牧野信一の全作品

青空文庫で公開されている牧野信一の作品343篇を、おすすめ人気順に表示しています。


全343件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
地球儀牧野信一
30分以内
  4,436文字
  祖父の十七年の法要があるから帰れ――という母からの手紙で、私…
地球儀牧野信一
30分以内
地球儀牧野信一
30分以内
  4,145文字
 祖父の十七年の法要があるから帰れ――といふ母からの手紙で、私…
地球儀牧野信一
30分以内
センチメンタル・ドライヴ牧野信一
10分以内
  3,984文字
「弾(ひ)け!
センチメンタル・ドライヴ牧野信一
10分以内
フアウスト牧野信一
5分以内
  1,419文字
博士(マヂステル)フアウストは、哲学、医学、法律、神学その他…
フアウスト牧野信一
5分以内
女優牧野信一
30分以内
  8,954文字
文科大学生の戸田の神経衰弱症が日増に亢進してゐる模様だつたの…
女優牧野信一
30分以内
悲しき項羽牧野信一
10分以内
  2,283文字
紀元前二百五年、始皇帝の秦は二世に滅びて、天下は再び曇り勝と…
悲しき項羽牧野信一
10分以内
好色夢牧野信一
30分以内
  6,527文字
父の十三回忌が一昨年と思はれ、たしかその歿後の翌年と回想され…
好色夢牧野信一
30分以内
私の変態心理牧野信一
5分以内
  187文字
到底こゝには記し切れぬ程、生涯の自分の芸術の対照となすべく充…
私の変態心理牧野信一
5分以内
鬼涙村牧野信一
60分以内
  15,591文字
鵙(もず)の声が鋭くけたたましい。
鬼涙村牧野信一
60分以内
城ヶ島の春牧野信一
30分以内
  4,073文字
城ヶ島といふと、たゞちに北原白秋さんを連想する――といふより…
城ヶ島の春牧野信一
30分以内
痴日牧野信一
60分以内
  14,422文字
頭の惡いときには、むしろ極めて難解な文字ばかりが羅列された古…
痴日牧野信一
60分以内
緑の軍港牧野信一
10分以内
  3,828文字
いつの間にかわたしの部屋の壁には、いろいろな軍艦の寫眞が額に…
緑の軍港牧野信一
10分以内
余話牧野信一
5分以内
  1,919文字
厳格らしい母だつた。
余話牧野信一
5分以内
「風博士」牧野信一
5分以内
  905文字
厭世の偏奇境(ベロナ)から発酵したとてつもないおしやべり(ア…
「風博士」牧野信一
5分以内
吊籠と月光と牧野信一
60分以内
  14,524文字
僕は、哲学と芸術の分岐点に衝突して自由を欠いた頭を持てあまし…
吊籠と月光と牧野信一
60分以内
熱海線私語牧野信一
60分以内
  16,380文字
一九三四年、秋――伊豆、丹那トンネルが開通して、それまでの「…
熱海線私語牧野信一
60分以内
鱗雲牧野信一
60分以内
  21,269文字
百足凧――これは私達の幼時には毎年見物させられた珍らしくもな…
鱗雲牧野信一
60分以内
西部劇通信牧野信一
5分以内
  1,189文字
「西部劇通信」に収めた諸篇――「川を遡りて」から「出発」まで…
西部劇通信牧野信一
5分以内
創作生活にて牧野信一
60分以内
  12,228文字
「今日は目マルは居ねえのか。
創作生活にて牧野信一
60分以内
父を売る子牧野信一
30分以内
  10,237文字
彼は、自分の父親を取りいれた短篇小説を続けて二つ書いた。
父を売る子牧野信一
30分以内
村のストア派牧野信一
60分以内
  18,950文字
沢山な落葉が浮んでゐる泉水の傍で樽野は、籐椅子に凭つて日向ぼ…
村のストア派牧野信一
60分以内
バラルダ物語牧野信一
60分以内
  20,704文字
日照りつゞきで小川の水嵩が――その夕暮時に、この二三日来の水…
バラルダ物語牧野信一
60分以内
熱い砂の上牧野信一
10分以内
  3,417文字
駆け出した、とても歩いたりしてはをられなかつたから――砂が猛…
熱い砂の上牧野信一
10分以内
駆ける朝牧野信一
10分以内
  3,836文字
「苦労」は後から後から、いくらでもおし寄せてくる。
駆ける朝牧野信一
10分以内
街上スケツチ牧野信一
5分以内
  1,566文字
明るいうちは風があつたが、陽が落ちると一処に綺麗に凪いで、街…
街上スケツチ牧野信一
5分以内
くもり日つゞき牧野信一
30分以内
  5,701文字
外に出るのは誰も具合が悪かつた。
くもり日つゞき牧野信一
30分以内
交遊秘話牧野信一
10分以内
  3,696文字
私が、G・L・マイアム氏から私の作品に寄せる最も好意ある手紙…
交遊秘話牧野信一
10分以内
出発牧野信一
10分以内
  3,821文字
「風よ風よ、吾を汝が立琴となせ、彼の森の如く――か、ハツハツ…
出発牧野信一
10分以内
黄昏の堤牧野信一
10分以内
  3,923文字
小樽は、読みかけてゐるギリシヤ悲劇の中途で幾つかの語学に就い…
黄昏の堤牧野信一
10分以内
断唱牧野信一
10分以内
  3,489文字
父が若い時にあつめた“Cook book”の文庫のうちに“A…
断唱牧野信一
10分以内
東京駅にて感想牧野信一
10分以内
  3,171文字
久しい間辺卑な田舎で暮した上句なので、斯うして東京に来て見る…
東京駅にて感想牧野信一
10分以内
波の戯れ牧野信一
10分以内
  2,670文字
春だつた――といふだけのことである。
波の戯れ牧野信一
10分以内
馬上の春牧野信一
10分以内
  2,104文字
と、私達の伊達好みの戯談好き(アストラカン)の村長が提言しま…
馬上の春牧野信一
10分以内
寄生木と縄梯子牧野信一
10分以内
  2,313文字
「ヤドリ木――知つてゐますか?
寄生木と縄梯子牧野信一
10分以内
山を降る一隊牧野信一
5分以内
  1,628文字
「メートル係り。
山を降る一隊牧野信一
5分以内
鎧の挿話牧野信一
5分以内
  1,567文字
五人力と称ばれてゐる無頼漢の大川九郎が今日はまた大酒を呑んで…
鎧の挿話牧野信一
5分以内
ガール・シヤイ挿話牧野信一
5分以内
  1,916文字
僕(理科大学生)は、さつき玄関でチラリと娘の姿を見たばかりで…
ガール・シヤイ挿話牧野信一
5分以内
サンニー・サイド・ハウス牧野信一
30分以内
  4,108文字
火をいれた誘蛾灯が机の上に置いてあります。
サンニー・サイド・ハウス牧野信一
30分以内
ビルヂングと月牧野信一
10分以内
  2,735文字
酒が宴の途中で切れると、登山嚢(リユツクサツク)を背にして、…
ビルヂングと月牧野信一
10分以内
ピエル・フオン訪問記牧野信一
10分以内
  3,528文字
R村のピエル・フオンの城主を夏の間に訪問する約束だつたが、貧…
ピエル・フオン訪問記牧野信一
10分以内
ファティアの花鬘牧野信一
10分以内
  2,440文字
私は卓子の上に飛びあがると、コップを持つた腕を勢ひ好く振りあ…
ファティアの花鬘牧野信一
10分以内
ブロンズまで牧野信一
30分以内
  4,806文字
Dと村長がR子のことで月夜の晩に川べりの茶屋で格闘を演じた。
ブロンズまで牧野信一
30分以内
ランプの便り牧野信一
30分以内
  4,280文字
「おや/\、もうランプを点ける頃なの、何とまあ日が短いことだ…
ランプの便り牧野信一
30分以内
鸚鵡のゐる部屋牧野信一
30分以内
  4,362文字
「今日は――」も知らなかつた。
鸚鵡のゐる部屋牧野信一
30分以内
階段牧野信一
30分以内
  6,323文字
川瀬美奈子――。
階段牧野信一
30分以内
海路牧野信一
30分以内
  4,754文字
ナイフや皿の用意をととのへながら、母は登志子を促した。
海路牧野信一
30分以内
川を遡りて牧野信一
30分以内
  4,455文字
私たちは、その村で一軒の農家を借りうけ、そして裏山の櫟林の中…
川を遡りて牧野信一
30分以内
疑惑の城牧野信一
10分以内
  3,213文字
――嘘をつくな、試みに君の手鏡を執りあげて見給へ、君の容色は…
疑惑の城牧野信一
10分以内
繰舟で往く家牧野信一
30分以内
  4,970文字
艪を漕ぐのには川底が浅すぎる、棹をさすのには流れが速すぎる―…
繰舟で往く家牧野信一
30分以内
凩日記牧野信一
30分以内
  4,170文字
心象の飛躍を索め、生活の変貌を翹望する――斯ういふ意味のこと…
凩日記牧野信一
30分以内