🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める有島武郎の長編作品

青空文庫で公開されている有島武郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編6作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜6件 / 全6件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
生まれいずる悩み 有島武郎
1時間〜
  54,807 文字
私は自分の仕事を神聖なものにしようとしていた。
生まれいずる悩み 有島武郎
私は自分の仕事を神聖なものにしようとしていた。
或る女
(1911年)
有島武郎
1時間〜
  160,620 文字
新橋を渡る時、発車を知らせる二番目の鈴が、霧とまではいえない九月の朝の、煙った空気に包まれて聞...
或る女 有島武郎
新橋を渡る時、発車を知らせる二番目の鈴が、霧とまではいえない九月の朝の、煙った空気に包まれて聞こえて来た。
カインの末裔
(1917年)
有島武郎
1時間〜
  35,687 文字
長い影を地にひいて、痩馬の手綱を取りながら、彼れは黙りこくって歩いた。
カインの末裔 有島武郎
長い影を地にひいて、痩馬の手綱を取りながら、彼れは黙りこくって歩いた。
惜みなく愛は奪う
(1920年)
有島武郎
1時間〜
  86,335 文字
Sometimes with one I love, I fill myself with r...
惜みなく愛は奪う 有島武郎
Sometimes with one I love, I fill myself with rage, for fear I effuse unreturn'd love;But now I think there is no unreturn'd love―the pay is certain, one way or another;(I loved a certain person ardently, and my love was not return'd;Y...
或る女
(1919年)
有島武郎
1時間〜
  221,029 文字
二二どこかから菊の香がかすかに通って来たように思って葉子は快い眠りから目をさました。
或る女 有島武郎
二二どこかから菊の香がかすかに通って来たように思って葉子は快い眠りから目をさました。
星座
(1922年)
有島武郎
1時間〜
  129,279 文字
その日も、明けがたまでは雨になるらしく見えた空が、爽やかな秋の朝の光となっていた。
星座 有島武郎
その日も、明けがたまでは雨になるらしく見えた空が、爽やかな秋の朝の光となっていた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。