🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める牧野信一の短編作品

青空文庫で公開されている牧野信一の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編105作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全105件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
フアウスト
(1934年)
牧野信一
5分以内
  1,457 文字
博士フアウストは、哲学、医学、法律、神学その他あらゆる学問といふ学問を研究し尽してしまつて、も...
フアウスト 牧野信一
博士フアウストは、哲学、医学、法律、神学その他あらゆる学問といふ学問を研究し尽してしまつて、もうその他には何もないのか?とおもふと、急にがつかりして、死んでしまはうと決心しました。
一九三二年に計画する
(1932年)
牧野信一
5分以内
  28 文字
初歩ラテン・ギリシヤ語及び博物の机上研究を計劃します。
一九三二年に計画する 牧野信一
初歩ラテン・ギリシヤ語及び博物の机上研究を計劃します。
昭和十年度に於いて最も印象に残つたもの
(1935年)
牧野信一
5分以内
  31 文字
室生犀星の「弄獅子」と映画「朱金紹」が印象に残つて居ります。
昭和十年度に於いて最も印象に残つたもの 牧野信一
室生犀星の「弄獅子」と映画「朱金紹」が印象に残つて居ります。
青春のころわが愛せし作品と主人公
(1936年)
牧野信一
5分以内
  47 文字
「ファウスト」のファウスト。
青春のころわが愛せし作品と主人公 牧野信一
「ファウスト」のファウスト。
私の本年の希望と計画
(1924年)
牧野信一
5分以内
  47 文字
△「雑誌、随筆」を編輯すること。
私の本年の希望と計画 牧野信一
△「雑誌、随筆」を編輯すること。
最近注目した長篇・短篇小説に就て
(1934年)
牧野信一
5分以内
  58 文字
一、最近注目した長篇(中篇)小説二、最近感心した短篇小説二、宮城聡「樫の芽生」、石浜金作「遁走記」。
最近注目した長篇・短篇小説に就て 牧野信一
一、最近注目した長篇(中篇)小説二、最近感心した短篇小説二、宮城聡「樫の芽生」、石浜金作「遁走記」。
十年ひと昔
(1935年)
牧野信一
5分以内
  64 文字
十年前は阿佐ヶ谷に住んで居り、やはり目下と同様吶々と小説ばかり書いて居りました。
十年ひと昔 牧野信一
十年前は阿佐ヶ谷に住んで居り、やはり目下と同様吶々と小説ばかり書いて居りました。
私が本年発表した創作に就いて
(1925年)
牧野信一
5分以内
  76 文字
「秋・二日の話」――「或る日の運動」――「悪の同意語」――「貧しき日録」――「環魚洞風景」――...
私が本年発表した創作に就いて 牧野信一
「秋・二日の話」――「或る日の運動」――「悪の同意語」――「貧しき日録」――「環魚洞風景」――「鏡地獄」――「秋晴れの日」――「極夜の記」等であります。
私の崇拝する偉人
(1933年)
牧野信一
5分以内
  76 文字
一、崇拝する偉人一、現存の人の裡世界第一の偉人と思惟する人一、右理由一、プラトー、シェイキスピ...
私の崇拝する偉人 牧野信一
一、崇拝する偉人一、現存の人の裡世界第一の偉人と思惟する人一、右理由一、プラトー、シェイキスピア、ゲーテ一、アインシュタイン。
今年発表の作品
(1927年)
牧野信一
5分以内
  91 文字
「F村での春」「西瓜喰ふ人」「鱗雲」「山を越えて」「昔の歌留多」「藪のほとり」「雪景色」以上七...
今年発表の作品 牧野信一
「F村での春」「西瓜喰ふ人」「鱗雲」「山を越えて」「昔の歌留多」「藪のほとり」「雪景色」以上七篇、生活の上ではかなり努力したつもりだが斯うして題名をかぞへて見ると大変に空虚を感じる。
推奨する新人
(1929年)
牧野信一
5分以内
  102 文字
井伏鱒二――いつか三田文学で「鯉」といふ作品を見て非常に感心した。
推奨する新人 牧野信一
井伏鱒二――いつか三田文学で「鯉」といふ作品を見て非常に感心した。
文芸雑誌の過去・現在・未来に就いて
(1929年)
牧野信一
5分以内
  110 文字
純文学雑誌の将来は従来の同人組織的要素が次第に濃厚となり、或は夫々の流派に依る、主義に依る、ま...
文芸雑誌の過去・現在・未来に就いて 牧野信一
純文学雑誌の将来は従来の同人組織的要素が次第に濃厚となり、或は夫々の流派に依る、主義に依る、または友誼的結合に依る――等々の基礎が漸く堅固となり、各自々々に文芸王国を形成するかの如き状態に発展して行くのではなからうか。
わが最も愛する作中人物
(1934年)
牧野信一
5分以内
  112 文字
一、貴方の最も愛せらるゝ小説・劇・映画の作中人物二、右愛せらるゝ理由一、樋口一葉『たけくらべ』...
わが最も愛する作中人物 牧野信一
一、貴方の最も愛せらるゝ小説・劇・映画の作中人物二、右愛せらるゝ理由一、樋口一葉『たけくらべ』の美登利。
今年の文壇で
(1935年)
牧野信一
5分以内
  122 文字
一、最も印象に残つた作品二、最も活躍した人一、広津和郎「一時期」小島政二郎「眼中の人」室生犀星...
今年の文壇で 牧野信一
一、最も印象に残つた作品二、最も活躍した人一、広津和郎「一時期」小島政二郎「眼中の人」室生犀星「弄獅子」以上五月までに読んだもの。
私の一日
(1929年)
牧野信一
5分以内
  144 文字
五日療養所にゐる病友に手紙を書く。
私の一日 牧野信一
五日療養所にゐる病友に手紙を書く。
大正十五年の文壇及び劇団に就て語る
(1926年)
牧野信一
5分以内
  153 文字
「唖者にも妻がある、彼自身に許されたる夢がある。
大正十五年の文壇及び劇団に就て語る 牧野信一
「唖者にも妻がある、彼自身に許されたる夢がある。
一九三〇年型
(1930年)
牧野信一
5分以内
  156 文字
いつもカキ色のシヤツを着て牧場から町へ、フオード自動車を操って乳を運んでゐる村の牛乳屋の娘を僕...
一九三〇年型 牧野信一
いつもカキ色のシヤツを着て牧場から町へ、フオード自動車を操って乳を運んでゐる村の牛乳屋の娘を僕は知つてゐる。
〔作者の言分〕
(1935年)
牧野信一
5分以内
  158 文字
海野武二氏の批評に就いては、その観点の差異が全く対蹠的なものであり、不断抗議を述べるとならば寧...
〔作者の言分〕 牧野信一
海野武二氏の批評に就いては、その観点の差異が全く対蹠的なものであり、不断抗議を述べるとならば寧ろ簡略に申しがたく、この場合は残念ながら黙つて通り過ぎるより他方法も見出せないのであります。
十二年文壇に対する要求
(1923年)
牧野信一
5分以内
  161 文字
努めて考へても、問題に添ふべき纏つた考へは、どんなかたちに於ても浮んで来ない。
十二年文壇に対する要求 牧野信一
努めて考へても、問題に添ふべき纏つた考へは、どんなかたちに於ても浮んで来ない。
初めて逢つた文士と当時の思ひ出
(1935年)
牧野信一
5分以内
  164 文字
島崎藤村先生二十四位の時初めて同人雑誌に掲載した短篇を偶々先生からお手紙をもらつて認められ、そ...
初めて逢つた文士と当時の思ひ出 牧野信一
島崎藤村先生二十四位の時初めて同人雑誌に掲載した短篇を偶々先生からお手紙をもらつて認められ、その後半年ばかり経つて友人の長谷川浩三が白石実三氏から紹介状を貰つて呉れ、単独で訪問した。
今年発表した一ばん好きな自作について
(1930年)
牧野信一
5分以内
  166 文字
今年発表した作品のうちでは次の三篇に幾分の好意を感ずる。
今年発表した一ばん好きな自作について 牧野信一
今年発表した作品のうちでは次の三篇に幾分の好意を感ずる。
はがき通信
(1934年)
牧野信一
5分以内
  167 文字
あちこちと出歩いて居りましたため御返事申おくれました。
はがき通信 牧野信一
あちこちと出歩いて居りましたため御返事申おくれました。
処女作の新春
(1936年)
牧野信一
5分以内
  173 文字
大正八年の春書いた「爪」といふのが処女作であり同年の十二月号に「十三人」といふ同人雑誌に載り、...
処女作の新春 牧野信一
大正八年の春書いた「爪」といふのが処女作であり同年の十二月号に「十三人」といふ同人雑誌に載り、それが偶然にも島崎先生より讃辞を頂いたことに就いては先生も或る文章の中に誌したので省略するが、それが十二月のことであり、日本橋の或る商店に寄食してゐた折から、私は暮から春の休みへかけて、秘かに原稿紙などを鞄に入れてひとりで熱海へ赴いたことを憶ひ出す。
回答
(1929年)
牧野信一
5分以内
  174 文字
一、趣味娯楽二、好物料理三、和洋装いづれを好まれますか四、御交友名二三五、今夏旅行御予定は?一...
回答 牧野信一
一、趣味娯楽二、好物料理三、和洋装いづれを好まれますか四、御交友名二三五、今夏旅行御予定は?一、遠足、日本酒、オートバイドライブ。
私の変態心理
(1923年)
牧野信一
5分以内
  192 文字
到底こゝには記し切れぬ程、生涯の自分の芸術の対照となすべく充分と思ふ程の病的心理がある――或日...
私の変態心理 牧野信一
到底こゝには記し切れぬ程、生涯の自分の芸術の対照となすべく充分と思ふ程の病的心理がある――或日はさう思ふ。
私が占ひに観て貰つた時
(1933年)
牧野信一
5分以内
  192 文字
自分からすゝんで占ひを観て貰つたことはないが、十七八歳の頃祖母が突然小生の面上のほくろを気にし...
私が占ひに観て貰つた時 牧野信一
自分からすゝんで占ひを観て貰つたことはないが、十七八歳の頃祖母が突然小生の面上のほくろを気にしはぢめて、占ひ者に謀り、何れと何れとを抹殺すべきかと二三を指摘し、さて占者は小生を静座せしめて、はたとその面を睨めて物凄い声で気合ひをかけた。
今年の文壇を回顧する
(1933年)
牧野信一
5分以内
  202 文字
一、昭和八年度文壇は貴下に如何なる感想を与へましたか二、本年中で発表された作品で最も印象に残つ...
今年の文壇を回顧する 牧野信一
一、昭和八年度文壇は貴下に如何なる感想を与へましたか二、本年中で発表された作品で最も印象に残つたものは何ですか二、あらためて振り返つて見ると、小生は今年あちこちと、さ迷ひ回つてゐたゝめに殆ど何も読まなかつたらしいのです。
自己紹介
(1924年)
牧野信一
5分以内
  203 文字
どういふことを書いていゝか見当が付かない。
自己紹介 牧野信一
どういふことを書いていゝか見当が付かない。
昭和四年に発表せる創作・評論に就て
(1929年)
牧野信一
5分以内
  216 文字
「山彦の街」を、前編だけで、完了し忘れたのを遺憾に思つてゐます。
昭和四年に発表せる創作・評論に就て 牧野信一
「山彦の街」を、前編だけで、完了し忘れたのを遺憾に思つてゐます。
私の一日
(1928年)
牧野信一
5分以内
  219 文字
四月四日電灯が消えたので思はず舌を打つた。
私の一日 牧野信一
四月四日電灯が消えたので思はず舌を打つた。
文壇落書帳
(1929年)
牧野信一
5分以内
  231 文字
ゆうべ三四人の若い友達連と酔つ払つて踊つたり、早稲田の歌をうたつたりして、ブツ倒れたのは何でも...
文壇落書帳 牧野信一
ゆうべ三四人の若い友達連と酔つ払つて踊つたり、早稲田の歌をうたつたりして、ブツ倒れたのは何でも三時頃だつたさうだが、そして七時頃起きてしまつたのだが、メマヒもしなければ頭も痛くない。
附記(夜見の巻)
(1935年)
牧野信一
5分以内
  252 文字
本篇は昭和八年十一月ごろの作であり、作者にとつては寧ろ近作の部に属するものであるが、既にしてこ...
附記(夜見の巻) 牧野信一
本篇は昭和八年十一月ごろの作であり、作者にとつては寧ろ近作の部に属するものであるが、既にしてこの作を前後とする四・五年間の一連の作品は作者にとつての小時代を劃して歴然たる過去の夢である。
来年は何をするか
(1929年)
牧野信一
5分以内
  253 文字
ある先輩が経営することに決つた其鰤敷魚場は今月(十一月)から来年の六月迄房州の何某村(村名を今...
来年は何をするか 牧野信一
ある先輩が経営することに決つた其鰤敷魚場は今月(十一月)から来年の六月迄房州の何某村(村名を今ちよいと失念した)で行はれる。
文壇諸家一月五日の日記
(1923年)
牧野信一
5分以内
  278 文字
夕方六時半の汽車で東京へ帰る中戸川を送る。
文壇諸家一月五日の日記 牧野信一
夕方六時半の汽車で東京へ帰る中戸川を送る。
〔同人雑記〕
(1920年)
牧野信一
5分以内
  285 文字
自分は今、凝つと自分自身を瞶め得らるゝやうな気がして来た。
〔同人雑記〕 牧野信一
自分は今、凝つと自分自身を瞶め得らるゝやうな気がして来た。
春の手紙
(1933年)
牧野信一
5分以内
  296 文字
冬の朝の日差しが深々とした縁先で、去年のノートを拡げてゐると、不図、書きかけの手紙の一片が滾れ...
春の手紙 牧野信一
冬の朝の日差しが深々とした縁先で、去年のノートを拡げてゐると、不図、書きかけの手紙の一片が滾れ落ちた。
予が本年発表せる創作に就いて
(1922年)
牧野信一
5分以内
  352 文字
今年は、ほんの短いものまで数へて四篇位ひしか発表しなかつた。
予が本年発表せる創作に就いて 牧野信一
今年は、ほんの短いものまで数へて四篇位ひしか発表しなかつた。
南風譜・梗概
(1931年)
牧野信一
5分以内
  386 文字
滝本守夫が父親を失つた後の家庭上の紛争に取り囲まれながら異母妹のローラのアメリカからの訪れを待...
南風譜・梗概 牧野信一
滝本守夫が父親を失つた後の家庭上の紛争に取り囲まれながら異母妹のローラのアメリカからの訪れを待つてゐるうちに、友達の妹(森百合子)の家出の事などを中心にして彼方此方に様々な形の低気圧が起らうとしてゐる明るい海辺の村の面貌を写し来つたのです。
花束一つ
(1929年)
牧野信一
5分以内
  457 文字
彼は、不断に巨大な都市の建設に余念がない。
花束一つ 牧野信一
彼は、不断に巨大な都市の建設に余念がない。
〔同腹異腹〕
(1920年)
牧野信一
5分以内
  475 文字
僅々一枚か二枚の六号どうしても書けない、書けないといふ事を誇張するわけではない。
〔同腹異腹〕 牧野信一
僅々一枚か二枚の六号どうしても書けない、書けないといふ事を誇張するわけではない。
みじめな夜
(1921年)
牧野信一
5分以内
  507 文字
ふと、思つた――。
みじめな夜 牧野信一
ふと、思つた――。
〔編輯雑記〕
(1920年)
牧野信一
5分以内
  524 文字
△銀座通りで夜更迄話した、「雑誌をやらう」と、それでも足りないで家へ帰つて夜明しなどした。
〔編輯雑記〕 牧野信一
△銀座通りで夜更迄話した、「雑誌をやらう」と、それでも足りないで家へ帰つて夜明しなどした。
珠玉の如き
(1928年)
牧野信一
5分以内
  575 文字
奥深い芸術の殿堂であつた。
珠玉の如き 牧野信一
奥深い芸術の殿堂であつた。
予が本年発表せる創作に就いて
(1924年)
牧野信一
5分以内
  580 文字
四月に書いた「父を売る子」は思ひ出すだけでも閉口したが、此頃になつては澄んだ心で夢のやうな気がする。
予が本年発表せる創作に就いて 牧野信一
四月に書いた「父を売る子」は思ひ出すだけでも閉口したが、此頃になつては澄んだ心で夢のやうな気がする。
心悸亢進が回復す
(1935年)
牧野信一
5分以内
  621 文字
今年の一月ごろから僕は持越の神経衰弱が、いよ/\あざやかになつて都会を離れなければならなかつた。
心悸亢進が回復す 牧野信一
今年の一月ごろから僕は持越の神経衰弱が、いよ/\あざやかになつて都会を離れなければならなかつた。
どうしたら私は憐れな彼女を悸さずに済せるだらう
(1927年)
牧野信一
5分以内
  630 文字
或望遠鏡製作所に居る友達を私は頻りに訪れてゐる、私は或望遠鏡を彼に依頼したのである、その眼鏡の...
どうしたら私は憐れな彼女を悸さずに済せるだらう 牧野信一
或望遠鏡製作所に居る友達を私は頻りに訪れてゐる、私は或望遠鏡を彼に依頼したのである、その眼鏡の構造を此処に述べるのは大変だから省かう。
久保田万太郎
(1934年)
牧野信一
5分以内
  634 文字
きのふしばらくぶりで東京へ行き「文藝通信」の机でこれを書かうと二時間あまりもぼんやりしてゐたが...
久保田万太郎 牧野信一
きのふしばらくぶりで東京へ行き「文藝通信」の机でこれを書かうと二時間あまりもぼんやりしてゐたが久保田さんときくといつそ目の前の電話機をとりたくなつて、だがとうとうその決心もつかなかつた。
会話一片
(1929年)
牧野信一
5分以内
  635 文字
(Aは友Bは私)A「潤一郎の卍といふのを読んでゐる?」B「面白さうだ、が余り短いので読まないよ。
会話一片 牧野信一
(Aは友Bは私)A「潤一郎の卍といふのを読んでゐる?」B「面白さうだ、が余り短いので読まないよ。
その日のこと〔『少女』〕
(1921年)
牧野信一
5分以内
  640 文字
自動車の中で、自分は安倍さんの左側に腰掛けた。
その日のこと〔『少女』〕 牧野信一
自動車の中で、自分は安倍さんの左側に腰掛けた。
S・I生へ
(1925年)
牧野信一
5分以内
  643 文字
本誌の二月号に、君が書いた、僕に関するスケツチ文は、稀に見る非常識な、失敬な文章である。
S・I生へ 牧野信一
本誌の二月号に、君が書いた、僕に関するスケツチ文は、稀に見る非常識な、失敬な文章である。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。