🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める山之口貘の短編作品

青空文庫で公開されている山之口貘の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜6件 / 全6件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
詩とはなにか
(1958年)
山之口貘
30分以内
  5,898 文字
詩を書き出してから、すでに四十年に近いのであるが、さてしかし、詩とはなにかと来られると四十年の...
詩とはなにか 山之口貘
詩を書き出してから、すでに四十年に近いのであるが、さてしかし、詩とはなにかと来られると四十年の年月もぐらつくみたいで先ず、当惑をもって答えるしかないのである。
私の青年時代
(1963年)
山之口貘
30分以内
  7,994 文字
人間は、生れてしばらくの間を赤ん坊と言われ、そのうちに幼年、少年、青年、壮年、老年という順を経...
私の青年時代 山之口貘
人間は、生れてしばらくの間を赤ん坊と言われ、そのうちに幼年、少年、青年、壮年、老年という順を経て、墓場に永住することになるわけである。
ダルマ船日記
(1937年)
山之口貘
30分以内
  8,724 文字
×月×日金眼を覚ましてみると、側に寝ていた筈の六さんの姿は見えなかった。
ダルマ船日記 山之口貘
×月×日金眼を覚ましてみると、側に寝ていた筈の六さんの姿は見えなかった。
酒友列伝 山之口貘
30分以内
  6,424 文字
十年を一昔とみれば、昔の昔の昔から、ぼくは酒を飲んで来たわけである。
酒友列伝 山之口貘
十年を一昔とみれば、昔の昔の昔から、ぼくは酒を飲んで来たわけである。
貧乏を売る 山之口貘
30分以内
  6,008 文字
この間のことである。
貧乏を売る 山之口貘
この間のことである。
野宿
(1950年)
山之口貘
30分以内
  8,409 文字
あとになって、きいたことなのであるが、ずっと前にそこに住んでいたうちの娘さんが、毒をのんで便所...
野宿 山之口貘
あとになって、きいたことなのであるが、ずっと前にそこに住んでいたうちの娘さんが、毒をのんで便所のなかで死んでいたという噂のある家なのである。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。