🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める有島武郎の短編作品

青空文庫で公開されている有島武郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編22作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜22件 / 全22件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
一房の葡萄
(1920年)
有島武郎
30分以内
  6,873 文字
僕は小さい時に絵を描くことが好きでした。
一房の葡萄 有島武郎
僕は小さい時に絵を描くことが好きでした。
小さき者へ
(1918年)
有島武郎
30分以内
  11,072 文字
お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時、――その時までお前たちのパパは生きているか...
小さき者へ 有島武郎
お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時、――その時までお前たちのパパは生きているかいないか、それは分らない事だが――父の書き残したものを繰拡げて見る機会があるだろうと思う。
運命と人 有島武郎
30分以内
  4,200 文字
○運命は現象を支配する、丁度物体が影を支配するやうに。
運命と人 有島武郎
○運命は現象を支配する、丁度物体が影を支配するやうに。
燕と王子
(1926年)
有島武郎
30分以内
  9,920 文字
燕(つばめ)という鳥は所をさだめず飛びまわる鳥で、暖かい所を見つけておひっこしをいたします。
燕と王子 有島武郎
燕(つばめ)という鳥は所をさだめず飛びまわる鳥で、暖かい所を見つけておひっこしをいたします。
半日 有島武郎
30分以内
  11,421 文字
地には雪、空も雪の樣に白み渡つて家並ばかりが黒く目立つ日曜日の午後晩く相島は玄關にあつた足駄を...
半日 有島武郎
地には雪、空も雪の樣に白み渡つて家並ばかりが黒く目立つ日曜日の午後晩く相島は玄關にあつた足駄をつツかけて二町計りの所に郵便を入れに行つた。
二つの道
(1910年)
有島武郎
30分以内
  4,157 文字
二つの道がある。
二つの道 有島武郎
二つの道がある。
潮霧
(1916年)
有島武郎
30分以内
  4,171 文字
南洋に醗酵して本州の東海岸を洗ひながら北に走る黒潮が、津輕の鼻から方向を變へて東に流れて行く。
潮霧 有島武郎
南洋に醗酵して本州の東海岸を洗ひながら北に走る黒潮が、津輕の鼻から方向を變へて東に流れて行く。
幻想
(1914年)
有島武郎
30分以内
  4,377 文字
彼れはある大望を持つてゐた。
幻想 有島武郎
彼れはある大望を持つてゐた。
私有農場から共産農団へ
(1923年)
有島武郎
30分以内
  4,928 文字
A北海道農場開放に就ての御意見を伺ひたいのですが。
私有農場から共産農団へ 有島武郎
A北海道農場開放に就ての御意見を伺ひたいのですが。
水野仙子氏の作品について 有島武郎
30分以内
  4,956 文字
仙子氏とはとう/\相見る機會が來ない中に永い別れとなつた。
水野仙子氏の作品について 有島武郎
仙子氏とはとう/\相見る機會が來ない中に永い別れとなつた。
宣言一つ
(1922年)
有島武郎
30分以内
  5,026 文字
思想と実生活とが融合した、そこから生ずる現象――その現象はいつでも人間生活の統一を最も純粋な形...
宣言一つ 有島武郎
思想と実生活とが融合した、そこから生ずる現象――その現象はいつでも人間生活の統一を最も純粋な形に持ち来たすものであるが――として最近に日本において、最も注意せらるべきものは、社会問題の、問題としてまた解決としての運動が、いわゆる学者もしくは思想家の手を離れて、労働者そのものの手に移ろうとしつつあることだ。
かたわ者
(1922年)
有島武郎
30分以内
  5,072 文字
昔トゥロンというフランスのある町に、二人のかたわ者がいました。
かたわ者 有島武郎
昔トゥロンというフランスのある町に、二人のかたわ者がいました。
想片
(1922年)
有島武郎
30分以内
  5,315 文字
私が改造の正月号に「宣言一つ」を書いてから、諸家が盛んにあの問題について論議した。
想片 有島武郎
私が改造の正月号に「宣言一つ」を書いてから、諸家が盛んにあの問題について論議した。
広津氏に答う
(1922年)
有島武郎
30分以内
  5,343 文字
私が正月号の改造に発表した「宣言一つ」について、広津和郎氏が時事紙上に意見を発表された。
広津氏に答う 有島武郎
私が正月号の改造に発表した「宣言一つ」について、広津和郎氏が時事紙上に意見を発表された。
描かれた花 有島武郎
30分以内
  5,563 文字
*色彩について繊細極まる感覚を持つた一人の青年が現はれた。
描かれた花 有島武郎
*色彩について繊細極まる感覚を持つた一人の青年が現はれた。
卑怯者 有島武郎
30分以内
  5,700 文字
青黄ろく澄み渡った夕空の地平近い所に、一つ浮いた旗雲には、入り日の桃色が静かに照り映えていた。
卑怯者 有島武郎
青黄ろく澄み渡った夕空の地平近い所に、一つ浮いた旗雲には、入り日の桃色が静かに照り映えていた。
僕の帽子のお話 有島武郎
30分以内
  6,632 文字
「僕の帽子はおとうさんが東京から買って来て下さったのです。
僕の帽子のお話 有島武郎
「僕の帽子はおとうさんが東京から買って来て下さったのです。
An Incident
(1914年)
有島武郎
30分以内
  6,649 文字
彼はとう/\始末に困じて、傍に寝てゐる妻をゆり起した。
An Incident 有島武郎
彼はとう/\始末に困じて、傍に寝てゐる妻をゆり起した。
碁石を呑んだ八っちゃん 有島武郎
30分以内
  6,840 文字
八っちゃんが黒い石も白い石もみんなひとりで両手でとって、股の下に入れてしまおうとするから、僕は...
碁石を呑んだ八っちゃん 有島武郎
八っちゃんが黒い石も白い石もみんなひとりで両手でとって、股の下に入れてしまおうとするから、僕は怒ってやったんだ。
溺れかけた兄妹
(1921年)
有島武郎
30分以内
  6,982 文字
土用波という高い波が風もないのに海岸に打寄せる頃になると、海水浴に来ている都の人たちも段々別荘...
溺れかけた兄妹 有島武郎
土用波という高い波が風もないのに海岸に打寄せる頃になると、海水浴に来ている都の人たちも段々別荘をしめて帰ってゆくようになります。
片信
(1922年)
有島武郎
30分以内
  9,328 文字
A兄近来出遇わなかったひどい寒さもやわらぎはじめたので、兄の蟄伏期も長いことなく終わるだろう。
片信 有島武郎
A兄近来出遇わなかったひどい寒さもやわらぎはじめたので、兄の蟄伏期も長いことなく終わるだろう。
火事とポチ 有島武郎
30分以内
  10,493 文字
ポチの鳴き声でぼくは目がさめた。
火事とポチ 有島武郎
ポチの鳴き声でぼくは目がさめた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。