🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める江戸川乱歩の短編作品

青空文庫で公開されている江戸川乱歩の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編19作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜19件 / 全19件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
白昼夢
(1925年)
江戸川乱歩
30分以内
  4,083 文字
あれは、白昼の悪夢であったか、それとも現実の出来事であったか。
白昼夢 江戸川乱歩
あれは、白昼の悪夢であったか、それとも現実の出来事であったか。
日記帳
(1925年)
江戸川乱歩
30分以内
  7,341 文字
ちょうど初七日の夜のことでした。
日記帳 江戸川乱歩
ちょうど初七日の夜のことでした。
踊る一寸法師
(1926年)
江戸川乱歩
30分以内
  8,794 文字
「オイ、緑さん、何をぼんやりしてるんだな。
踊る一寸法師 江戸川乱歩
「オイ、緑さん、何をぼんやりしてるんだな。
算盤が恋を語る話
(1925年)
江戸川乱歩
30分以内
  8,807 文字
○○造船株式会社会計係のTは今日はどうしたものか、いつになく早くから事務所へやって来ました。
算盤が恋を語る話 江戸川乱歩
○○造船株式会社会計係のTは今日はどうしたものか、いつになく早くから事務所へやって来ました。
かいじん二十めんそう
(1959年)
江戸川乱歩
30分以内
  10,427 文字
あるおひるすぎのことです。
かいじん二十めんそう 江戸川乱歩
あるおひるすぎのことです。
接吻
(1925年)
江戸川乱歩
30分以内
  6,940 文字
近頃は有頂天の山名宗三であった。
接吻 江戸川乱歩
近頃は有頂天の山名宗三であった。
火星の運河
(1926年)
江戸川乱歩
30分以内
  5,204 文字
又あすこへ来たなという、寒い様な魅力が私を戦かせた。
火星の運河 江戸川乱歩
又あすこへ来たなという、寒い様な魅力が私を戦かせた。
二癈人
(1924年)
江戸川乱歩
30分以内
  11,830 文字
二人は湯から上って、一局囲んだ後を煙草にして、渋い煎茶を啜(すす)りながら、何時の様にボツリボ...
二癈人 江戸川乱歩
二人は湯から上って、一局囲んだ後を煙草にして、渋い煎茶を啜(すす)りながら、何時の様にボツリボツリと世間話を取交していた。
一人二役
(1925年)
江戸川乱歩
30分以内
  7,301 文字
人間、退屈すると、何を始めるか知れたものではないね。
一人二役 江戸川乱歩
人間、退屈すると、何を始めるか知れたものではないね。
まほうやしき
(1957年)
江戸川乱歩
30分以内
  6,100 文字
しょうねんたんていだんのなかで、いちばんからだが大きくて力の強い井上一郎くんに、小学校三年生の...
まほうやしき 江戸川乱歩
しょうねんたんていだんのなかで、いちばんからだが大きくて力の強い井上一郎くんに、小学校三年生のルミちゃんという、かわいい妹がありました。
悪霊物語
(1954年)
江戸川乱歩
30分以内
  9,056 文字
老人形師小説家大江蘭堂は、人形師の仕事部屋のことを書く必要に迫られた。
悪霊物語 江戸川乱歩
老人形師小説家大江蘭堂は、人形師の仕事部屋のことを書く必要に迫られた。
モノグラム
(1926年)
江戸川乱歩
30分以内
  11,735 文字
私が、私の勤めていたある工場の老守衛(といっても、まだ五十歳には間のある男なのですが、何となく...
モノグラム 江戸川乱歩
私が、私の勤めていたある工場の老守衛(といっても、まだ五十歳には間のある男なのですが、何となく老人みたいな感じがするのです)栗原さんと心安くなって間もなく、恐らくこれは栗原さんの取って置きの話の種で、彼は誰にでも、そうした打開け話をしても差支のない間柄になると、待兼ねた様に、それを持出すのでありましょうが、私もある晩のこと、守衛室のストーブを囲んで、その栗原さんの妙な経験談を聞かされたのです。
毒草
(1926年)
江戸川乱歩
30分以内
  5,053 文字
よく晴れた秋の一日であった。
毒草 江戸川乱歩
よく晴れた秋の一日であった。
妻に失恋した男
(1957年)
江戸川乱歩
30分以内
  6,118 文字
わたしはそのころ世田谷警察署の刑事でした。
妻に失恋した男 江戸川乱歩
わたしはそのころ世田谷警察署の刑事でした。
木馬は廻る
(1926年)
江戸川乱歩
30分以内
  10,437 文字
「ここはお国を何百里、離れて遠き満洲の……」ガラガラ、ゴットン、ガラガラ、ゴットン、廻転木馬は...
木馬は廻る 江戸川乱歩
「ここはお国を何百里、離れて遠き満洲の……」ガラガラ、ゴットン、ガラガラ、ゴットン、廻転木馬は廻(まわ)るのだ。
百面相役者
(1925年)
江戸川乱歩
30分以内
  10,494 文字
僕の書生時代の話しだから、随分古いことだ。
百面相役者 江戸川乱歩
僕の書生時代の話しだから、随分古いことだ。
五階の窓
(1926年)
江戸川乱歩
30分以内
  11,446 文字
「社長、又脅迫状です」ドアが開いて、庶務の北川が入って来た。
五階の窓 江戸川乱歩
「社長、又脅迫状です」ドアが開いて、庶務の北川が入って来た。
殺人迷路
(1932年)
江戸川乱歩
30分以内
  8,809 文字
インパーフェクト・クライム「で犯行の手掛は?被害者の身許が分らないとすると、せめて、犯人の手口...
殺人迷路 江戸川乱歩
インパーフェクト・クライム「で犯行の手掛は?被害者の身許が分らないとすると、せめて、犯人の手口を示す、一寸した証拠でも残ってはいなかったかしら」正岡警部が鎌倉署長の顔色を読むようにして尋ねた。
火縄銃
(1932年)
江戸川乱歩
30分以内
  10,102 文字
或年の冬休み、私は友人の林一郎から一通の招待状を受け取った。
火縄銃 江戸川乱歩
或年の冬休み、私は友人の林一郎から一通の招待状を受け取った。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。