説を書くことの六つかしさに私は近頃悩み抜いて居る。
捕物小説のむずかしさ 野村胡堂
5分以内
捕物小説を書くことの六つかしさに私は近頃悩み抜いて居る。
無題(故海野十三氏追悼諸家文集)
(1949年)
野村胡堂
5分以内
  515 文字
「海野さんのものを全部読まして下さい」と言って来た、若い電気学生があった。
無題(故海野十三氏追悼諸家文集) 野村胡堂
5分以内
「海野さんのものを全部読まして下さい」と言って来た、若い電気学生があった。
涙香に還れ
(1948年)
野村胡堂
5分以内
  1,951 文字
江戸川乱歩氏が盛んに売り出そうとしている頃、それは確か関東大震災の翌年あたりであったと思う。
涙香に還れ 野村胡堂
5分以内
江戸川乱歩氏が盛んに売り出そうとしている頃、それは確か関東大震災の翌年あたりであったと思う。
随筆銭形平次 野村胡堂
5分以内
  1,982 文字
筆名の由来をよく訊かれる。
随筆銭形平次 野村胡堂
5分以内
筆名の由来をよく訊かれる。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。