或る女
有島 武郎

『或る女』は有島武郎の長編作品。159,623文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  159,623 文字
人気   30,030 PV
書き出し 新橋を渡る時、発車を知らせる二番目の鈴が、霧とまではいえない九月の朝の、煙った空気に包まれて聞こえて来た。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

有島 武郎 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品