【お知らせ】「ゾラサーチ」は、2020年4月1日より「ブンゴウサーチ」に名称変更いたしました!

有島武郎の全作品

青空文庫で公開されている有島武郎の全作品44篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜44件 / 全44件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
一房の葡萄 有島武郎
30分以内
  6,873 文字
僕は小さい時に絵を描くことが好きでした。
一房の葡萄 有島武郎
30分以内
僕は小さい時に絵を描くことが好きでした。
小さき者へ 有島武郎
30分以内
  11,072 文字
お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時、――その時までお前たちのパパは生きているか...
小さき者へ 有島武郎
30分以内
お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時、――その時までお前たちのパパは生きているかいないか、それは分らない事だが――父の書き残したものを繰拡げて見る機会があるだろうと思う。
生まれいずる悩み 有島武郎
1時間〜
  54,807 文字
私は自分の仕事を神聖なものにしようとしていた。
生まれいずる悩み 有島武郎
1時間〜
私は自分の仕事を神聖なものにしようとしていた。
或る女 有島武郎
1時間〜
  160,620 文字
新橋を渡る時、発車を知らせる二番目の鈴が、霧とまではいえない九月の朝の、煙った空気に包まれて聞...
或る女 有島武郎
1時間〜
新橋を渡る時、発車を知らせる二番目の鈴が、霧とまではいえない九月の朝の、煙った空気に包まれて聞こえて来た。
カインの末裔 有島武郎
1時間〜
  35,687 文字
長い影を地にひいて、痩馬の手綱を取りながら、彼れは黙りこくって歩いた。
カインの末裔 有島武郎
1時間〜
長い影を地にひいて、痩馬の手綱を取りながら、彼れは黙りこくって歩いた。
惜みなく愛は奪う 有島武郎
1時間〜
  86,335 文字
Sometimes with one I love, I fill myself with r...
惜みなく愛は奪う 有島武郎
1時間〜
Sometimes with one I love, I fill myself with rage, for fear I effuse unreturn'd love;But now I think there is no unreturn'd love―the pay is certain, one way or another;(I loved a certain person ardently, and my love was not return'd;Y...
或る女 有島武郎
1時間〜
  221,029 文字
二二どこかから菊の香がかすかに通って来たように思って葉子は快い眠りから目をさました。
或る女 有島武郎
1時間〜
二二どこかから菊の香がかすかに通って来たように思って葉子は快い眠りから目をさました。
星座 有島武郎
1時間〜
  129,279 文字
その日も、明けがたまでは雨になるらしく見えた空が、爽やかな秋の朝の光となっていた。
星座 有島武郎
1時間〜
その日も、明けがたまでは雨になるらしく見えた空が、爽やかな秋の朝の光となっていた。
運命と人 有島武郎
30分以内
  4,200 文字
○運命は現象を支配する、丁度物体が影を支配するやうに。
運命と人 有島武郎
30分以内
○運命は現象を支配する、丁度物体が影を支配するやうに。
燕と王子 有島武郎
30分以内
  9,920 文字
燕(つばめ)という鳥は所をさだめず飛びまわる鳥で、暖かい所を見つけておひっこしをいたします。
燕と王子 有島武郎
30分以内
燕(つばめ)という鳥は所をさだめず飛びまわる鳥で、暖かい所を見つけておひっこしをいたします。
フランセスの顔 有島武郎
60分以内
  13,918 文字
たけなわな秋のある一夜。
フランセスの顔 有島武郎
60分以内
たけなわな秋のある一夜。
お末の死 有島武郎
60分以内
  18,827 文字
お末はその頃誰から習ひ覚えたともなく、不景気と云ふ言葉を云ひ/\した。
お末の死 有島武郎
60分以内
お末はその頃誰から習ひ覚えたともなく、不景気と云ふ言葉を云ひ/\した。
有島武郎
60分以内
  14,872 文字
たうとう勃凸は四年を終へない中に中学を退学した。
有島武郎
60分以内
たうとう勃凸は四年を終へない中に中学を退学した。
クララの出家 有島武郎
60分以内
  15,122 文字
○これも正しく人間生活史の中に起った実際の出来事の一つである。
クララの出家 有島武郎
60分以内
○これも正しく人間生活史の中に起った実際の出来事の一つである。
ドモ又の死 有島武郎
60分以内
  19,051 文字
[#ページの左右中央]ドモ又の死(これはマーク・トウェインの小話から暗示を得て書いたものだ)[...
ドモ又の死 有島武郎
60分以内
[#ページの左右中央]ドモ又の死(これはマーク・トウェインの小話から暗示を得て書いたものだ)[#改ページ]人物花田┐沢本(諢名、生蕃)│戸部(諢名、ドモ又)├若き画家瀬古(諢名、若様)│青島┘とも子モデルの娘処画室時現代気候のよい時節[#改丁]...
半日 有島武郎
30分以内
  11,421 文字
地には雪、空も雪の樣に白み渡つて家並ばかりが黒く目立つ日曜日の午後晩く相島は玄關にあつた足駄を...
半日 有島武郎
30分以内
地には雪、空も雪の樣に白み渡つて家並ばかりが黒く目立つ日曜日の午後晩く相島は玄關にあつた足駄をつツかけて二町計りの所に郵便を入れに行つた。
北海道に就いての印象 有島武郎
10分以内
  2,869 文字
私は前後約十二年北海道で過した。
北海道に就いての印象 有島武郎
10分以内
私は前後約十二年北海道で過した。
自然と人 有島武郎
5分以内
  382 文字
人は自然を美しいといふ。
自然と人 有島武郎
5分以内
人は自然を美しいといふ。
『聖書』の権威 有島武郎
5分以内
  820 文字
私には口はばったい云い分かも知れませんが聖書と云う外はありません。
『聖書』の権威 有島武郎
5分以内
私には口はばったい云い分かも知れませんが聖書と云う外はありません。
遠友夜学校校歌 有島武郎
5分以内
  955 文字
沢なすこの世の楽しみの楽しき極みは何なるぞ北斗を支ふる富を得て黄金を数へん其時かオー否否否楽し...
遠友夜学校校歌 有島武郎
5分以内
沢なすこの世の楽しみの楽しき極みは何なるぞ北斗を支ふる富を得て黄金を数へん其時かオー否否否楽しき極みはなほあらん。
農民文化といふこと 有島武郎
5分以内
  1,473 文字
農民文化に就て話せといふことですが、私は文化といふ言葉に就いてさへ、ある疑ひを持つてゐるのであ...
農民文化といふこと 有島武郎
5分以内
農民文化に就て話せといふことですが、私は文化といふ言葉に就いてさへ、ある疑ひを持つてゐるのでありまして、所謂今日文化と云はれてゐるのは、極く小数の人が享受してゐるに過ぎないのであつて、大多数者には何等及ぼす処の無いものであります。
狩太農場の解放 有島武郎
10分以内
  2,832 文字
それは自己の良心の満足を得る已む可らざる行為私が胆振国狩太農場四百数十町歩を小作人の為に解放し...
狩太農場の解放 有島武郎
10分以内
それは自己の良心の満足を得る已む可らざる行為私が胆振国狩太農場四百数十町歩を小作人の為に解放して数ヶ月になりますが、其儘小作人諸君の前に前記の土地を自由裁量に委ねる事は私が彼の土地を解放した精神である狩太農場民の自治共存を永久ならしめ延いて漸次附近村落を同化して行き得る如き有力なる団体たらしめる上に於て尚多少徹底しない所があるので狩太農場民の規約なるものを作り私の精神を徹底したい考へから森本博士に其規約の作製を依頼してあります。
私の父と母 有島武郎
10分以内
  3,559 文字
私の家は代々薩摩の国に住んでいたので、父は他の血を混えない純粋の薩摩人と言ってよい。
私の父と母 有島武郎
10分以内
私の家は代々薩摩の国に住んでいたので、父は他の血を混えない純粋の薩摩人と言ってよい。
小作人への告別 有島武郎
10分以内
  3,652 文字
八月十七日私は自分の農場の小作人に集会所に集まってもらい、左の告別の言葉を述べた。
小作人への告別 有島武郎
10分以内
八月十七日私は自分の農場の小作人に集会所に集まってもらい、左の告別の言葉を述べた。
農場開放顛末 有島武郎
10分以内
  3,881 文字
小樽函館間の鉄道沿線の比羅夫駅の一つ手前に狩太といふのがある。
農場開放顛末 有島武郎
10分以内
小樽函館間の鉄道沿線の比羅夫駅の一つ手前に狩太といふのがある。
二つの道 有島武郎
30分以内
  4,157 文字
二つの道がある。
二つの道 有島武郎
30分以内
二つの道がある。
潮霧 有島武郎
30分以内
  4,171 文字
南洋に醗酵して本州の東海岸を洗ひながら北に走る黒潮が、津輕の鼻から方向を變へて東に流れて行く。
潮霧 有島武郎
30分以内
南洋に醗酵して本州の東海岸を洗ひながら北に走る黒潮が、津輕の鼻から方向を變へて東に流れて行く。
幻想 有島武郎
30分以内
  4,377 文字
彼れはある大望を持つてゐた。
幻想 有島武郎
30分以内
彼れはある大望を持つてゐた。
私有農場から共産農団へ 有島武郎
30分以内
  4,928 文字
A北海道農場開放に就ての御意見を伺ひたいのですが。
私有農場から共産農団へ 有島武郎
30分以内
A北海道農場開放に就ての御意見を伺ひたいのですが。
水野仙子氏の作品について 有島武郎
30分以内
  4,956 文字
仙子氏とはとう/\相見る機會が來ない中に永い別れとなつた。
水野仙子氏の作品について 有島武郎
30分以内
仙子氏とはとう/\相見る機會が來ない中に永い別れとなつた。
宣言一つ 有島武郎
30分以内
  5,026 文字
思想と実生活とが融合した、そこから生ずる現象――その現象はいつでも人間生活の統一を最も純粋な形...
宣言一つ 有島武郎
30分以内
思想と実生活とが融合した、そこから生ずる現象――その現象はいつでも人間生活の統一を最も純粋な形に持ち来たすものであるが――として最近に日本において、最も注意せらるべきものは、社会問題の、問題としてまた解決としての運動が、いわゆる学者もしくは思想家の手を離れて、労働者そのものの手に移ろうとしつつあることだ。
かたわ者 有島武郎
30分以内
  5,072 文字
昔トゥロンというフランスのある町に、二人のかたわ者がいました。
かたわ者 有島武郎
30分以内
昔トゥロンというフランスのある町に、二人のかたわ者がいました。
想片 有島武郎
30分以内
  5,315 文字
私が改造の正月号に「宣言一つ」を書いてから、諸家が盛んにあの問題について論議した。
想片 有島武郎
30分以内
私が改造の正月号に「宣言一つ」を書いてから、諸家が盛んにあの問題について論議した。
広津氏に答う 有島武郎
30分以内
  5,343 文字
私が正月号の改造に発表した「宣言一つ」について、広津和郎氏が時事紙上に意見を発表された。
広津氏に答う 有島武郎
30分以内
私が正月号の改造に発表した「宣言一つ」について、広津和郎氏が時事紙上に意見を発表された。
描かれた花 有島武郎
30分以内
  5,563 文字
*色彩について繊細極まる感覚を持つた一人の青年が現はれた。
描かれた花 有島武郎
30分以内
*色彩について繊細極まる感覚を持つた一人の青年が現はれた。
卑怯者 有島武郎
30分以内
  5,700 文字
青黄ろく澄み渡った夕空の地平近い所に、一つ浮いた旗雲には、入り日の桃色が静かに照り映えていた。
卑怯者 有島武郎
30分以内
青黄ろく澄み渡った夕空の地平近い所に、一つ浮いた旗雲には、入り日の桃色が静かに照り映えていた。
僕の帽子のお話 有島武郎
30分以内
  6,632 文字
「僕の帽子はおとうさんが東京から買って来て下さったのです。
僕の帽子のお話 有島武郎
30分以内
「僕の帽子はおとうさんが東京から買って来て下さったのです。
An Incident 有島武郎
30分以内
  6,649 文字
彼はとう/\始末に困じて、傍に寝てゐる妻をゆり起した。
An Incident 有島武郎
30分以内
彼はとう/\始末に困じて、傍に寝てゐる妻をゆり起した。
碁石を呑んだ八っちゃん 有島武郎
30分以内
  6,840 文字
八っちゃんが黒い石も白い石もみんなひとりで両手でとって、股の下に入れてしまおうとするから、僕は...
碁石を呑んだ八っちゃん 有島武郎
30分以内
八っちゃんが黒い石も白い石もみんなひとりで両手でとって、股の下に入れてしまおうとするから、僕は怒ってやったんだ。
溺れかけた兄妹 有島武郎
30分以内
  6,982 文字
土用波という高い波が風もないのに海岸に打寄せる頃になると、海水浴に来ている都の人たちも段々別荘...
溺れかけた兄妹 有島武郎
30分以内
土用波という高い波が風もないのに海岸に打寄せる頃になると、海水浴に来ている都の人たちも段々別荘をしめて帰ってゆくようになります。
片信 有島武郎
30分以内
  9,328 文字
A兄近来出遇わなかったひどい寒さもやわらぎはじめたので、兄の蟄伏期も長いことなく終わるだろう。
片信 有島武郎
30分以内
A兄近来出遇わなかったひどい寒さもやわらぎはじめたので、兄の蟄伏期も長いことなく終わるだろう。
火事とポチ 有島武郎
30分以内
  10,493 文字
ポチの鳴き声でぼくは目がさめた。
火事とポチ 有島武郎
30分以内
ポチの鳴き声でぼくは目がさめた。
かんかん虫 有島武郎
60分以内
  12,397 文字
ドゥニパー湾の水は、照り続く八月の熱で煮え立って、総ての濁った複色の彩は影を潜め、モネーの画に...
かんかん虫 有島武郎
60分以内
ドゥニパー湾の水は、照り続く八月の熱で煮え立って、総ての濁った複色の彩は影を潜め、モネーの画に見る様な、強烈な単色ばかりが、海と空と船と人とを、めまぐるしい迄にあざやかに染めて、其の総てを真夏の光が、押し包む様に射して居る。
親子 有島武郎
60分以内
  22,248 文字
彼は、秋になり切った空の様子をガラス窓越しに眺めていた。
親子 有島武郎
60分以内
彼は、秋になり切った空の様子をガラス窓越しに眺めていた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。