🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める野村胡堂の長編作品

青空文庫で公開されている野村胡堂の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編36作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜36件 / 全36件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
楽聖物語 野村あらえびす
1時間〜
  210,592 文字
私は、私の流儀に従って、日頃尊敬する大音楽家の列伝を書いた。
楽聖物語 野村あらえびす
私は、私の流儀に従って、日頃尊敬する大音楽家の列伝を書いた。
胡堂百話 野村胡堂
1時間〜
  137,539 文字
石川啄木やはり、平次誕生から、はじめなければ、ならないかも知れない。
胡堂百話 野村胡堂
石川啄木やはり、平次誕生から、はじめなければ、ならないかも知れない。
銭形平次捕物控
(1953年)
野村胡堂
1時間〜
  59,017 文字
附け文ごつこ「あら、八五郎親分」神田お臺所町、これから親分の錢形平次の家へ朝詣りに行かうといふ...
銭形平次捕物控 野村胡堂
附け文ごつこ「あら、八五郎親分」神田お臺所町、これから親分の錢形平次の家へ朝詣りに行かうといふところで、八五郎は馥郁(ふくいく)たる年増に抱きつかれてしまひました。
銭形平次捕物控
(1949年)
野村胡堂
1時間〜
  35,353 文字
發端篇「お早う、親分」「何んだ八か、今日あたりはお前の大變が舞ひ込みさうな陽氣だと思つたよ。
銭形平次捕物控 野村胡堂
發端篇「お早う、親分」「何んだ八か、今日あたりはお前の大變が舞ひ込みさうな陽氣だと思つたよ。
銭形平次捕物控
(1952年)
野村胡堂
1時間〜
  26,599 文字
發端篇「親分、變なことを聽きましたがね」ガラツ八の八五郎は、薫風に鼻をふくらませて、明神下の平...
銭形平次捕物控 野村胡堂
發端篇「親分、變なことを聽きましたがね」ガラツ八の八五郎は、薫風に鼻をふくらませて、明神下の平次の家の、庭先から顎を出しました。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  29,974 文字
「日本一の面白い話があるんですが、親分」ガラツ八の八五郎、こみ上げる笑ひを噛みしめながら、ニヤ...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「日本一の面白い話があるんですが、親分」ガラツ八の八五郎、こみ上げる笑ひを噛みしめながら、ニヤリニヤリと入つて來るのです。
大江戸黄金狂
(1939年)
野村胡堂
1時間〜
  30,561 文字
第一の手紙山浦丈太郎は、不思議な手紙を受取りました。
大江戸黄金狂 野村胡堂
第一の手紙山浦丈太郎は、不思議な手紙を受取りました。
銭形平次捕物控
(1954年)
野村胡堂
1時間〜
  33,562 文字
錢形の平次は、椽側の日向に座布團を持出して、その上に大胡坐をかくと、女房のお靜は後ろに廻つて、...
銭形平次捕物控 野村胡堂
錢形の平次は、椽側の日向に座布團を持出して、その上に大胡坐をかくと、女房のお靜は後ろに廻つて、片襷をしたまゝ、月代を剃(そ)つて居りました。
銭形平次捕物控
(1954年)
野村胡堂
1時間〜
  33,880 文字
「親分の前だが、江戸といふところは、面白いところですね」松もまだ取れないのに、ガラツ八の八五郎...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分の前だが、江戸といふところは、面白いところですね」松もまだ取れないのに、ガラツ八の八五郎はもう、江戸の新聞種を仕入れて來た樣子です。
銭形平次捕物控
(1951年)
野村胡堂
1時間〜
  25,019 文字
「親分、大變ツ」日本一の淺黄空、江戸の町々は漸く活氣づいて、晴がましい初日の光の中に動き出した...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、大變ツ」日本一の淺黄空、江戸の町々は漸く活氣づいて、晴がましい初日の光の中に動き出した時、八五郎はあわてふためいて、明神下の平次の家へ飛び込んで來たのです。
銭形平次捕物控
(1952年)
野村胡堂
1時間〜
  26,356 文字
發端篇「親分、大變ツ」八五郎の大變が、神田明神下の錢形平次の家へ飛び込んで來たのは、その晩もや...
銭形平次捕物控 野村胡堂
發端篇「親分、大變ツ」八五郎の大變が、神田明神下の錢形平次の家へ飛び込んで來たのは、その晩もやがて亥刻半(十一時)近い頃でした。
銭形平次捕物控
(1952年)
野村胡堂
1時間〜
  26,661 文字
發端篇「親分。
銭形平次捕物控 野村胡堂
發端篇「親分。
銭形平次捕物控
(1951年)
野村胡堂
1時間〜
  27,110 文字
「あ、錢形の兄さん」平次は兩國橋の上で呼留められました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「あ、錢形の兄さん」平次は兩國橋の上で呼留められました。
銭形平次捕物控
(1951年)
野村胡堂
1時間〜
  27,634 文字
【第一回】その晩、出雲屋の小梅の寮は、ハチ切れそうな騒ぎでした。
銭形平次捕物控 野村胡堂
【第一回】その晩、出雲屋の小梅の寮は、ハチ切れそうな騒ぎでした。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  27,689 文字
【第一回】運座の帰り、吾妻屋永左衛門は、お弓町の淋しい通りを本郷三丁目の自分の家へ急いで居りました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
【第一回】運座の帰り、吾妻屋永左衛門は、お弓町の淋しい通りを本郷三丁目の自分の家へ急いで居りました。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  27,828 文字
運座の歸り、吾妻屋永左衞門は、お弓町の淋しい通りを本郷三丁目の自分の家へ急いでをりました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
運座の歸り、吾妻屋永左衞門は、お弓町の淋しい通りを本郷三丁目の自分の家へ急いでをりました。
銭形平次捕物控
(1951年)
野村胡堂
1時間〜
  27,990 文字
「世の中に何が臆病と言つたつて、二本差の武家ほど氣の小さいものはありませんね」八五郎はまた、途...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「世の中に何が臆病と言つたつて、二本差の武家ほど氣の小さいものはありませんね」八五郎はまた、途方もない哲學を持ち込んで來るのです。
銭形平次捕物控
(1951年)
野村胡堂
1時間〜
  28,019 文字
【第一回】「世の中に何が臆病と言ったって、二本差の武家ほど気の小さいものはありませんね」八五郎...
銭形平次捕物控 野村胡堂
【第一回】「世の中に何が臆病と言ったって、二本差の武家ほど気の小さいものはありませんね」八五郎はまた、途方もない哲学を持ち込んで来るのです。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  28,092 文字
【第一回】「親分は、恋の病というのをやったことがありますか」ガラ八の八五郎は、大した極りを悪が...
銭形平次捕物控 野村胡堂
【第一回】「親分は、恋の病というのをやったことがありますか」ガラ八の八五郎は、大した極りを悪がりもせずに、人様にこんなことを訊(き)く人間だったのです。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  28,121 文字
【第一回】その頃江戸中を荒した、凶賊黒旋風には、さすがの銭形平次も全く手を焼いてしまいました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
【第一回】その頃江戸中を荒した、凶賊黒旋風には、さすがの銭形平次も全く手を焼いてしまいました。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  28,337 文字
【第一回】「親分、近頃は滅多に両国へも行きませんね」八五郎は相変らず何んかネタを持って来た様子です。
銭形平次捕物控 野村胡堂
【第一回】「親分、近頃は滅多に両国へも行きませんね」八五郎は相変らず何んかネタを持って来た様子です。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  28,343 文字
「親分は、戀の病ひといふのをやつたことがありますか」ガラツ八の八五郎は、たいして極りを惡がりも...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分は、戀の病ひといふのをやつたことがありますか」ガラツ八の八五郎は、たいして極りを惡がりもせずに、人樣にこんなことを訊く人間だつたのです。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  28,734 文字
【第一回】「親分、世の中にこの綺麗なものを見ると痛めつけたくなるというのは、一番悪い量見じゃあ...
銭形平次捕物控 野村胡堂
【第一回】「親分、世の中にこの綺麗なものを見ると痛めつけたくなるというのは、一番悪い量見じゃありませんか、ね」八五郎が入って来ると、いきなりお先煙草を五、六服、さて、感に堪えたように、こんなことを言い出すのです。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  28,921 文字
江戸八百八丁が、たつた四半刻のうちに洗ひ流されるのではあるまいか――と思ふほどの大夕立でした。
銭形平次捕物控 野村胡堂
江戸八百八丁が、たつた四半刻のうちに洗ひ流されるのではあるまいか――と思ふほどの大夕立でした。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  28,936 文字
【第一回】江戸八百八町が、たった四半刻のうちに洗い流されるのではあるまいか――と思うほどの大夕...
銭形平次捕物控 野村胡堂
【第一回】江戸八百八町が、たった四半刻のうちに洗い流されるのではあるまいか――と思うほどの大夕立でした。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  29,214 文字
【第一回】「親分、ありゃ何んです」観音様にお詣りした帰り、雷門へ出ると、人混みの中に大変な騒ぎ...
銭形平次捕物控 野村胡堂
【第一回】「親分、ありゃ何んです」観音様にお詣りした帰り、雷門へ出ると、人混みの中に大変な騒ぎが始まって居りました。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  29,266 文字
「親分、ありや何んです」觀音樣にお詣りした歸り、雷門へ出ると、人混みの中に大變な騷ぎが始まつて...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、ありや何んです」觀音樣にお詣りした歸り、雷門へ出ると、人混みの中に大變な騷ぎが始まつてをりました。
水中の宮殿
(1934年)
野村胡堂
1時間〜
  30,140 文字
父の汚名を雪ぐ――大事な使命「お嬢様、大急ぎで鎌倉の翠川様の別荘へいらしって下さい」「どうした...
水中の宮殿 野村胡堂
父の汚名を雪ぐ――大事な使命「お嬢様、大急ぎで鎌倉の翠川様の別荘へいらしって下さい」「どうしたの、爺や」「どうもしませんが、夏休になったら、泊りにいらっしゃるお約束じゃございませんでしたか」「でも、爺や一人で不自由な事はない?」「私はもう六十八ですもの、どんな事があったって驚きやしません」「まア、なんかあったの爺や」立花博士の遺児、今年十四になる綾子は、呆気に取られて正平爺やの顔を見詰めました。
笑う悪魔
(1948年)
野村胡堂
1時間〜
  30,822 文字
夜の編輯局「勇、一杯つき合わないか、ガード下のお光っちゃんは、怨んで居たぞ、――近頃早坂さんは...
笑う悪魔 野村胡堂
夜の編輯局「勇、一杯つき合わないか、ガード下のお光っちゃんは、怨んで居たぞ、――近頃早坂さんは、何処か良い穴が出来たんじゃないかって――」古参の外交記者で、十年も警視庁のクラブの主にされて居る虎井満十が、編輯助手の卓の上へ、横合から薄禿げた頭を突き出して斯(こ)んなことを言うのです。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  31,289 文字
「親分、この世の中といふものは――」愛稱ガラツ八の八五郎が、お先煙草を五匁ほど燻(くん)じて、...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、この世の中といふものは――」愛稱ガラツ八の八五郎が、お先煙草を五匁ほど燻(くん)じて、鐵瓶を一パイ空つぽにして、さてこんな事を言ひ出すのです。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  31,834 文字
【第一回】「親分、良い新造が来たでしょう、こう小股の切上った、白色で、ポチャ/\した」「馬鹿野...
銭形平次捕物控 野村胡堂
【第一回】「親分、良い新造が来たでしょう、こう小股の切上った、白色で、ポチャ/\した」「馬鹿野郎」銭形平次は思わず一喝を食わせました。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  32,181 文字
「親分、良い新造が來たでせう。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、良い新造が來たでせう。
銭形平次捕物控
(1950年)
野村胡堂
1時間〜
  34,471 文字
「親分、面白い話がありますよ」お馴染のガラツ八こと八五郎、髷節へ赤蜻蛉を留めたまゝ、明神下の錢...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、面白い話がありますよ」お馴染のガラツ八こと八五郎、髷節へ赤蜻蛉を留めたまゝ、明神下の錢形平次の家へ、庭木戸を押しあけて、ノソリと入つて來ました。
幻術天魔太郎 野村胡堂
1時間〜
  50,125 文字
家光を狙う曲者駿河太郎は、首尾よく千代田城本丸の石垣のかげに身をひそめました。
幻術天魔太郎 野村胡堂
家光を狙う曲者駿河太郎は、首尾よく千代田城本丸の石垣のかげに身をひそめました。
銭形平次捕物控
(1953年)
野村胡堂
1時間〜
  56,922 文字
凉み舟「大層な人ですね、親分」兩國橋の上、ガラツ八の八五郎は、人波に押されながら、欄干で顎を撫...
銭形平次捕物控 野村胡堂
凉み舟「大層な人ですね、親分」兩國橋の上、ガラツ八の八五郎は、人波に押されながら、欄干で顎を撫でてをります。
銭形平次捕物控
(1953年)
野村胡堂
1時間〜
  65,828 文字
源氏長屋の怪いつものやうに、この話は、八五郎の早耳帳から始まります。
銭形平次捕物控 野村胡堂
源氏長屋の怪いつものやうに、この話は、八五郎の早耳帳から始まります。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。