【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

30分以内で読める三島霜川の短編作品

青空文庫で公開されている三島霜川の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編4作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜4件 / 全4件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
自伝 三島霜川
30分以内
  4,358 文字
幼い時から、小説類を讀むことが好きで、十二三の頃から古いものでは水滸傳だとか三國志だとか、新ら...
自伝 三島霜川
30分以内
幼い時から、小説類を讀むことが好きで、十二三の頃から古いものでは水滸傳だとか三國志だとか、新らしいものでは涙香の飜譯物や、南翠の作を好んで讀んだ。
虚弱
(1908年)
三島霜川
30分以内
  4,500 文字
友と二人でブラリと家を出た。
虚弱 三島霜川
30分以内
友と二人でブラリと家を出た。
水郷
(1906年)
三島霜川
30分以内
  7,404 文字
水の郷と謂(い)はれた位の土地であるから、實に川の多い村であツた。
水郷 三島霜川
30分以内
水の郷と謂(い)はれた位の土地であるから、實に川の多い村であツた。
青い顔 三島霜川
30分以内
  8,660 文字
古谷俊男は、椽側に据ゑてある長椅子に長くなツて、兩(りやう)の腕で頭を抱へながら熟と瞳を据ゑて...
青い顔 三島霜川
30分以内
古谷俊男は、椽側に据ゑてある長椅子に長くなツて、兩(りやう)の腕で頭を抱へながら熟と瞳を据ゑて考込むでゐた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。