【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

10分以内で読める渡辺温の短編作品

青空文庫で公開されている渡辺温の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編5作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜5件 / 全5件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった
(1929年)
渡辺温
10分以内
  3,481 文字
居留地女の間ではその晩、私は隣室のアレキサンダー君に案内されて、始めて横浜へ遊びに出かけた。
ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった 渡辺温
10分以内
居留地女の間ではその晩、私は隣室のアレキサンダー君に案内されて、始めて横浜へ遊びに出かけた。
シルクハット 渡辺温
10分以内
  2,363 文字
私も中村も給料が十円ずつ上がった。
シルクハット 渡辺温
10分以内
私も中村も給料が十円ずつ上がった。
兵士と女優
(1928年)
渡辺温
10分以内
  3,370 文字
オング君は戦争から帰って、久し振りで街を歩きました。
兵士と女優 渡辺温
10分以内
オング君は戦争から帰って、久し振りで街を歩きました。
父を失う話 渡辺温
10分以内
  3,479 文字
こないだの朝、私が眼をさますと、枕もとの鏡付の洗面台で、父は久しい間に蓄えた髭を剃り落としていた。
父を失う話 渡辺温
10分以内
こないだの朝、私が眼をさますと、枕もとの鏡付の洗面台で、父は久しい間に蓄えた髭を剃り落としていた。
十年後の映画界
(1929年)
渡辺温
10分以内
  3,564 文字
一千九百三十九年一月×日街裏の酒場「騒音と煙」の一隅に於て、酔っぱらいの私がやはり酔っぱらいの...
十年後の映画界 渡辺温
10分以内
一千九百三十九年一月×日街裏の酒場「騒音と煙」の一隅に於て、酔っぱらいの私がやはり酔っぱらいのオング君を、十年振りに見出したと思いたまえ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。