🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める大阪圭吉の中編作品

青空文庫で公開されている大阪圭吉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編13作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜13件 / 全13件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
白妖
(1936年)
大阪圭吉
60分以内
  14,842 文字
むし暑い闇夜のことだった。
白妖 大阪圭吉
むし暑い闇夜のことだった。
とむらい機関車
(1934年)
大阪圭吉
60分以内
  20,791 文字
――いや、全く左様ですよ。
とむらい機関車 大阪圭吉
――いや、全く左様ですよ。
闖入者
(1936年)
大阪圭吉
60分以内
  13,239 文字
富士山の北麓、吉田町から南へ一里の裾野の山中に、誰れが建てたのか一軒のものさびた別荘風の館がある。
闖入者 大阪圭吉
富士山の北麓、吉田町から南へ一里の裾野の山中に、誰れが建てたのか一軒のものさびた別荘風の館がある。
あやつり裁判
(1936年)
大阪圭吉
60分以内
  14,715 文字
いったい裁判所なんてとこは、いってみりゃア世の中の裏ッ側みたいなとこでしてね……いろんな罪人ば...
あやつり裁判 大阪圭吉
いったい裁判所なんてとこは、いってみりゃア世の中の裏ッ側みたいなとこでしてね……いろんな罪人ばっかり、落ちあつまる……そんなとこで、二十年も廷丁なんぞ勤めていりゃア、さだめし面白い話ばかり、見聞きしてるだろうとお思いでしょうが、ところが、二十年も勤めてると云うのが、こいつが却ってよくないんでしてね、そりゃアむろん面白い事件がなかったわけじゃア決してないんですが……なンて云いますかな?メンエキとでも云いますか……そうそう、不感症にかかっちまうんですよ。
三狂人
(1936年)
大阪圭吉
60分以内
  14,596 文字
赤沢医師の経営する私立脳病院は、M市の郊外に近い小高い赭土山の上にこんもりした雑木林を背景に、...
三狂人 大阪圭吉
赤沢医師の経営する私立脳病院は、M市の郊外に近い小高い赭土山の上にこんもりした雑木林を背景に、火葬場へ行く道路を見下すようにして立っているのだが、それはもうかなり旧式の平屋建で立っていると云うよりは、なにか大きな蜘蛛でも這いつくばったという形だった。
デパートの絞刑吏 大阪圭吉
60分以内
  12,025 文字
多分独逸物であったと思うが、或る映画の試写会で、青山喬介――と知り合いになってから、二カ月程後...
デパートの絞刑吏 大阪圭吉
多分独逸物であったと思うが、或る映画の試写会で、青山喬介――と知り合いになってから、二カ月程後の事である。
石塀幽霊
(1935年)
大阪圭吉
60分以内
  13,908 文字
秋森家というのは、吉田雄太郎君のいるN町のアパートのすぐ西隣にある相当に宏(ひろ)い南向きの屋...
石塀幽霊 大阪圭吉
秋森家というのは、吉田雄太郎君のいるN町のアパートのすぐ西隣にある相当に宏(ひろ)い南向きの屋敷であるが、それは随分と古めかしいもので処まんだらにウメノキゴケの生えた灰色の甍(いらか)は、アパートのどの窓からも殆んど覗(うかが)う事の出来ない程に鬱蒼たる櫟(くぬぎ)や赤樫の雑木林にむっちりと包まれ、そしてその古屋敷の周囲は、ここばかりは今年の冬に新しく改修されたたっぷり一丈はあろうと思われる高い頑丈な石塀にケバケバしくとりまかれていた。
銀座幽霊
(1936年)
大阪圭吉
60分以内
  14,191 文字
みち幅三間とない横町の両側には、いろとりどりの店々が虹のように軒をつらねて、銀座裏の明るい一団...
銀座幽霊 大阪圭吉
みち幅三間とない横町の両側には、いろとりどりの店々が虹のように軒をつらねて、銀座裏の明るい一団を形づくっていた。
寒の夜晴れ
(1936年)
大阪圭吉
60分以内
  14,411 文字
また雪の季節がやって来た。
寒の夜晴れ 大阪圭吉
また雪の季節がやって来た。
灯台鬼 大阪圭吉
60分以内
  14,969 文字
わたし達の勤めている臨海試験所のちょうど真向いに見える汐巻灯台の灯が、なんの音沙汰もなく突然吹...
灯台鬼 大阪圭吉
わたし達の勤めている臨海試験所のちょうど真向いに見える汐巻灯台の灯が、なんの音沙汰もなく突然吹き消すように消えてしまったのは、空気のドンヨリとねばった、北太平洋名物の紗幕のようなガスの深いある真夜中のことであった。
動かぬ鯨群
(1936年)
大阪圭吉
60分以内
  15,631 文字
「どかんと一発撃てば、それでもう、三十円丸儲けさ」いつでも酔って来るとその女は、そう云ってマド...
動かぬ鯨群 大阪圭吉
「どかんと一発撃てば、それでもう、三十円丸儲けさ」いつでも酔って来るとその女は、そう云ってマドロス達を相手に、死んだ夫の話をはじめる。
気狂い機関車
(1934年)
大阪圭吉
60分以内
  16,467 文字
日本犯罪研究会発会式の席上で、数日前に偶然にも懇意になったM警察署の内木司法主任から、不思議な...
気狂い機関車 大阪圭吉
日本犯罪研究会発会式の席上で、数日前に偶然にも懇意になったM警察署の内木司法主任から、不思議な殺人事件の急電を受けて冷い旅舎に真夜中過ぎの夢を破られた青山喬介と私は、クレバネットのレイン・コートに身を包んで烈しい風を真面に受けながら、線路伝いに殺人現場のW停車場へ向って速足に歩き続けていた。
花束の虫
(1934年)
大阪圭吉
60分以内
  18,995 文字
岸田直介が奇怪な死を遂げたとの急報に接した弁護士の大月対次は、恰度忙しい事務もひと息ついた形だ...
花束の虫 大阪圭吉
岸田直介が奇怪な死を遂げたとの急報に接した弁護士の大月対次は、恰度忙しい事務もひと息ついた形だったので、歳若いながらも仕事に掛けては実直な秘書の秋田を同伴して、取るものも不取敢大急ぎで両国駅から銚子行の列車に乗り込んだ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。