30分以内で読める三島霜川の短編作品

青空文庫で公開されている三島霜川の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編4作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜4件 / 全4件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
虚弱 三島 霜川
30分以内
  4,119 文字
友と二人でブラリと家を出た。
虚弱 三島 霜川
30分以内
自伝 三島 霜川
30分以内
  4,375 文字
幼い時から、小説類を讀むことが好きで、十二三の頃から古...
自伝 三島 霜川
30分以内
水郷 三島 霜川
30分以内
  7,023 文字
水の郷と謂はれた位の土地であるから、實に川の多い村であツた。
水郷 三島 霜川
30分以内
青い顔 三島 霜川
30分以内
  7,997 文字
古谷俊男は、椽側に据ゑてある長椅子に長くなツて、兩の腕...
青い顔 三島 霜川
30分以内