🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める大町桂月の短編作品

青空文庫で公開されている大町桂月の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編17作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜17件 / 全17件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
久地の梅林 大町桂月
10分以内
  2,024 文字
あはれや、庭の梅三四本、何も肥料をやらざれど、春くれば、花を著く。
久地の梅林 大町桂月
あはれや、庭の梅三四本、何も肥料をやらざれど、春くれば、花を著く。
水戸観梅 大町桂月
10分以内
  2,316 文字
四人の切符の赤きを合はせて、紅梅の花に一片足らずと洒落れたる次第にあらず。
水戸観梅 大町桂月
四人の切符の赤きを合はせて、紅梅の花に一片足らずと洒落れたる次第にあらず。
三里塚の桜 大町桂月
10分以内
  2,405 文字
夜光命の手には四合入の瓢箪、裸男の手には三合入の瓢箪、誰の目にも其れと知らるゝ花見と洒落たり。
三里塚の桜 大町桂月
夜光命の手には四合入の瓢箪、裸男の手には三合入の瓢箪、誰の目にも其れと知らるゝ花見と洒落たり。
独笑記 大町桂月
10分以内
  2,445 文字
舊友の婚禮の宴に臨みて、夜をふかし、大に醉ひて歸り來り、翌日午前十時頃、起き出づれば、二日醉の...
独笑記 大町桂月
舊友の婚禮の宴に臨みて、夜をふかし、大に醉ひて歸り來り、翌日午前十時頃、起き出づれば、二日醉の氣味也。
杉田の一夜 大町桂月
10分以内
  2,519 文字
疲れてくたばるまで歩いて見むと、草鞋脚半のいでたちにて家を出でたれど、汽車のある路は、馬鹿々々...
杉田の一夜 大町桂月
疲れてくたばるまで歩いて見むと、草鞋脚半のいでたちにて家を出でたれど、汽車のある路は、馬鹿々々しくて歩かれず。
白河の関 大町桂月
10分以内
  2,538 文字
思へば夢に似たる哉。
白河の関 大町桂月
思へば夢に似たる哉。
飛鳥山遠足 大町桂月
10分以内
  2,626 文字
東京第一の射的場なる戸山の原、あちにも、こちにも、銃聲ぱち/\。
飛鳥山遠足 大町桂月
東京第一の射的場なる戸山の原、あちにも、こちにも、銃聲ぱち/\。
沖の小島 大町桂月
10分以内
  2,643 文字
箱根路を我が越えくれば伊豆の海や沖の小島に浪の寄る見ゆとは、鎌倉右大臣の作として有名なるが、二...
沖の小島 大町桂月
箱根路を我が越えくれば伊豆の海や沖の小島に浪の寄る見ゆとは、鎌倉右大臣の作として有名なるが、二所參詣の時、箱根權現を經て伊豆山權現に詣づる途中にて詠みたるものなるべし。
近藤重蔵の富士山 大町桂月
10分以内
  2,737 文字
這へば立て、立てば歩めと育つる子の、歩きても、『おんぶ』せざるやうになるまでの年月は、短しとせず。
近藤重蔵の富士山 大町桂月
這へば立て、立てば歩めと育つる子の、歩きても、『おんぶ』せざるやうになるまでの年月は、短しとせず。
梅の吉野村 大町桂月
10分以内
  2,746 文字
冬は萬物みな蟄す。
梅の吉野村 大町桂月
冬は萬物みな蟄す。
狭山紀行 大町桂月
10分以内
  2,794 文字
茶の名に知られたる狹山、東京の西七八里にありて、入間、北多摩二郡に跨る。
狭山紀行 大町桂月
茶の名に知られたる狹山、東京の西七八里にありて、入間、北多摩二郡に跨る。
多摩川冒険記 大町桂月
10分以内
  2,806 文字
上夏の末の大雨に、多摩川氾濫し、家流れ、田流れ、林流れ、人畜死し、汽車不通となりけるが、雨霽れ...
多摩川冒険記 大町桂月
上夏の末の大雨に、多摩川氾濫し、家流れ、田流れ、林流れ、人畜死し、汽車不通となりけるが、雨霽れて、三四日經たり。
小利根川の桜 大町桂月
10分以内
  2,865 文字
東京の櫻吉野山去年のしをりの路かへてまだ見ぬ方の花をたづねむ心は花に浮き立つ陽春四月、路伴れも...
小利根川の桜 大町桂月
東京の櫻吉野山去年のしをりの路かへてまだ見ぬ方の花をたづねむ心は花に浮き立つ陽春四月、路伴れもがなと思ふ矢先、『今日は』とにこ/\顏の夜光命。
北條より一ノ宮へ 大町桂月
10分以内
  3,037 文字
人形茶屋安房北條の海岸に、家を擧つて寓居すること凡そ一箇月。
北條より一ノ宮へ 大町桂月
人形茶屋安房北條の海岸に、家を擧つて寓居すること凡そ一箇月。
南洲留魂祠 大町桂月
10分以内
  3,066 文字
明治四十年六月三十日、第十一回目の文藝講演會を牛込の演藝館に開き、演説終りて、同所に小宴を催し...
南洲留魂祠 大町桂月
明治四十年六月三十日、第十一回目の文藝講演會を牛込の演藝館に開き、演説終りて、同所に小宴を催し、夜の十時過ぎに散會したるが、和田垣博士に要せられて、小日向臺なる其家にいたる。
碓氷峠 大町桂月
10分以内
  3,094 文字
碓氷の古道碓氷峠へとて、臨時の汽車にて、上野驛を發したるは、午後の十一時、西村渚山、鷹野止水に...
碓氷峠 大町桂月
碓氷の古道碓氷峠へとて、臨時の汽車にて、上野驛を發したるは、午後の十一時、西村渚山、鷹野止水に、子の芳文を加へて、同行四人、腰かけたるまゝにて、眠るともなく、覺むるともなく、一夜をすごして、二十六の隧道も、闇にそれとは知らずに通りぬ。
夜の高尾山 大町桂月
10分以内
  3,667 文字
小石川の小日向臺に、檜葉菩薩と稱する賢人あり。
夜の高尾山 大町桂月
小石川の小日向臺に、檜葉菩薩と稱する賢人あり。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。