🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める梅崎春生の長編作品

青空文庫で公開されている梅崎春生の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編8作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜8件 / 全8件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
桜島
(1946年)
梅崎春生
1時間〜
  41,364 文字
七月初、坊津にいた。
桜島 梅崎春生
七月初、坊津にいた。
狂い凧
(1963年)
梅崎春生
1時間〜
  126,713 文字
ある晴れた日の夕方、夕焼雲の色が褪せかけた頃、私は郊外の道を歩いていた。
狂い凧 梅崎春生
ある晴れた日の夕方、夕焼雲の色が褪せかけた頃、私は郊外の道を歩いていた。
ボロ家の春秋
(1954年)
梅崎春生
1時間〜
  40,746 文字
野呂旅人という名の男がいます。
ボロ家の春秋 梅崎春生
野呂旅人という名の男がいます。
日の果て
(1947年)
梅崎春生
1時間〜
  44,594 文字
暁方、部隊長室から呼びに来た。
日の果て 梅崎春生
暁方、部隊長室から呼びに来た。
幻化
(1965年)
梅崎春生
1時間〜
  83,109 文字
同行者五郎は背を伸ばして、下界を見た。
幻化 梅崎春生
同行者五郎は背を伸ばして、下界を見た。
Sの背中
(1952年)
梅崎春生
1時間〜
  24,762 文字
『猿沢佐介の背中には、きっと一つの痣(あざ)がある。
Sの背中 梅崎春生
『猿沢佐介の背中には、きっと一つの痣(あざ)がある。
風宴
(1939年)
梅崎春生
1時間〜
  24,896 文字
夢を見ていた。
風宴 梅崎春生
夢を見ていた。
黄色い日日
(1949年)
梅崎春生
1時間〜
  27,247 文字
垣根の破れたところから、大きな茶のぶち犬が彼の庭に這入ってきた。
黄色い日日 梅崎春生
垣根の破れたところから、大きな茶のぶち犬が彼の庭に這入ってきた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。