🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める横光利一の中編作品

青空文庫で公開されている横光利一の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編10作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜10件 / 全10件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
機械
(1930年)
横光利一
60分以内
  22,083 文字
初めの間は私は私の家の主人が狂人ではないのかとときどき思った。
機械 横光利一
初めの間は私は私の家の主人が狂人ではないのかとときどき思った。
花園の思想
(1927年)
横光利一
60分以内
  15,057 文字
丘の先端の花の中で、透明な日光室が輝いていた。
花園の思想 横光利一
丘の先端の花の中で、透明な日光室が輝いていた。
スフィンクス(覚書) 横光利一
60分以内
  12,970 文字
愛を言葉に出して表現するということは日本人には難しい。
スフィンクス(覚書) 横光利一
愛を言葉に出して表現するということは日本人には難しい。
純粋小説論 横光利一
60分以内
  12,997 文字
もし文芸復興というべきことがあるものなら、純文学にして通俗小説、このこと以外に、文芸復興は絶対...
純粋小説論 横光利一
もし文芸復興というべきことがあるものなら、純文学にして通俗小説、このこと以外に、文芸復興は絶対に有り得ない、と今も私は思っている。
マルクスの審判
(1923年)
横光利一
60分以内
  14,387 文字
市街を貫いて来た一条の道路が遊廓街へ入らうとする首の所を鉄道が横切つてゐる。
マルクスの審判 横光利一
市街を貫いて来た一条の道路が遊廓街へ入らうとする首の所を鉄道が横切つてゐる。
御身 横光利一
60分以内
  15,020 文字
御身横光利末雄が本を見ていると母が尺(さし)を持って上って来た。
御身 横光利一
御身横光利末雄が本を見ていると母が尺(さし)を持って上って来た。
横光利一
60分以内
  15,958 文字
鳥横光利リカ子はときどき私の顔を盗見するように艶のある眼を上げた。
横光利一
鳥横光利リカ子はときどき私の顔を盗見するように艶のある眼を上げた。
時間 横光利一
60分以内
  16,963 文字
時間横光利私達を養っていてくれた座長が外出したまま一週間しても一向に帰って来ないので、或る日高...
時間 横光利一
時間横光利私達を養っていてくれた座長が外出したまま一週間しても一向に帰って来ないので、或る日高木が座長の残していった行李を開けてみると中には何も這入(はい)っていない。
罌粟の中 横光利一
60分以内
  17,271 文字
罌粟(けし)の中横光利しばらく芝生の堤が眼の高さでつづいた。
罌粟の中 横光利一
罌粟(けし)の中横光利しばらく芝生の堤が眼の高さでつづいた。
南北
(1921年)
横光利一
60分以内
  22,469 文字
村では秋の収穫時が済んだ。
南北 横光利一
村では秋の収穫時が済んだ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。