人間椅子
江戸川 乱歩

『人間椅子』は江戸川乱歩の中編作品。15,870文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  15,870 文字
人気   86,668 PV
書き出し 佳子は、毎朝、夫の登庁を見送って了うと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、とじ籠るのが例になっていた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む