🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める直木三十五の長編作品

青空文庫で公開されている直木三十五の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編5作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜5件 / 全5件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
南国太平記 直木三十五
1時間〜
  569,494 文字
呪殺変高い、梢の若葉は、早朝の微風と、和やかな陽光とを、健康そうに喜んでいたが、鬱々とした大木...
南国太平記 直木三十五
呪殺変高い、梢の若葉は、早朝の微風と、和やかな陽光とを、健康そうに喜んでいたが、鬱々とした大木、老樹の下蔭は、薄暗くて、密生した灌木と、雑草とが、未だ濡れていた。
大阪を歩く 直木三十五
1時間〜
  35,378 文字
大大阪小唄直木三十五作歌一、大君の船着けましき、難波碕「ダム」は粋よ、伊達姿、君に似たかよ、冷...
大阪を歩く 直木三十五
大大阪小唄直木三十五作歌一、大君の船着けましき、難波碕「ダム」は粋よ、伊達姿、君に似たかよ、冷たさは、黄昏時の水の色、大阪よいとこ、水の都市二、高き屋に登りて、見れば、煙立つ、都市の心臓か、熔鉱炉燃ゆる焔は、吾が想い君の手匙で、御意のまま大阪よいとこ、富の都市三、近松の...
三人の相馬大作 直木三十五
1時間〜
  38,594 文字
「何うも早や――いや早や、さて早や、おさて早や、早野勘平、早駕で、早や差しかかる御城口――」お...
三人の相馬大作 直木三十五
「何うも早や――いや早や、さて早や、おさて早や、早野勘平、早駕で、早や差しかかる御城口――」お終いの方は、義太夫節の口調になって、首を振りながら「何うも、早や、奥州の食物の拙いのには参るて」赤湯へ入ろうとする街道筋であったが、人通りが少かった。
死までを語る
(1933年)
直木三十五
1時間〜
  47,809 文字
自叙伝大草実君が「直木さん、九月号から一つ、前半生記と云うような物を、書いてくれませんか」と云...
死までを語る 直木三十五
自叙伝大草実君が「直木さん、九月号から一つ、前半生記と云うような物を、書いてくれませんか」と云ってきた。
大衆文芸作法 直木三十五
1時間〜
  68,946 文字
第一章大衆文芸の定義一体、定義というものを、物の進行中に、未だ完成されていない未発達の状態にあ...
大衆文芸作法 直木三十五
第一章大衆文芸の定義一体、定義というものを、物の進行中に、未だ完成されていない未発達の状態にある時は与える事はむずかしい。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。