1時間〜で読める徳田秋声の長編作品

青空文庫で公開されている徳田秋声の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編作品8篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,000文字〜の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全8件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
縮図徳田秋声
1時間〜
  151,287文字
 晩飯時間の銀座の資生堂は、いつに変わらず上も下も一杯であった…
縮図徳田秋声
1時間〜
新世帯徳田秋声
1時間〜
  47,336文字
 新吉(しんきち)がお作(さく)を迎えたのは、新吉が二十五、お…
新世帯徳田秋声
1時間〜
徳田秋声
1時間〜
  122,474文字
 笹村(ささむら)が妻の入籍を済ましたのは、二人のなかに産(う…
徳田秋声
1時間〜
あらくれ徳田秋声
1時間〜
  130,457文字
 お島が養親の口から、近いうちに自分に入婿の来るよしをほのめか…
あらくれ徳田秋声
1時間〜
仮装人物徳田秋声
1時間〜
  216,242文字
庸三(ようぞう)はその後、ふとしたことから踊り場なぞへ入るこ…
仮装人物徳田秋声
1時間〜
足迹徳田秋声
1時間〜
  135,240文字
お庄(しょう)の一家が東京へ移住したとき、お庄はやっと十一か…
足迹徳田秋声
1時間〜
徳田秋声
1時間〜
  82,820文字
最初におかれた下谷(したや)の家から、お増(ます)が麹町(こ…
徳田秋声
1時間〜
挿話徳田秋声
1時間〜
  29,137文字
道太(みちた)が甥(おい)の辰之助(たつのすけ)と、兄の留守…
挿話徳田秋声
1時間〜