重右衛門の最後
田山花袋

『重右衛門の最後』は青空文庫で公開されている田山花袋の長編作品。50,683文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  50,683文字
人気-- PV
書き出し五六人集つたある席上で、何(ど)ういふ拍子か、ふと、魯西亜(ロシヤ)の小説家イ、エス、ツルゲネーフの作品に話が移つて、ルウヂンの末路や、バザロフの性格などに、いろ/\興味の多い批評が出た事があつたが、其時なにがしといふ男が急に席を進めて、「ツルゲネーフで思ひ出したが、僕は一度猟夫手記(れふふしゆき)
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

田山花袋の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品