60分以内で読める有島武郎の中編作品

青空文庫で公開されている有島武郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品6篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全6件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
フランセスの顔有島武郎
60分以内
  13,384文字
 たけなわな秋のある一夜。
フランセスの顔有島武郎
60分以内
お末の死有島武郎
60分以内
  18,023文字
 お末はその頃誰から習ひ覚えたともなく、不景気と云ふ言葉を云ひ…
お末の死有島武郎
60分以内
有島武郎
60分以内
  13,946文字
たうとう勃凸は四年を終へない中に中学を退学した。
有島武郎
60分以内
クララの出家有島武郎
60分以内
  15,562文字
これも正しく人間生活史の中に起った実際の出来事の一つである。
クララの出家有島武郎
60分以内
ドモ又の死有島武郎
60分以内
  17,362文字
沢本と瀬古とがとも子をモデルにして画架に向かっている。
ドモ又の死有島武郎
60分以内
親子有島武郎
60分以内
  21,787文字
彼は、秋になり切った空の様子をガラス窓越しに眺めていた。
親子有島武郎
60分以内