30分以内で読める徳田秋声の短編作品

青空文庫で公開されている徳田秋声の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編11作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜11件 / 全11件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
蒼白い月 徳田 秋声
30分以内
  10,412 文字
ある晩私は桂三郎といっしょに、その海岸の山の手の方を少...
蒼白い月 徳田 秋声
30分以内
風呂桶 徳田 秋声
30分以内
  4,631 文字
津島はこの頃何を見ても、長くもない自分の生命を測る尺度...
風呂桶 徳田 秋声
30分以内
絶望 徳田 秋声
30分以内
  4,887 文字
『オイ/\何處へ行くんだよ。
絶望 徳田 秋声
30分以内
佗しい放浪の旅 徳田 秋声
30分以内
  5,061 文字
別府も私の行つた時分は、創始時代とでもいふのであつたらう。
佗しい放浪の旅 徳田 秋声
30分以内
花が咲く 徳田 秋声
30分以内
  6,728 文字
磯村は朝おきると、荒れた庭をぶら/\歩いて、すぐ机の前...
花が咲く 徳田 秋声
30分以内
徳田 秋声
30分以内
  7,257 文字
四五日前に、善く人にじゃれつく可愛い犬ころを一匹くれて...
徳田 秋声
30分以内
老苦 徳田 秋声
30分以内
  7,382 文字
「ではお父さんは三ちやんと一緒に寝台自動車に乗つて行つ...
老苦 徳田 秋声
30分以内
二つの失敗 徳田 秋声
30分以内
  8,261 文字
空の青々と晴れた、或る水曜日、青木は山の手の支那料理採...
二つの失敗 徳田 秋声
30分以内
媒介者 徳田 秋声
30分以内
  8,818 文字
青山夫人と自分と出來て了つた翌朝のこと二人の仲を取り持...
媒介者 徳田 秋声
30分以内
町の踊り場 徳田 秋声
30分以内
  9,888 文字
夏のことなので、何か涼しい着物を用意すればよかつたのだ...
町の踊り場 徳田 秋声
30分以内
或売笑婦の話 徳田 秋声
30分以内
  11,400 文字
この話を残して行つた男は、今どこにゐるか行方もしれない。
或売笑婦の話 徳田 秋声
30分以内