🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める野村胡堂の短編作品

青空文庫で公開されている野村胡堂の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編52作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全52件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
随筆銭形平次
(1950年)
江戸川乱歩
30分以内
  5,244 文字
「銭形平次」で世界的多作家に江戸川乱歩ずいぶん書いたね。
随筆銭形平次 江戸川乱歩
「銭形平次」で世界的多作家に江戸川乱歩ずいぶん書いたね。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1946年)
野村胡堂
30分以内
  11,968 文字
プロローグ何年目かで開かれた、それは本当に久し振りの「奇談クラブ」でした。
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
プロローグ何年目かで開かれた、それは本当に久し振りの「奇談クラブ」でした。
随筆銭形平次 野村胡堂
30分以内
  5,133 文字
あの荒唐無稽な『西遊記』などを読まなかったら、私は物理学者にならなかったであろう――と、いう意...
随筆銭形平次 野村胡堂
あの荒唐無稽な『西遊記』などを読まなかったら、私は物理学者にならなかったであろう――と、いう意味のことを、雪の学者中谷宇吉郎博士が、なんかに書いていたのを見たことがある。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
30分以内
  11,751 文字
プロローグ「徳川時代の大名生活のただれ切った馬鹿馬鹿しさは話しても話しても話し切れませんが、私...
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
プロローグ「徳川時代の大名生活のただれ切った馬鹿馬鹿しさは話しても話しても話し切れませんが、私にもその一つ、取って置きの面白い話があるのです」話し手の宇佐美金太郎は、こんな調子で始めました。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
30分以内
  11,959 文字
プロローグ「あらゆる偶然は可能だ、と笠森仙太郎は信じておりました。
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
プロローグ「あらゆる偶然は可能だ、と笠森仙太郎は信じておりました。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
30分以内
  10,474 文字
プロローグ「徳川時代にも、幾度か璽光様のようなのが現われました。
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
プロローグ「徳川時代にも、幾度か璽光様のようなのが現われました。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
30分以内
  11,504 文字
クラブ復活「皆様、丁度十五年目でこの奇談クラブの会合を開きました。
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
クラブ復活「皆様、丁度十五年目でこの奇談クラブの会合を開きました。
銭形平次捕物控
(1947年)
野村胡堂
30分以内
  11,187 文字
「親分、四谷忍町の小松屋といふのを御存じですか」「聞いたことがあるやうだな――山の手では分限の...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、四谷忍町の小松屋といふのを御存じですか」「聞いたことがあるやうだな――山の手では分限のうちに數へられてゐる地主か何んかだらう」錢形平次が狹い庭に下りて、道樂の植木の世話を燒いて居ると、低い木戸の上に顎をのつけるやうに、ガラツ八の八五郎が聲を掛けるのでした。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,397 文字
「親分、變なことがあるんだが――」ガラツ八の八五郎は、大きな鼻の穴をひろげて、日本一のキナ臭い...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、變なことがあるんだが――」ガラツ八の八五郎は、大きな鼻の穴をひろげて、日本一のキナ臭い顏を親分の前へ持つて來たのでした。
平次と生きた二十七年
(1957年)
野村胡堂
30分以内
  7,344 文字
愛情主義の平次「銭形平次」を書き始めて、もう二十七年になる。
平次と生きた二十七年 野村胡堂
愛情主義の平次「銭形平次」を書き始めて、もう二十七年になる。
銭形平次捕物控
(1940年)
野村胡堂
30分以内
  11,935 文字
「ね、親分、こいつは珍しいでせう」ガラツ八の八五郎は、旋風のやうに飛込んで來ると、いきなり自分...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「ね、親分、こいつは珍しいでせう」ガラツ八の八五郎は、旋風のやうに飛込んで來ると、いきなり自分の鼻を撫で上げるのでした。
銭形平次捕物控
(1951年)
野村胡堂
30分以内
  9,850 文字
「八、その十手を見せびらかすのを止してくれないか」「へエ、斯うやりや宜いんでせう。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「八、その十手を見せびらかすのを止してくれないか」「へエ、斯うやりや宜いんでせう。
眠り人形
(1929年)
野村胡堂
30分以内
  8,386 文字
「お母様、泣いていらっしゃるの?」よし子は下からのぞくように、母親の顔を見上げました。
眠り人形 野村胡堂
「お母様、泣いていらっしゃるの?」よし子は下からのぞくように、母親の顔を見上げました。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,479 文字
金座、銀座、錢座、朱座と並んで、江戸幕府の大事な機構の一つに、秤座といふのがありました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
金座、銀座、錢座、朱座と並んで、江戸幕府の大事な機構の一つに、秤座といふのがありました。
死の舞踏
(1928年)
野村胡堂
30分以内
  11,674 文字
「珍らしい事があるものだネ、東京の佐良井から手紙が来たよ」「幽香子さんからですか」「イヤ、あの...
死の舞踏 野村胡堂
「珍らしい事があるものだネ、東京の佐良井から手紙が来たよ」「幽香子さんからですか」「イヤ、あの厭(いや)な亭主野郎からだ」「まあ」愛子は、その可愛らしい眼を一杯にあけて、非難するような、だけど、少し道化たような表情を私に見せるのでした。
銭形平次捕物控
(1944年)
野村胡堂
30分以内
  11,475 文字
「親分、怖い話があるんだが――」ガラツ八の八五郎が、息を切らして飛込みました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、怖い話があるんだが――」ガラツ八の八五郎が、息を切らして飛込みました。
銭形平次捕物控
(1948年)
野村胡堂
30分以内
  11,727 文字
「親分、變なことがあるんだが――」「お前に言はせると、世の中のことは皆んな變だよ。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、變なことがあるんだが――」「お前に言はせると、世の中のことは皆んな變だよ。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,420 文字
「八、居るか」向柳原の伯母さんの二階に、獨り者の氣樂な朝寢をしてゐる八五郎は、往來から聲を掛け...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「八、居るか」向柳原の伯母さんの二階に、獨り者の氣樂な朝寢をしてゐる八五郎は、往來から聲を掛けられて、ガバと飛起きました。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,196 文字
「親分、元飯田町の騷ぎを御存じですかえ」「何んだい、元飯田町に何があつたんだ」ガラツ八の八五郎...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、元飯田町の騷ぎを御存じですかえ」「何んだい、元飯田町に何があつたんだ」ガラツ八の八五郎がヌツと入ると、見通しの縁側に踞(しやが)んで、朝の煙草にして居る平次は、氣の無い顏を振り向けるのでした。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,079 文字
柳原の土手下、丁度御郡代屋敷前の滅法淋しい處に生首が一つ轉がつて居りました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
柳原の土手下、丁度御郡代屋敷前の滅法淋しい處に生首が一つ轉がつて居りました。
天才兄妹
(1928年)
野村胡堂
30分以内
  10,795 文字
「お嬢さん、あなたはヴァイオリンをひきますか」隣席の西洋人は、かなり上手な日本語で、斯(こ)う...
天才兄妹 野村胡堂
「お嬢さん、あなたはヴァイオリンをひきますか」隣席の西洋人は、かなり上手な日本語で、斯(こ)う信子に話しかけました。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,825 文字
「八、久しく顏を見せなかつたな」錢形の平次は縁側一パイの三文盆栽を片付けて、子分の八五郎の爲に...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「八、久しく顏を見せなかつたな」錢形の平次は縁側一パイの三文盆栽を片付けて、子分の八五郎の爲に座を作つてやり乍ら、煙草盆を引寄せて、甲斐性のない粉煙草をせゝるのでした。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,469 文字
「親分、變な事があるんだが――」ガラツ八の八五郎が、鼻をヒクヒクさせ乍ら來たのは、後の月が過ぎ...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、變な事があるんだが――」ガラツ八の八五郎が、鼻をヒクヒクさせ乍ら來たのは、後の月が過ぎて、江戸も冬仕度に忙しいある朝のことでした。
随筆銭形平次 野村胡堂
30分以内
  4,092 文字
明治二十五年頃から、十年位の間、日本にも一としきり探偵小説の氾濫時代があった。
随筆銭形平次 野村胡堂
明治二十五年頃から、十年位の間、日本にも一としきり探偵小説の氾濫時代があった。
銭形平次捕物控
(1930年)
野村胡堂
30分以内
  4,655 文字
明神下の銭形の平次の家へ通ると、八五郎は開き直って年始のあいさつを申述べるのです。
銭形平次捕物控 野村胡堂
明神下の銭形の平次の家へ通ると、八五郎は開き直って年始のあいさつを申述べるのです。
平次放談 野村胡堂
30分以内
  5,192 文字
江戸のよさ江戸のよさということを、いまの人は忘れていると思います。
平次放談 野村胡堂
江戸のよさ江戸のよさということを、いまの人は忘れていると思います。
銭形平次打明け話 野村胡堂
30分以内
  5,866 文字
昭和六年のある春の日の午後のことである、かねて顔見知りで、同じ鎌倉に住んでいる菅忠雄君が、その...
銭形平次打明け話 野村胡堂
昭和六年のある春の日の午後のことである、かねて顔見知りで、同じ鎌倉に住んでいる菅忠雄君が、その当時報知新聞記者であった私を訪ねて来て、二階の応接間でこう話したのである。
随筆銭形平次 野村胡堂
30分以内
  6,774 文字
吉田首相が「銭形平次」を読むとか読まないとかで、かなりうるさい問題を巻き起こした。
随筆銭形平次 野村胡堂
吉田首相が「銭形平次」を読むとか読まないとかで、かなりうるさい問題を巻き起こした。
随筆銭形平次 野村胡堂
30分以内
  7,541 文字
捕物小説というものを、私は四百二三十篇は書いているだろう。
随筆銭形平次 野村胡堂
捕物小説というものを、私は四百二三十篇は書いているだろう。
随筆銭形平次 野村胡堂
30分以内
  7,606 文字
銭形平次の住居は――神田明神下のケチな長屋、町名をはっきり申上げると、神田お台所町、もう少し詳...
随筆銭形平次 野村胡堂
銭形平次の住居は――神田明神下のケチな長屋、町名をはっきり申上げると、神田お台所町、もう少し詳しくいえば鰻(うなぎ)の神田川の近所、後ろは共同井戸があって、ドブ板は少し腐って、路地には白犬が寝そべっている。
向日葵の眼
(1929年)
野村胡堂
30分以内
  9,894 文字
麗子の嘆き「あら、麗子さん、どうなすったの」「あッ、加奈子さん」「近頃学校へもいらっしゃらない...
向日葵の眼 野村胡堂
麗子の嘆き「あら、麗子さん、どうなすったの」「あッ、加奈子さん」「近頃学校へもいらっしゃらないし、みんなで心配して居てよ、――それに顔色も悪いわ、どうなすったの本当に」「困った事が起ったの、加奈子さん、私どうしたらいいでしょう」加奈子は、お使いに行った帰り上野の竹の台で、お友達の麗子にバッタリ出逢ったのでした。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,117 文字
柳原の土手下、ちょうど御郡代屋敷前の滅法淋しいところに生首が一つ転がっておりました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
柳原の土手下、ちょうど御郡代屋敷前の滅法淋しいところに生首が一つ転がっておりました。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,231 文字
「親分、元飯田町の騒ぎを御存じですかえ」「なんだい、元飯田町に何があったんだ」ガラッ八の八五郎...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、元飯田町の騒ぎを御存じですかえ」「なんだい、元飯田町に何があったんだ」ガラッ八の八五郎がヌッと入ると、見通しの縁側に踞(しゃが)んで、朝の煙草にしている平次は、気のない顔を振り向けるのでした。
銭形平次捕物控
(1942年)
野村胡堂
30分以内
  11,255 文字
「親分」「何んだ、八。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分」「何んだ、八。
銭形平次捕物控
(1942年)
野村胡堂
30分以内
  11,357 文字
「親分」「何だ、八。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分」「何だ、八。
銭形平次捕物控
(1953年)
野村胡堂
30分以内
  11,389 文字
錢形平次は久し振りに田舍祭を見物に出かけました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
錢形平次は久し振りに田舍祭を見物に出かけました。
銭形平次捕物控
(1947年)
野村胡堂
30分以内
  11,403 文字
「親分妙なことがありますよ」ガラツ八の八五郎は、入つて來るといきなり洒落た懷中煙草入を出して、...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分妙なことがありますよ」ガラツ八の八五郎は、入つて來るといきなり洒落た懷中煙草入を出して、良い匂ひの煙草を立て續けに二三服喫ひ續けるのでした。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,442 文字
「親分、変なことがあるんだが――」ガラッ八の八五郎は、大きな鼻の穴をひろげて、日本一のキナ臭い...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、変なことがあるんだが――」ガラッ八の八五郎は、大きな鼻の穴をひろげて、日本一のキナ臭い顔を親分の前へ持って来たのでした。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,472 文字
「八、居るか」向柳原の叔母さんの二階に、独り者の気楽な朝寝をしている八五郎は、往来から声を掛け...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「八、居るか」向柳原の叔母さんの二階に、独り者の気楽な朝寝をしている八五郎は、往来から声を掛けられて、ガバと飛起きました。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,474 文字
金座、銀座、銭座、朱座と並んで、江戸幕府の大事な機構の一つに、秤座というのがありました。
銭形平次捕物控 野村胡堂
金座、銀座、銭座、朱座と並んで、江戸幕府の大事な機構の一つに、秤座というのがありました。
奇談クラブ〔戦後版〕
(1947年)
野村胡堂
30分以内
  11,490 文字
プロローグその夜の話し手遠藤盛近は、山羊※(やぎひげ)の萎びた中老人で、羊羹色になった背広の、...
奇談クラブ〔戦後版〕 野村胡堂
プロローグその夜の話し手遠藤盛近は、山羊※(やぎひげ)の萎びた中老人で、羊羹色になった背広の、カフスから飛出すシャツを気にし乍(なが)ら、老眼鏡の玉を五分間に一度位ずつの割りで拭き拭き、見掛けに依らぬ良いバリトンで、こう話し始めました。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,495 文字
「親分、ちと出かけちやどうです。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、ちと出かけちやどうです。
銭形平次捕物控
(1944年)
野村胡堂
30分以内
  11,507 文字
「錢形平次親分といふのはお前樣かね」中年輩の駄馬に布子を着せたやうな百姓男が、平次の家の門口に...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「錢形平次親分といふのはお前樣かね」中年輩の駄馬に布子を着せたやうな百姓男が、平次の家の門口にノツソリと立ちました。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,521 文字
「親分、ちと出かけちゃどうです。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、ちと出かけちゃどうです。
銭形平次捕物控
(1947年)
野村胡堂
30分以内
  11,551 文字
「親分、お早やうございます。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、お早やうございます。
銭形平次捕物控
(1942年)
野村胡堂
30分以内
  11,558 文字
「フーム」要屋の隱居山右衞門は、芝神明前のとある夜店の古道具屋の前に突つ立つたきり、暫くは唸(...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「フーム」要屋の隱居山右衞門は、芝神明前のとある夜店の古道具屋の前に突つ立つたきり、暫くは唸(うな)つてをりました。
銭形平次捕物控
(1944年)
野村胡堂
30分以内
  11,570 文字
「親分、旅をしませんか、良い陽氣ですぜ」ガラツ八の八五郎はまた斯(こ)んな途方もないことを持込...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分、旅をしませんか、良い陽氣ですぜ」ガラツ八の八五郎はまた斯(こ)んな途方もないことを持込んで來たのです。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,573 文字
「親分は?お靜さん」久し振りに來たお品は、挨拶が濟むと、斯(か)う狹(せま)い家の中を見廻すの...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分は?お靜さん」久し振りに來たお品は、挨拶が濟むと、斯(か)う狹(せま)い家の中を見廻すのでした。
銭形平次捕物控
(1943年)
野村胡堂
30分以内
  11,605 文字
「親分は?お静さん」久し振りに来たお品は、挨拶が済むと、こう狭い家の中を見廻すのでした。
銭形平次捕物控 野村胡堂
「親分は?お静さん」久し振りに来たお品は、挨拶が済むと、こう狭い家の中を見廻すのでした。
銭形平次捕物控
(1942年)
野村胡堂
30分以内
  11,606 文字
「フーム」要屋の隠居山右衛門は、芝神明前のとある夜店の古道具屋の前に突っ立ったきり、しばらくは...
銭形平次捕物控 野村胡堂
「フーム」要屋の隠居山右衛門は、芝神明前のとある夜店の古道具屋の前に突っ立ったきり、しばらくは唸(うな)っておりました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。