🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読めるニコライ・ゴーゴリの長編作品

青空文庫で公開されているニコライ・ゴーゴリの作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編10作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜10件 / 全10件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
外套 ニコライ・ゴーゴリ
1時間〜
  38,291 文字
ある省のある局に……しかし何局とはっきり言わないほうがいいだろう。
外套 ニコライ・ゴーゴリ
ある省のある局に……しかし何局とはっきり言わないほうがいいだろう。
ニコライ・ゴーゴリ
1時間〜
  28,693 文字
三月の二十五日にペテルブルグで奇妙きてれつな事件がもちあがった。
ニコライ・ゴーゴリ
三月の二十五日にペテルブルグで奇妙きてれつな事件がもちあがった。
死せる魂 ニコライ・ゴーゴリ
1時間〜
  154,808 文字
第一章県庁所在地のNNという市の或(あ)る旅館の門へ、弾機つきのかなり綺麗な小型の半蓋馬車が乗...
死せる魂 ニコライ・ゴーゴリ
第一章県庁所在地のNNという市の或(あ)る旅館の門へ、弾機つきのかなり綺麗な小型の半蓋馬車が乗りこんで来た。
狂人日記 ニコライ・ゴーゴリ
1時間〜
  27,089 文字
十月三日けふといふ日にはずゐぶん變なことがあつた。
狂人日記 ニコライ・ゴーゴリ
十月三日けふといふ日にはずゐぶん變なことがあつた。
死せる魂 ニコライ・ゴーゴリ
1時間〜
  159,882 文字
第七章だらだらと退屈な長の道中のあいだ、寒さや、雪融や、泥濘や、寝ぼけ眼の宿場役人や、うるさい...
死せる魂 ニコライ・ゴーゴリ
第七章だらだらと退屈な長の道中のあいだ、寒さや、雪融や、泥濘や、寝ぼけ眼の宿場役人や、うるさい鈴の音や、馬車の修理や、啀みあいや、さては馭者だの、鍛冶屋だの、その他いろんな街道筋の破落戸どものためにさんざん悩まされた挙句、やっとのことで旅人の眼に、自分を出迎えにこちらへ近寄って来るような、懐かしい我が家の灯影がうつりだす――と、やがて彼の目前には見馴れた部屋々々が現われ、迎えに駈け出した人々の歓声がどっとあがり、子供たちがわいわい騒いで駈けまわる、次いで心もなごむような落着い...
ディカーニカ近郷夜話 後篇 ニコライ・ゴーゴリ
1時間〜
  30,547 文字
これは、ガデャーチからよくやつて来たステパン・イワーノ※ッチ・クーロチカに聞いた物語ぢやが、こ...
ディカーニカ近郷夜話 後篇 ニコライ・ゴーゴリ
これは、ガデャーチからよくやつて来たステパン・イワーノ※ッチ・クーロチカに聞いた物語ぢやが、これには一つの故事来歴がついてゐる。
ディカーニカ近郷夜話 前篇 ニコライ・ゴーゴリ
1時間〜
  31,028 文字
家のなかにゐるのは退屈だ。
ディカーニカ近郷夜話 前篇 ニコライ・ゴーゴリ
家のなかにゐるのは退屈だ。
ディカーニカ近郷夜話 前篇 ニコライ・ゴーゴリ
1時間〜
  34,576 文字
とんとどうも分らない!堅気な基督教徒が何かを手に入れようとして、まるで猟犬が兎を追つかけるやう...
ディカーニカ近郷夜話 前篇 ニコライ・ゴーゴリ
とんとどうも分らない!堅気な基督教徒が何かを手に入れようとして、まるで猟犬が兎を追つかけるやうに、あくせくとして骨を折つても、どうしても旨くゆかないやうな場合に、そこへ悪魔めが荷担して、奴がちよつと尻尾を一つ振らうものなら、もうちやんと天からでも降つてわいたやうに、ひよつこり望みの品が現はれてゐるのだ。
ディカーニカ近郷夜話 後篇 ニコライ・ゴーゴリ
1時間〜
  47,519 文字
キエフの街はづれで、わいわいと騒々しい物音が聞えてゐる。
ディカーニカ近郷夜話 後篇 ニコライ・ゴーゴリ
キエフの街はづれで、わいわいと騒々しい物音が聞えてゐる。
ディカーニカ近郷夜話 後篇 ニコライ・ゴーゴリ
1時間〜
  56,407 文字
降誕祭まへの最後の日が暮れた。
ディカーニカ近郷夜話 後篇 ニコライ・ゴーゴリ
降誕祭まへの最後の日が暮れた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。