【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

渡辺温の全作品

青空文庫で公開されている渡辺温の全作品25篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜25件 / 全25件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった
(1929年)
渡辺温
10分以内
  3,481 文字
居留地女の間ではその晩、私は隣室のアレキサンダー君に案内されて、始めて横浜へ遊びに出かけた。
ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった 渡辺温
10分以内
居留地女の間ではその晩、私は隣室のアレキサンダー君に案内されて、始めて横浜へ遊びに出かけた。
可哀相な姉
(1927年)
渡辺温
30分以内
  8,459 文字
すたれた場末の、たった一間しかない狭い家に、私と姉とは住んでいた。
可哀相な姉 渡辺温
30分以内
すたれた場末の、たった一間しかない狭い家に、私と姉とは住んでいた。
兵隊の死 渡辺温
5分以内
  803 文字
たのしい春の日であった。
兵隊の死 渡辺温
5分以内
たのしい春の日であった。
アンドロギュノスの裔
(1929年)
渡辺温
30分以内
  6,344 文字
――曾て、哲人アビュレの故郷なるマドーラの町に、一人の魔法をよく使う女が住んでいた。
アンドロギュノスの裔 渡辺温
30分以内
――曾て、哲人アビュレの故郷なるマドーラの町に、一人の魔法をよく使う女が住んでいた。
薔薇の女
(1927年)
渡辺温
5分以内
  1,910 文字
馬車はヴェラクルスへ[#「ヴェラクルスへ」は底本では「ヴエラクルスへへ」]向けて疾っていた。
薔薇の女 渡辺温
5分以内
馬車はヴェラクルスへ[#「ヴェラクルスへ」は底本では「ヴエラクルスへへ」]向けて疾っていた。
牛込館
(1928年)
渡辺温
5分以内
  1,474 文字
夕方の神楽坂通りは散歩の学生や帰りがけの勤め人なぞでいつもいっぱいである。
牛込館 渡辺温
5分以内
夕方の神楽坂通りは散歩の学生や帰りがけの勤め人なぞでいつもいっぱいである。
氷れる花嫁
(1927年)
渡辺温
5分以内
  1,945 文字
(溶明)晴れたる空。
氷れる花嫁 渡辺温
5分以内
(溶明)晴れたる空。
シルクハット 渡辺温
10分以内
  2,363 文字
私も中村も給料が十円ずつ上がった。
シルクハット 渡辺温
10分以内
私も中村も給料が十円ずつ上がった。
兵士と女優
(1928年)
渡辺温
10分以内
  3,370 文字
オング君は戦争から帰って、久し振りで街を歩きました。
兵士と女優 渡辺温
10分以内
オング君は戦争から帰って、久し振りで街を歩きました。
父を失う話 渡辺温
10分以内
  3,479 文字
こないだの朝、私が眼をさますと、枕もとの鏡付の洗面台で、父は久しい間に蓄えた髭を剃り落としていた。
父を失う話 渡辺温
10分以内
こないだの朝、私が眼をさますと、枕もとの鏡付の洗面台で、父は久しい間に蓄えた髭を剃り落としていた。
十年後の映画界
(1929年)
渡辺温
10分以内
  3,564 文字
一千九百三十九年一月×日街裏の酒場「騒音と煙」の一隅に於て、酔っぱらいの私がやはり酔っぱらいの...
十年後の映画界 渡辺温
10分以内
一千九百三十九年一月×日街裏の酒場「騒音と煙」の一隅に於て、酔っぱらいの私がやはり酔っぱらいのオング君を、十年振りに見出したと思いたまえ。
渡辺温
30分以内
  4,119 文字
*そこの海岸のホテルでの話です。
渡辺温
30分以内
*そこの海岸のホテルでの話です。
イワンとイワンの兄
(1928年)
渡辺温
30分以内
  4,856 文字
父親は病気になりました。
イワンとイワンの兄 渡辺温
30分以内
父親は病気になりました。
浪漫趣味者として
(1929年)
渡辺温
30分以内
  5,044 文字
H――氏と云って、青年の間に評判の高いロマンティストと懇意を得たことがあった。
浪漫趣味者として 渡辺温
30分以内
H――氏と云って、青年の間に評判の高いロマンティストと懇意を得たことがあった。
少女 渡辺温
30分以内
  5,924 文字
井深君という青年が赤坂の溜池通りを散歩している。
少女 渡辺温
30分以内
井深君という青年が赤坂の溜池通りを散歩している。
風船美人 渡辺温
30分以内
  6,990 文字
上野の博覧会で軽気球が上げられた。
風船美人 渡辺温
30分以内
上野の博覧会で軽気球が上げられた。
赤い煙突 渡辺温
30分以内
  7,336 文字
………………………………(――あたしの赤い煙突。
赤い煙突 渡辺温
30分以内
………………………………(――あたしの赤い煙突。
或る母の話 渡辺温
30分以内
  7,794 文字
母一人娘一人の暮しであった。
或る母の話 渡辺温
30分以内
母一人娘一人の暮しであった。
花嫁の訂正
(1929年)
渡辺温
30分以内
  9,583 文字
二組の新婚夫婦があった。
花嫁の訂正 渡辺温
30分以内
二組の新婚夫婦があった。
四月馬鹿 渡辺温
30分以内
  9,858 文字
何が南京鼠だい『エミやあ!エー坊!エンミイ―おい、エミ公!ちょっと来てくれよオ、大変々々!』出...
四月馬鹿 渡辺温
30分以内
何が南京鼠だい『エミやあ!エー坊!エンミイ―おい、エミ公!ちょっと来てくれよオ、大変々々!』出勤際に、鏡台へ向って、紳士の身躾をほどこしていた文太郎君が、突然叫びたてました。

(1927年)
渡辺温
30分以内
  10,318 文字
雪降りで退屈で古風な晩であった。
渡辺温
30分以内
雪降りで退屈で古風な晩であった。
勝敗 渡辺温
30分以内
  11,338 文字
兄を晃一、弟を旻と云う。
勝敗 渡辺温
30分以内
兄を晃一、弟を旻と云う。
遺書に就て
(1929年)
渡辺温
30分以内
  11,455 文字
その朝、洋画家葛飾龍造の画室の中で、同居人の洋画家小野潤平が死んでいた。
遺書に就て 渡辺温
30分以内
その朝、洋画家葛飾龍造の画室の中で、同居人の洋画家小野潤平が死んでいた。
絵姿 ワイルドオスカー
60分以内
  13,066 文字
倫敦の社交界に隠れもない伊達者ヘンリイ・ウォットン卿はたまたま、数年前にかの興奮から突然姿をく...
絵姿 ワイルドオスカー
60分以内
倫敦の社交界に隠れもない伊達者ヘンリイ・ウォットン卿はたまたま、数年前にかの興奮から突然姿をくらまして色々と噂の高かった画家ベエシル・ハルワアドを訪れた。
象牙の牌 渡辺温
60分以内
  17,196 文字
『…………』西村敬吉はひどくドギマギとして、彼の前に立った様子のいい陽気な客の顔を眺め返した。
象牙の牌 渡辺温
60分以内
『…………』西村敬吉はひどくドギマギとして、彼の前に立った様子のいい陽気な客の顔を眺め返した。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。