🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める江戸川乱歩の長編作品

青空文庫で公開されている江戸川乱歩の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編45作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜45件 / 全45件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
怪人二十面相
(1936年)
江戸川乱歩
1時間〜
  119,605 文字
はしがきそのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、ま...
怪人二十面相 江戸川乱歩
はしがきそのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
パノラマ島綺譚
(1926年)
江戸川乱歩
1時間〜
  83,888 文字
同じM県に住んでいる人でも、多くは気づかないでいるかも知れません。
パノラマ島綺譚 江戸川乱歩
同じM県に住んでいる人でも、多くは気づかないでいるかも知れません。
心理試験
(1925年)
江戸川乱歩
1時間〜
  24,322 文字
蕗屋清一郎が、何故これから記す様な恐ろしい悪事を思立ったか、その動機については詳しいことは分らぬ。
心理試験 江戸川乱歩
蕗屋清一郎が、何故これから記す様な恐ろしい悪事を思立ったか、その動機については詳しいことは分らぬ。
屋根裏の散歩者
(1925年)
江戸川乱歩
1時間〜
  30,767 文字
多分それは一種の精神病ででもあったのでしょう。
屋根裏の散歩者 江戸川乱歩
多分それは一種の精神病ででもあったのでしょう。
赤いカブトムシ
(1958年)
江戸川乱歩
1時間〜
  25,906 文字
あるにちよう日のごご、丹下サト子ちゃんと、木村ミドリちゃんと、野崎サユリちゃんの三人が、友だち...
赤いカブトムシ 江戸川乱歩
あるにちよう日のごご、丹下サト子ちゃんと、木村ミドリちゃんと、野崎サユリちゃんの三人が、友だちのところへあそびに行ったかえりに、世田谷区のさびしい町を、手をつないで歩いていました。
黒蜥蜴
(1934年)
江戸川乱歩
1時間〜
  117,678 文字
暗黒街の女王この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
黒蜥蜴 江戸川乱歩
暗黒街の女王この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。
少年探偵団
(1937年)
江戸川乱歩
1時間〜
  111,232 文字
黒い魔物そいつは全身、墨を塗ったような、おそろしくまっ黒なやつだということでした。
少年探偵団 江戸川乱歩
黒い魔物そいつは全身、墨を塗ったような、おそろしくまっ黒なやつだということでした。
悪魔の紋章
(1937年)
江戸川乱歩
1時間〜
  164,879 文字
劈頭の犠牲者法医学界の一権威宗像隆一郎博士が、丸の内のビルディングに宗像研究室を設け、犯罪事件...
悪魔の紋章 江戸川乱歩
劈頭の犠牲者法医学界の一権威宗像隆一郎博士が、丸の内のビルディングに宗像研究室を設け、犯罪事件の研究と探偵の事業を始めてからもう数年になる。
一寸法師
(1926年)
江戸川乱歩
1時間〜
  104,562 文字
作者の言葉私は探偵小説を書くのですが、探偵小説といっても、現在では色々の傾向に分れていて、昔の...
一寸法師 江戸川乱歩
作者の言葉私は探偵小説を書くのですが、探偵小説といっても、現在では色々の傾向に分れていて、昔の探偵小説という感じからは非常に遠いものもあるのです。
怪奇四十面相
(1952年)
江戸川乱歩
1時間〜
  100,046 文字
二十面相の改名「透明怪人」の事件で、名探偵、明智小五郎に、正体を見やぶられた怪人二十面相は、そ...
怪奇四十面相 江戸川乱歩
二十面相の改名「透明怪人」の事件で、名探偵、明智小五郎に、正体を見やぶられた怪人二十面相は、そのまま警視庁の留置場に入れられ、いちおう、とりしらべをうけたのち、未決囚として東京都内のI拘置所に、ぶちこまれてしまいました。
探偵小説の「謎」
(1954年)
江戸川乱歩
1時間〜
  125,885 文字
序――この本のなりたち社会思想研究会出版部のすすめによって、私の随筆の中から、探偵小説のトリッ...
探偵小説の「謎」 江戸川乱歩
序――この本のなりたち社会思想研究会出版部のすすめによって、私の随筆の中から、探偵小説のトリックを解説したものを集めてみた。
吸血鬼
(1930年)
江戸川乱歩
1時間〜
  212,829 文字
作者の言葉この物語の主人公は、彼のバルカン地方の伝説『吸血鬼』にも比すべき、人界の悪魔である。
吸血鬼 江戸川乱歩
作者の言葉この物語の主人公は、彼のバルカン地方の伝説『吸血鬼』にも比すべき、人界の悪魔である。
妖怪博士
(1938年)
江戸川乱歩
1時間〜
  139,922 文字
奇怪な老人空いちめん、白い雲におおわれた、どんよりとむしあつい、春の日曜日の夕方のことでした。
妖怪博士 江戸川乱歩
奇怪な老人空いちめん、白い雲におおわれた、どんよりとむしあつい、春の日曜日の夕方のことでした。
ふしぎな人
(1958年)
江戸川乱歩
1時間〜
  49,576 文字
マントにんぎょうのまききむらたけしくんは、しょうがっこうの二ねん生で、とうきょうのひろいおうち...
ふしぎな人 江戸川乱歩
マントにんぎょうのまききむらたけしくんは、しょうがっこうの二ねん生で、とうきょうのひろいおうちにすんでいました。
サーカスの怪人
(1957年)
江戸川乱歩
1時間〜
  83,517 文字
骸骨紳士ある夕がた、少年探偵団の名コンビ井上一郎君とノロちゃんとが、世田谷区のさびしいやしきま...
サーカスの怪人 江戸川乱歩
骸骨紳士ある夕がた、少年探偵団の名コンビ井上一郎君とノロちゃんとが、世田谷区のさびしいやしきまちを歩いていました。
青銅の魔人
(1949年)
江戸川乱歩
1時間〜
  88,881 文字
歯車の音冬の夜、月のさえた晩、銀座通りに近い橋のたもとの交番に、ひとりの警官が夜の見はりについ...
青銅の魔人 江戸川乱歩
歯車の音冬の夜、月のさえた晩、銀座通りに近い橋のたもとの交番に、ひとりの警官が夜の見はりについていました。
恐ろしき錯誤
(1923年)
江戸川乱歩
1時間〜
  24,748 文字
「勝ったぞ、勝ったぞ、勝ったぞ……」北川氏の頭の中には、勝ったという意識だけが、風車の様に旋転...
恐ろしき錯誤 江戸川乱歩
「勝ったぞ、勝ったぞ、勝ったぞ……」北川氏の頭の中には、勝ったという意識だけが、風車の様に旋転していた。
怪人と少年探偵
(1960年)
江戸川乱歩
1時間〜
  40,846 文字
[#ページの左右中央]作者のことば怪人二十面相はまほうつかいのようなふしぎなどろぼうです。
怪人と少年探偵 江戸川乱歩
[#ページの左右中央]作者のことば怪人二十面相はまほうつかいのようなふしぎなどろぼうです。
透明怪人
(1951年)
江戸川乱歩
1時間〜
  106,385 文字
ろう人形そのふたりの少年は、あんなこわいめにあったのは、生まれてからはじめてでした。
透明怪人 江戸川乱歩
ろう人形そのふたりの少年は、あんなこわいめにあったのは、生まれてからはじめてでした。
湖畔亭事件
(1926年)
江戸川乱歩
1時間〜
  74,561 文字
読者諸君は、先年H山中のA湖のほとりに起った、世にも不思議な殺人事件を、御記憶ではないでしょうか。
湖畔亭事件 江戸川乱歩
読者諸君は、先年H山中のA湖のほとりに起った、世にも不思議な殺人事件を、御記憶ではないでしょうか。
影男
(1955年)
江戸川乱歩
1時間〜
  166,794 文字
断末魔の雄獅子三十二、三歳に見えるやせ型の男が、張ホテルの玄関をはいって、カウンターのうしろの...
影男 江戸川乱歩
断末魔の雄獅子三十二、三歳に見えるやせ型の男が、張ホテルの玄関をはいって、カウンターのうしろの支配人室へ踏みこんでいった。
宇宙怪人
(1953年)
江戸川乱歩
1時間〜
  98,035 文字
空とぶ円盤空とぶ円盤は、アメリカからはじまって、世界じゅうの空にあらわれました。
宇宙怪人 江戸川乱歩
空とぶ円盤空とぶ円盤は、アメリカからはじまって、世界じゅうの空にあらわれました。
塔上の奇術師
(1958年)
江戸川乱歩
1時間〜
  82,938 文字
ふしぎな時計塔ある夕がた、名探偵明智小五郎の少女助手、花崎マユミさんは、中学一年のかわいらしい...
塔上の奇術師 江戸川乱歩
ふしぎな時計塔ある夕がた、名探偵明智小五郎の少女助手、花崎マユミさんは、中学一年のかわいらしい少女ふたりと手をとりあって、さびしい原っぱを歩いていました。
鉄人Q
(1958年)
江戸川乱歩
1時間〜
  85,584 文字
ふしぎな老人北見菊雄君は、小学校の四年生でした。
鉄人Q 江戸川乱歩
ふしぎな老人北見菊雄君は、小学校の四年生でした。
黄金豹
(1956年)
江戸川乱歩
1時間〜
  84,648 文字
まぼろしの豹(ひょう)東京都内に、『まぼろしの豹(ひょう)』があらわれるという、うわさがひろが...
黄金豹 江戸川乱歩
まぼろしの豹(ひょう)東京都内に、『まぼろしの豹(ひょう)』があらわれるという、うわさがひろがっていました。
奇面城の秘密
(1958年)
江戸川乱歩
1時間〜
  83,052 文字
怪人四十面相ある日、麹町高級アパートの明智探偵事務所へ、ひとりのりっぱな紳士がたずねてきました。
奇面城の秘密 江戸川乱歩
怪人四十面相ある日、麹町高級アパートの明智探偵事務所へ、ひとりのりっぱな紳士がたずねてきました。
鉄塔の怪人
(1954年)
江戸川乱歩
1時間〜
  90,599 文字
のぞきカラクリ明智探偵の少年助手、小林芳雄君は、ある夕方、先生のおつかいに出た帰り道、麹町の探...
鉄塔の怪人 江戸川乱歩
のぞきカラクリ明智探偵の少年助手、小林芳雄君は、ある夕方、先生のおつかいに出た帰り道、麹町の探偵事務所のちかくの、さびしい町を歩いていました。
夜光人間
(1958年)
江戸川乱歩
1時間〜
  82,945 文字
きもだめしの会名探偵明智小五郎の少年助手、小林芳雄君を団長とする少年探偵団は、小学校の五、六年...
夜光人間 江戸川乱歩
きもだめしの会名探偵明智小五郎の少年助手、小林芳雄君を団長とする少年探偵団は、小学校の五、六年生から中学の一、二年生までの少年二十人ほどで組織されていました。
悪霊
(1933年)
江戸川乱歩
1時間〜
  36,474 文字
発表者の附記二月ばかり前の事であるが、N某という中年の失業者が、手紙と電話と来訪との、執念深い...
悪霊 江戸川乱歩
発表者の附記二月ばかり前の事であるが、N某という中年の失業者が、手紙と電話と来訪との、執念深い攻撃の結果、とうとう私の書斎に上り込んで、二冊の部厚な記録を、私に売りつけてしまった。
海底の魔術師
(1955年)
江戸川乱歩
1時間〜
  84,495 文字
沈没船の怪物日東サルベージ会社の沈没船引きあげのしごとが、房総半島の東がわにある大戸村の沖あい...
海底の魔術師 江戸川乱歩
沈没船の怪物日東サルベージ会社の沈没船引きあげのしごとが、房総半島の東がわにある大戸村の沖あいでおこなわれていました。
おれは二十面相だ
(1960年)
江戸川乱歩
1時間〜
  57,863 文字
消えうせた大学生五月のある日のこと、麹町の高級アパートにある明智探偵の事務所へ、ひとりの老紳士...
おれは二十面相だ 江戸川乱歩
消えうせた大学生五月のある日のこと、麹町の高級アパートにある明智探偵の事務所へ、ひとりの老紳士が、たずねてきました。
大金塊
(1939年)
江戸川乱歩
1時間〜
  101,844 文字
恐怖の一夜小学校六年生の宮瀬不二夫君は、たったひとり、広いおうちにるす番をしていました。
大金塊 江戸川乱歩
恐怖の一夜小学校六年生の宮瀬不二夫君は、たったひとり、広いおうちにるす番をしていました。
虎の牙
(1950年)
江戸川乱歩
1時間〜
  103,756 文字
魔法博士このふしぎなお話は、まず小学校六年生の天野勇一君という少年の、まわりにおこった出来事か...
虎の牙 江戸川乱歩
魔法博士このふしぎなお話は、まず小学校六年生の天野勇一君という少年の、まわりにおこった出来事からはじまります。
超人ニコラ
(1962年)
江戸川乱歩
1時間〜
  89,531 文字
もうひとりの少年東京の銀座に大きな店をもち、宝石王といわれている玉村宝石店の主人、玉村銀之助さ...
超人ニコラ 江戸川乱歩
もうひとりの少年東京の銀座に大きな店をもち、宝石王といわれている玉村宝石店の主人、玉村銀之助さんのすまいは、渋谷区のしずかなやしき町にありました。
灰色の巨人
(1955年)
江戸川乱歩
1時間〜
  85,860 文字
志摩の女王東京のまん中にある有名なデパートで、宝石てんらん会がひらかれていました。
灰色の巨人 江戸川乱歩
志摩の女王東京のまん中にある有名なデパートで、宝石てんらん会がひらかれていました。
魔法人形
(1957年)
江戸川乱歩
1時間〜
  79,774 文字
腹話術小学校六年生の宮本ミドリちゃんと、五年生の甲野ルミちゃんとが、学校の帰りに手をひきあって...
魔法人形 江戸川乱歩
腹話術小学校六年生の宮本ミドリちゃんと、五年生の甲野ルミちゃんとが、学校の帰りに手をひきあって、赤坂見附の近くの公園にはいっていきました。
仮面の恐怖王
(1959年)
江戸川乱歩
1時間〜
  83,811 文字
ロウ人形館東京上野公園の不忍池のそばに、ふしぎな建物がたちました。
仮面の恐怖王 江戸川乱歩
ロウ人形館東京上野公園の不忍池のそばに、ふしぎな建物がたちました。
妖人ゴング
(1957年)
江戸川乱歩
1時間〜
  83,983 文字
おねえさま空には一点の雲もなく、さんさんとかがやく太陽に照らされて、ひろい原っぱからは、ゆらゆ...
妖人ゴング 江戸川乱歩
おねえさま空には一点の雲もなく、さんさんとかがやく太陽に照らされて、ひろい原っぱからは、ゆらゆらと、かげろうがたちのぼっていました。
電人M
(1960年)
江戸川乱歩
1時間〜
  86,948 文字
鉄塔の火星人少年探偵団員で、中学一年の中村君と、有田君と、長島君の三人は、大のなかよしでした。
電人M 江戸川乱歩
鉄塔の火星人少年探偵団員で、中学一年の中村君と、有田君と、長島君の三人は、大のなかよしでした。
魔法博士
(1956年)
江戸川乱歩
1時間〜
  84,811 文字
動く映画館ある夕がた、渋谷区のやしき町を、ふたりの少年が歩いていました。
魔法博士 江戸川乱歩
動く映画館ある夕がた、渋谷区のやしき町を、ふたりの少年が歩いていました。
月と手袋
(1955年)
江戸川乱歩
1時間〜
  42,916 文字
[#ページの左右中央]*作中、ディクスン・カー著『皇帝のかぎ煙草入れ』のトリックに言及されています。
月と手袋 江戸川乱歩
[#ページの左右中央]*作中、ディクスン・カー著『皇帝のかぎ煙草入れ』のトリックに言及されています。
探偵少年
(1955年)
江戸川乱歩
1時間〜
  47,828 文字
あやしい人造人間ある夕方、千代田区の大きなやしきばかりのさびしい町を、ふたりの学生服の少年が、...
探偵少年 江戸川乱歩
あやしい人造人間ある夕方、千代田区の大きなやしきばかりのさびしい町を、ふたりの学生服の少年が、歩いていました。
天空の魔人
(1956年)
江戸川乱歩
1時間〜
  25,912 文字
雲の上の怪物少年探偵団の小林団長と、団員でいちばん力の強い井上一郎君と、すこしおくびょうだけれ...
天空の魔人 江戸川乱歩
雲の上の怪物少年探偵団の小林団長と、団員でいちばん力の強い井上一郎君と、すこしおくびょうだけれど、あいきょうものの野呂一平君の三人が、春の休みに、長野県のある温泉へ旅行しました。
人間豹
(1934年)
江戸川乱歩
1時間〜
  173,663 文字
猫属の舌神谷芳雄はまだ大学を出たばかりの会社員であった。
人間豹 江戸川乱歩
猫属の舌神谷芳雄はまだ大学を出たばかりの会社員であった。
妖星人R
(1961年)
江戸川乱歩
1時間〜
  83,319 文字
Rすい星はじめて、そのふしぎなすい星を発見したのは、イギリスの天文学者でした。
妖星人R 江戸川乱歩
Rすい星はじめて、そのふしぎなすい星を発見したのは、イギリスの天文学者でした。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。